狭くて居心地が悪い

都内の狭いお店ではそこにテーブルがきっちり押し込められていて、隣のテーブルが同じグループですか?くらい近いことがある。
聴こうと思わなくても隣の会話が聞こえてくるし、なるべくそちらを見ないようにするので、なんとなく肩がこる。それならテーブル席でもカウンターでも同じだし。

近所に電車のガード下にあって、ものすごい狭くてカウンターだけの店がある。そこはとてもおいしいらしいのだが、仲間でなければ居心地が悪い(ぼくには)

そうなると、料理のクオリティには目をつぶるとチェーンの居酒屋に軍配が上がる。トイレはたくさんあるし、席も広々している。タッチパネルで注文するのも案外やりやすい。間違っても、今日何がある?なんて会話はない。

狭い

新橋から愛宕山、秋葉原まで

新橋の金券ショップで収入印紙6万円分購入。
さすが新橋、横浜では高額の収入印紙はまったく売っていなかった。

せっかく来たので、愛宕山まで歩こう。

男坂

いつの頃からか、急な階段が昇れなくなった。精神的なものなのか、後ろから引っ張られるような不安にかられる。急に高所恐怖症になったのと同時期。昇るのは不安だが、降りることはできる。本来は男坂から昇り、右の女坂から降りる。神様にお尻を向けない、というような意味合いもあるようで、香川の金比羅宮も同じような構造。

愛宕隧道を通って、かつて住んでいたところに行き、階段で昇る。

愛宕から虎ノ門
トンネルの手前に階段がある

消火栓の標識の所から、左に向かって階段がある。トンネルを抜けたところにはエレベーターもある。

一軒だけ残っている長屋。この建物は四軒つながっていた。

長屋の一軒
NHK放送博物館

昔はここで花見ができたので、ござを敷いて宴会が行われていた。

博物館に入館。

みんなのうた

懐かしいものをいろいろ復習して(何度も観てるから)

徳川ゆかり

愛宕神社にもお詣り。

来た階段を降りて、アイスクリームの店SOUWAへ。

仮営業

立て替え中で仮店舗で営業している。仮店舗といっても広さは前とあまり変わっていない。神谷町駅の出口の真ん前。昔、みどりやという肉屋があった向かい側。ここに車で魚屋が来ていた気がする。

再び新橋駅まで歩き、中国人が闊歩する銀座を抜けて、京橋二丁目。
京橋二丁目から無料巡回バスのメトロリンク日本橋に乗って新日本橋駅まで。
神田駅を通って秋葉原。

オノデンぼーや

秋葉原にもジンガイが多かったが、こちらは各国からという感じ。日本人は相変わらずな感じの人たち。
酔って折ったラジカセのロッドアンテナが欲しかったので、パーツショップに行くと、そこも独特な雰囲気。
ロッドアンテナは買えたけど、サイズが違うのでフラフラするアンテナに。
受信できればまあいいや。

東京の中心のようなところを歩いた。
東京はときどき行くのがおもしろい。

PayPay払い

PayPayで支払うと支払った額の20%が後日ポイントで戻ってくるキャンペーン(上限1000円)をやっている。それと同時に、抽選で1000円まで全額キャッシュバックもやっている。

500円の買い物をすると20%の10円がキャッシュバック、運がいいと全額の500円がキャッシュバックされる。上限が1000円なので、5000円を超えるとどっちにしても1000円なので意味がなくなる。

PayPayの使えるお店を見てみると、なんと大口商店街の八百屋だの魚屋だの小さなお店がたくさんラインナップされている。この不思議はあとでわかった。
PayPay支払いは、アプリから支払いを選ぶとバーコードが表示される。お店でレジ操作の後、お店のバーコードを読み取るリーダーで画面を読み取る。
お店の人がお店のバーコードで、利用者の画面のバーコードを読み取る

小さなお店など、レジもろくにないようなお店がどうして導入できたのだろう

スーパーでPayPay払いを希望すると、これを読み取ってくださいとお店の人が名札にあるバーコードを差し出した。アプリの支払い画面を見ると、バーコードをスキャンというのがある。

右にあるスキャン払い

スキャン払いを選ぶとカメラが起動して、お店にあるQRコードを読むと店名が出てくる。そこで支払う金額を自分で入力して、完了を押すと支払いが完了する。後日お店に支払われるのだろう。
注意するのはここで会計額を間違えて入れると、間違った金額を支払うことになってしまうこと。

PayPay側で店を登録すれば、店舗はバーコードを置けばいいだけなので、新規導入はお店の負担は非常に小さい。今までのカード払いよりも格段にハードルが低い。
問題は、現在無料のPayPay手数料がどのくらいになるのか。その料率によっては導入をやめるだろうし。目安は1%以下というところだろう。

戻ってきたポイントには短い(1~2ヶ月程度)期限が設定してあるので、クレジットカードの管理と共に恐ろしく煩雑になった。

マンナンヒカリ

マンナンといえばこんにゃく。こんにゃくなどからできているこの商品。

1000円くらい
水は減らした方がいい
そんなに悪いものはなさそう

米一合とこれで二合のごはんを炊いてみると、少しつるんとした触感はあるような気がするけれど、言われなければわからないかもしれない。三合にすればほぼわからなそう。米の香りが薄れる感じもある。ごはんのにおいがいい匂いだと思わない人にはかえっていいかもしれない。

これで二合の場合が33%、三合の場合でも25%のカロリーが控えられる。
ごはんを食べると太る体質なので、これがある間はちょっとおなか一杯食べよう。米のおよそ二倍の価格なので継続的には買わないので、なくなったらごはんを食べる量を減らせばいいだけ。

投票に出かけて再会

目の前の小学校が移転してはじめての投票。真新しい校舎に入ると目に入ったのがコレ。

二宮金次郎だったか

いま思うと、この姿は完全にアウト。歩きスマホがいけないのだから、歩き読書もいけない。歩きながらスマホで勉強している人もゼロではない。

旧校舎でどうなるのかなあと気になっていたのが、移植された模様。
寸暇を惜しんで勉強する姿は見習うべきだけれど、歩きながらはだめだよ。

ペコなう

制服姿

不二家の前を通るのが楽しみ。この制服、中学の時の女子(あたりまえ)の制服にそっくり。これで胸ポケットに生徒手帳が入っていれば完璧だ。

毎度、眉がないこと、鼻の穴が全開なことが気になる。

シーミーでくわっちー

二十四節季のひとつ、清明

啓蟄→春分→清明→穀雨→立夏…

沖縄では清明祭をシーミーと呼び、一年に一度お墓の掃除をして墓前でくわっちー(ごちそう)を食べる。紙のお札を燃やしてあの世でお金に困らないようにというのも台湾や中国の風習と同じ。

くわっちーは各家庭で作っていたらしいが、時代の流れで購入することも。まるでおせち料理のようだ。

沖縄ファミマ

紅白のかまぼことカステラ、てんぷら、豚の三枚肉などが定番らしい。
墓所に向かう道路はシーミー渋滞を起こすくらい沖縄では当然の行事。

沖縄タイムス

お墓の形も独特ならば、お参りも独特。沖縄の文化をもっと知りたい。

収入印紙

会社の住所の変更登記をするのに、出る法務局に3万円、入る法務局に3万円かかる。
同じ法務局内の移動であれば3万円でかかるが、たいていの場合は法務局の移転も伴う。

電子申請の場合を除いて、この金額を収入印紙を貼って納める。なんとか節約したいと思っても、あまり得策がない。収入印紙はコンビニでも売っているので、ファミリーマートならファミマTカード(ポイントはつかない)、セブンイレブンならnanacoで支払うとポイントがつくが、200円の収入印紙しか扱っていない。
そうなると、残りは金券ショップで買う以外の方法は思いつかない。
およそ0.8%割引くらいなので、6万円分購入すると500円弱安く購入できる。

ところが、横浜のほとんどの金券ショップでは1000円程度の印紙すら扱っていない。買ったことがある新橋、おそらくあるであろう新宿や神田に行かないとだめそう。
ついでがあればいいのだが、こんなときに限って東京での所用がない。
500円に揺れる数日。

参考までに、現在収入印紙は31種類販売されている。1円からはじまって、最高額は10万円。

(契約のミカタより)

台湾の元号

日本では新しい元号が決まって盛り上がっているところ。おとなりの台湾にも元号があるのだけれど、108年って。

台湾国鉄Webサイト

台湾の元号を調べてみると、現在の元号は中華民国統治時代からはじまったもので、今年108年は中華民国が成立した1912年を起源としている。
やはり台湾も西暦を使用するような動きもあって、台湾鉄道も乗車券の年号は西暦を使うようになった。
日本のように天皇陛下が変わると元号が変わるのではないので、このままずっと大きな数字になっていくのだろうか。

佐川を詐称したSMS

詐欺です

結論をいうと、詐欺SMS

パソコンからアクセスしてみる。そもそも:81なんてありえないURL。

突然設定マニュアル
ここまでいったら大変

iPhoneなどのiOSではいつものようにアップルIDとパスワードが聞かれて、正直に答えるとさまざまな不都合、経済的ダメージを受ける。
Android端末では、アプリのインストールがうながされ、これまた正直にインストールすると、端末がのっとられた状態になり、どんな不具合や経済的な損失をうけるかわからない。

毎日毎日メールでわなが送られてくる。

いざ出陣

8ヶ月だけ住んだ磯子駅前の団地。

磯子三丁目団地

磯子駅前広場で横浜市会の現職候補と、神奈川県会の候補者の合同出陣式が行われた。横浜市会の議員は10期40年のベテランだが、無所属から立憲民主の公認を取ったところを見ると、厳しい選挙戦なのだろう。
応援するのは神奈川県会の候補者なのだが、さすがベテラン先生は全員のところに回って握手をしていたので、ぼくも握手をしてしまった。

衆議院議員も来て挨拶をして、いつもの見慣れた選挙の雰囲気。
9日間の選挙戦、どうなるのだろう。

ちなみに、わが神奈川区は市会は無投票、県会も無投票になるところ国民新党が候補者を送ってきたので、定数3人に対して4人が立候補。

赤いジャンパーが市会議員支持者

今度の電車は…

昭和の駅にあったこれ。

電車がでましたジェネレーターより

となりの駅を出ると電気がついて接近を知らせる。いつのまにか駅名がなくなって、単に電車がきますになった。

駅名を入れるとここに入って、電気がつくジェネレーターがあった。
せっかくなので、日本一長い駅名を入れる。

日本一
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前とよみがなでは同率

ちなみに、美術館が閉園して駅名も変更されたが、それまで一位だった駅名。

かなり無理な駅名

短い駅名は有名で、津駅。

電車が出ましたジェネレーター
http://trainsim.sakura.ne.jp/demashita/