南砂2丁目団地

東京メトロ東陽町駅から徒歩5分くらい。5分といっても中で5分以上歩けるほど広い。
建物は8棟あり、2棟が分譲、その他は賃貸だったと思う。昭和50年頃建てられたのであと10年ほどで建て替えが始まるかもしれない。

そんな団地になんの縁があるか、高校時代に電気店でアルバイトをしていたから。面接に行ったのは自宅の近くだったが、団地のお店に行ってもらうよと。
はじめて行った団地は敷地内に保育園があり、小学校、中学校は隣接し、商店街があってほとんどのものは手に入りそうな感じ。

14階建て

ワンフロア50世帯くらいあり、8号棟までだから、50×8×14=5600世帯
1階は店舗のところが多いので、実際には少なくなるが、5000世帯は前後は確実。それならスーパーがあっても店舗があってもやっていけそう。

一階が店舗の場合と、独立した建物がある。

一番右が花屋、そのとなりに電気屋があった。共に存在しない。
となりの花屋にも高校生のバイトがいて、彼女はこの団地に住んでいた。

電気屋は店員に売上げの成績があって給与に反映すること、東北の高校に就職の斡旋をもとめて行き、社員の多くが東北出身であることなどがわかった。この店舗の19歳の社員も、この団地の上の会社が借り上げた部屋に住んでいた。
もう30年以上前の話、当時ぼくの年齢の人は80歳を超えている…