聖徳記念絵画館

神宮外苑の代表的な建築物。

大正15年竣工

明治天皇の一生が当時の一流画家によって描かれ納められた美術館。つまり、すべて題材は明治天皇。すべて同じ大きさの絵画で圧巻。

およそ80枚の絵を観ることになる。歴史的な解説もあるが、あまり興味のない分野なのでゆっくりいられない。

最寄り駅は信濃町で、国立競技場が最後の仕上げを行っている。

原宿まで歩いて、竹下通り

竹下通り

中学3年のときに1年間原宿に塾で通っていた。週に3~4回来ていたので愛着があるが、かなり変わっているので当時の面影がない。
若い人たちが多く驚くばかり。