povo2.0に乗り換え

auが展開する安い回線プラン、povo2.0。
基本料が無料で、高速データ通信はチャージして使う。
チャージしないと128kbpsという低速モードで使い放題だが、180日間課金しないと契約を解除されてしまう。
いちばん安いもので300円くらいななので、半年に一度300円使う必要がある。

大きな問題は、いま使っているガラケーの更新月が1月ということ。1月と2月以外に解約すると9500円という高額の解除料(それも二回線)が徴収されてしまう。
同じauならどうか、調べてみるとMNPすればauからの解除料は一度取られるものの、返金されるらしい。
どうせなら取られないようにしてくれればいいのに。

eSIM対応機種であれば、すべてWebで完結してその場で開通することができる。
Wifi専用になっているRakuten miniの出番だ。
無事開通したが、ひとつ誤算があった。

携帯端末の機種代金が36回分割であと2250円残っていた。
2台で4500円。それでも1月まで基本料を1000円程度払うよりは多少安く上がる。

フェムトセルもpovo2.0で利用できるので、手続きは必要かもしれないが利用し続けることができる。この部屋はフェムトセルなしでは利用できないから重要。

povo2.0サイト
https://povo.jp/