徳島阿波おどりツアー2024

関東発着・1名様より
市内ホテル泊・自由に観覧
ちょっとディープなツアー

詳しくはこちら

シンガポール航空だけでスリランカを往復できる

この6月末にまたANAのマイルの期限がやってくる。延命もできるが、1割減ってしまう。1万マイルくらいで1000マイル減るくらいならいいが、数万マイルとなるとバカバカしい。欠航のときにマイルが戻ってこないというリスクがあるが、期限までに発券すればいい。
燃油チャージが高額なので、燃油チャージが加算されない、航空券に含まれている航空会社を利用したい。中国国際航空が安め、カタール航空などは航空券に含まれているがあまり安くない。アジアに行くのなら、シンガポール航空一択。
調べてみると、シンガポールを拠点に(当然だが)世界中に就航している。シンガポール航空は全路線が国際線。狭い国なので当然だ。たとえばバンコクでも、普通に検索するとタイ国際航空やANAの直行便が出てくるが、シンガポールを経由地にするとシンガポール航空の路線の候補がでてくる。

路線図を見て、スリランカのコロンボに就航していることもあり、検索すると出てきた。

日程も適当で、ネックはシンガポール航空で15時から22時までつぶすこと。そして、コロンボには2335とかなり遅め。市内へは20キロ以上あるので、タクシーだと3000円以上かかるらしい。バスはすでに終わっているので、近くのホテルに泊まるか、空港で一晩明かすか…

そして、スリランカは5月30日まではビザが無料で発給されるが、きちんと調べていないが70USDという情報もある。$70といえば今や11000円くらい。日本の業者が手数料込みで23000円くらいだったので、$70は間違いないのかも。
あとは、チップをたくさんぼったくるとか、お釣りをごまかすとかそういうことは日常茶飯事らしい。あまり豊かな国ではないので仕方ないかもしれないが、気分が悪い。

ヨーロッパにも行かれることがわかった。フランクフルトだと60000マイルと34000円くらいかかるが、シンガポール航空だけで行くことができる。シンガポールまで7時間かかるが、さらにそこから14時間以上かかるので、シンガポールまでがノーカウントになる感じ。

やはり韓国と国内線のセットが気軽か…

Translate »
タイトルとURLをコピーしました