有珠山を知り積丹半島を走る

朝食は会場が小さいので時間予約制

メイン(卵料理)と味噌汁は火をつけてくれる。湯気がでてきたら食べごろだそうだ。
バターのソースがかかっていますと言っていたが、しいてあるベーコンはかりかりにくっついてしまっているし、普通の目玉焼きと変わらないかも。

帆立貝の稚貝の味噌汁には海苔が入っていておいしい。その他はいまいちな感じ。
でも、朝食料金という設定がないので宿泊料に含まれているのでまあ満足。
離れたところにコーヒーとドリンクバーがあって何種類かの飲み物が飲めた。

洞爺湖ビジターセンター、火山科学館

無料ゾーンの展示

せっかくなので有料ゾーンへ(大人600円)

入館料の大半を占めるのはこの噴火のときの映像だった。一定時間ごとに上映される。
他の火山もそうだが、何百年に一度か大きな噴火をしており、有珠山は有感地震が来たら必ず噴火が起こる。
そういうことで、有珠山は嘘をつかないと。優しい火山とあったが、家を失った人もいるわけで、ちっとも優しいとは思えない。

地震が続いたら必ず噴火するから
噴火にあった軽トラ
非難されてる

この他、地殻変動でグニャリと曲がった室蘭本線の線路などが展示されていた。
迫力は感じられるものの、展示数も少なく入館料600円は少し高め。

わかさいも本舗本店へ

どんどん地元の衆がやってくる

二階はレストランになっていて、大型バスの昼食場所になっている。業界的な話をすると、旅行会社はお店から送客手数料がもらえる。
お客さんひとりについていくらか、総売上の数%の手数料がもらえる。小さめの土産物店だと、あらかじめ割引券を配り、その割引券の色などでどの団体かお店が判断できるようになっている。

ケーキも売っている

わかさいもとはなんぞや

いもと名前がついているが、実は豆でできている。しょうゆ味がきいていて、独特のちょっとダサい味。
すごいおいしい、とまではいかないけれど味わい深い。

レストランから湖が一望

洞爺湖はまるで海!

なんかすごい船

近くまで見に行った

洞爺湖遊覧船

道の駅サイロ展望台

裏手にあった季節営業の店
売店では木刀を販売

道の駅洞爺

道の駅230るすつ

留寿都村にあって国道230号線上にあるから。

道の駅名水の郷きょうごく

名水の郷といわれるように、道の駅の裏手に湧水池があって、水道水や工業用水をくんでいる。

渡ると揺れる

地元の人はポリタンクに汲んで持ち帰っている。
水をくんでみると、気温に比例してすごく冷たい。飲んでみるとおいしい、というより澄み切った味。

羊蹄山に降った水が70年かけて湧き水となるらしい。いま湧き出ている水は70年前に降った雨と思うとドラマチック。
ミネラル含有量が60mg程度以下から軟水といわれるが、ここ京極の水は23mgの超軟水。
一般的な日本の水道水は60mg程度らしい。逆に海外のミネラルウオーターなどは300mg超え。
およそ30万人がまかなえるくらいの湧き水が豊富にわいているそうだ。

羊蹄山は飛行機からもよく見えて美しかった。

なにかのコンテスト作品らしい
安い!

かもえない、こう書くのか。それにしても生きているホタテ150円とは。出荷するときは100円以下なのだろう。
かもえないとはアイヌ語のカムイナイ、美しき神秘な沢を意味する。

神威岬

突端まではかなりの距離

突端まで遠いこと、強風でとても寒いので島武意海岸だけにする。
アイヌ語のシュマ・ムイ、岩の入り江が語源。

入り口だけ妙に低い

中に入ると普通の高さ。

しまむい海岸

積丹灯台がある積丹岬

駐車場から急坂を登って約10分くらいで灯台に到着。

昭和40年初点灯
実際に落ちていた

道の駅スペース・アップルよいち

16時で既に閉館。冬の北海道の夜は早い。トイレしかやっていない。

イオン余市店に寄り道し、今夜の宿泊地、小樽へ向かう。

登別から地球岬、洞爺湖に宿泊

Peachは成田空港第3ターミナルから第1ターミナル出発に変更になった。第1といっても国内線のりばなので少し離れている。

国際線も少しだけ人がいた

第1ターミナル

機内持ち込み手荷物は7kgまででかなり厳しいが、コロナ禍の中ではアナウンスはされているがチェックはない。

中央席は原則的には割り当てられていない。
前の若い女性二人は乗ってから降りるまで喋りっぱなし。非常のときの説明のときもずっと喋りっぱなしなのは問題がある。そんなことではこの先いいことないよ。
とにかくうるさいが、夜行便でもないので注意もできない。
もう少しまわりを気にした方がいいよ。

荷役作業は飽きない

屋根がない車両もあって、冬はつらそう。

空港内に小さなミュージアムがあって飛行機関連のものが展示してある。

堀ちえみちゃんが着ていたのは右から2番目だ

なぜかうちにもあったバッグ。国際線の機内で身の回りのものを入れておくもので、ファーストクラスの乗客に配られ、オーバーナイトバッグというらしい。

2000年頃にも少し流行した

新千歳空港のレンタカーは近くに営業所がなく、送迎車(大型バスなど)で10分くらい走る。お客さんがタクシーで行こうと同乗したときは1600円かかった(およそ5km)

今年開園になったウポポイ(民族共生象徴空間)に行こうと軽く考えていたら、予約制で当日は15時しかなくて時間が合わずあきらめる。アイヌの伝統文化はあまり興味がないのでもう行くことはないかもしれない。

登別温泉駐車場(地図の中央少し右のP)は一回500円で、奥の湯駐車場も半券で利用できる。

登別国際観光コンベンション協会より
題目石

 明治4年に伊達妙栄寺の開山である日進上人が墨で自然石にお題目を書いたものであるといわれています。
 今では判読することはできませんが、水を注ぐとわずかに墨痕をうかがうことができます。
 また、「北海道大百科事典」には「日蓮上人の法弟日進上人が錫(しゃく)をこの地にいた折り、“ひぐま棲む蝦夷が島根に渡りきて、ものりを説ける跡のたふとさ”、“はろばろと蝦夷がいでゆの草枕樹の間にひびく題目の声”の2首を願書したもの」とあります。(登別観光協会より)

駐車場に車をおいて、遊歩道を歩く。夜はライトアップされる。

かなり硫黄の匂いがする
薬師堂

赤い実はナナカマド。七回かまどに入れても燃えない木という説もある。西洋ではこの木を削って十字架をつくる聖なる木。実はジャムなどの食用にもなり、冷帯に育つので関東ではあまり見られない。

ナナカマド

第一滝本館(ホテル)が見えるので、向こうのロビーからはこの景色が見えるのだろう。

遊歩道の終点に鉄泉池がある。間欠泉でおよど90℃のお湯が吹き出るらしい。このときは吹き出てはおらず、地元のご婦人が数人で玉子をゆでていた。

鉄泉池

登別温泉の繁華街に歩いて向かう。

金棒には一白水星とか九紫火星など書いてあるが、五黄土星だけない。

シューッと出るらしいが、天井に跡がないのでどの程度噴き上がるのだろう。

メインストリート
閻魔(えんま)堂

一日数回、閻魔大王の顔が変わって審判をくだすらしい。

駐車場に戻り、5分ほど走ると大湯沼がある。

ずっと置いていたら錆びるだろうなあ
表面は50℃、中は130℃らしい

歩いて10分くらいのところに天然足湯があるそうなので、行ってみる。この駐車場に停めているほとんどの人が歩いていく。

車で来た道を戻る
湯気が出ている
観光シーズンは座れなそう

温度は低め。天候にも左右されるのだろう。

タオルはないのでハンカチで足をふく。

駐車場のすぐ裏に奥の湯がある。

すごい数のカラス

登別で時間を取りすぎた。急いで地球岬(室蘭)へ向かう。

室蘭本線母恋駅

母恋(ぼこい)駅、ホッキ貝の貝殻にごはんがつめてある母恋めし。お父さんが貝殻工芸家で身がたくさん余ってしまうことから作り出したそうだ。

母恋めし本舗より

暗くなって地球岬に到着。
北海道の日の入りは早く、16時になると暗くなってしまう。

アイヌ語で「断崖」を意味する「チケプ」に由来します。「チケプ」から「チキウ」、そして「地球岬」となりました。岬上の灯台は灯高131メートル、光達25海里。1920年に初点灯しました。(室蘭観光推進連絡会議)

今宵の宿の洞爺湖畔に向かう。
温泉が充実しているホテル。

畳の和室にベッドを置いた部屋。ただベッドを置いた感が強い。
部屋の電気は玄関でしか入りきりできないし、枕元にはなにもない。玄関でスイッチを切ると真っ暗。
朝早かったのですぐにぐっすり。

成田に前泊

GOTOトラベルが利用できるので、成田に前泊という今までにない贅沢な振る舞いをすることにした。
夕方になる前にJR成田に降り立つ。

東口

すぐ近くに京成成田、成田山新勝寺の参道が続く。
予備校講師時代に週に一回成田に通っていたが、もともと生徒が少なく定期試験の時になると休むので、生徒がゼロで1時間待って帰ったことが何度もあった。

近くにイオンタウンがあり、マックスバリュが入っている。
会計時にGOTOトラベル地域クーポンを出すと、まさかの使えません。専門店街は使えるのに…イオンは使えるのに。

ホテルの部屋はトレインビュー。発車ベルがなるたびに気になる。

ソーセージをつくりたい

ソーセージを外で食べると非常に高い。ビアレストランなど盛り合わせは2500円くらいしてしまう。
自家製ソーセージキットなるものがいくつか販売されているので検討してみる。
ひとつは接着剤を壁や隙間に塗るときに使う注射器の大きなもののように、にゅぅと押し出してソーセージを詰め込む機械を買う。
もうひとつは、ケーキを生クリームでデコレーションするときにつかう、絞り袋と口金を使う方法。
人によって意見が違うが、一度に何十本もつくるのでなければ、絞り袋で良さそう。あとは肝心の豚の腸を塩漬けした袋。
ひき肉にシーズニング(スパイス)を加えて、10℃以上にならないように冷やしながらこねて、絞り袋から袋にしぼればいいだけのよう。

さっそく調べて絞り袋、塩漬け腸、口金などの必要なものを揃えてみよう。
今年のクリスマスはソーセージ・パーティー!、と思ったらクリスマスは船上だった。

カスレ

フランス南西部の料理で、ガチョウやアヒル、羊肉などと白いんげん豆を煮込み、カスレの語源のカソーレという土鍋でオーブンで焼き上げた料理。
カスレ風であるが、これはこれでおいしい。ソーセージと豚肉という日本人好み、作りやすくにアレンジしたもの。

トマトベースで下に白インゲンが入っている。

マグロ天身

ビンチョウマグロ天身、なんと100円。おいしいのでたくさん食べた。
天身ってどこだろう。あたまかなあとぼんやり考える。

マグロは背中側がすべて赤身らしい。さらにその中心部、背骨に近い部分を天身といい、筋が少なく赤身の中でもおいしい部分らしい。

マグロはお寿司の王様、と勝手に思っている。

海鮮ぶっかけ軍艦

回転寿司の期間限定メニューにあるもの。
180円でのせきれないくらいあるので、おつまみにもなる。
たまご(うずら)の黄身と魚の味が混ざると、ウニのような味になっておいしい。

チェーンのくせに対応がバラバラで、これがのっているメニューがない店もある。

カーシェアリングデビュー

亡くなった父の衣類を清掃事務所に受け付けてもらうために、カーシェアリングを利用してみよう。
レンタカーで使っているタイムズカーレンタルのカーシェアリングや、その他レンタカー会社のシステムを整理してみる。

個人会員と法人会員があって、個人会員は毎月一定額(980円くらい)支払い、その分無料利用できることが多い。法人会員は毎月の支払いがない代わりに、無料利用分もない。
そして、会員カード(車の施錠解錠をする)を発行してもらう必要があり、ここに1000円程度の費用がかかる。

法人会員を利用しようとしたら、会社名義のクレジットカードが必要になっていて、現在は個人のカードを利用しているのでオンライン入会できず。

d払い(ドコモ)のサービスの中にdシェアというものがあり、数社のカーシェアリングが利用できるものがあって、調べると会員カードもいらない。
近くのステーションを調べて、アプリから予約をする。ここまではまったく問題ない。ここからは、よく調べておかないとわからないことが多い。

1.車の近くに行ったら、アプリのマイガレージから車の解錠を選ぶ。システムにアクセスされて数秒で車が解錠される。

2.ダッシュボックスの上の小さなケースを開けると車の鍵が刺さっているので、抜き取る。

3.エンジン始動で用を済ませ戻る。

4.鍵をダッシュボックスに戻す。

5.アプリから施錠を選ぶ。これで返却が終わる。特に問題がなければ、後日課金される。

料金は実際に利用した時間で、返却に遅れると2倍の料金を取られるので、長めに予約しておいたほうがいい。今回は明細を見ると31分で、1分オーバーで170円課金されてしまって悔しかった。
また、忘れ物をするとカーシェア会社の人が来て、取ってもらうことになるので、数千円の手数料がかかるので慎重に。

これで流れがわかったので、いつでも使えそう。

仙台から新潟の経路を考える

12月に行く消化旅行のような旅行で、仙台と新潟のホテルが予約してある。仙台まではいいとして、仙台から新潟の移動経路を考える。

5200円の高速バスは考えないとして、鉄道だと以下のような経路が候補。

仙台→(東北本線)→福島→(奥羽本線)→米沢→(米坂線)→坂町→(羽越線・白新線)→新潟

仙台→(東北本線)→小牛田→(陸羽東線)→鳴子温泉経由→新庄→(陸羽西線)→酒田→(羽越線・白新線)→新潟

仙台→(仙山線)→山形→(奥羽本線)→新庄から上と同じ

仙台→(東北本線)→福島→郡山→(磐越西線)→会津若松→新津→(信越本線)→新潟

所要時間は大きな差がないが、いちばん下の磐越西線経由が早い。
どれを選ぶか一ヶ月考えよう。

サーロインとミスジを丸の内で食べる

土曜日の丸の内はガラガラ、と思ったらテラス席がある店などはイルミネーションがあるせいか、それなりにお客さんが入っていた。
ところが、大手町のビルまで足を伸ばすとほとんどのお店が休んでいて、開いているお店もお客さんはあまり入っていない。

店の前にあった

ワインバルのようなお店で、オーストラリア牛のサーロイン230gを注文。つけあわせはチェーン共通のいつもの玉ねぎとプラスアルファ。ステーキソースもついているのがいい。

1680円

原価率の高そうな肉類、アンガス牛のミスジ160gも追加。

890円

バルなのでライスがついているはずもなく、お肉だけたっぷり食べられる。

ウイスキー樽で熟成させたワインは初めて。紹介のとおり甘い香りでおいしい。帰ってしらべたら一本1980円以上。
高いと美味しいとは限らないけれど、安くて美味しいのを見つけるのは難しい。

いくらと上いくら

鯖雲か鰯雲か、いずれにしても数日中に雨が降るのだろう。

自宅だろうか

市川市議を一期やって、現在千葉県議会議員三期目らしい。
江戸川の川っぷちにパンのヤマザキ研究所があった。
駅前にはビルまるごとヤマザキがある。

この回転寿司チェーンには、いくら180円と上いくら290円がある。見たところ、きゅうりのかさ上げげがあるかないか。
貝とセットになって390円と比較してみる。

赤貝と上いくらと上うに

たしかに量が少ないのはわかるけれど、価格差の1.6倍はのっていない感じ。

回っているお寿司がもったいないなあ、と思いながら自分も注文して食べる。

食パンづくり再開

20年近く前に購入したホームベーカリー。
材料費が意外に高くつくこと、ドライイーストではあまりおいしくできないことを理由に次第に使われずになった。
それでも、餃子の皮を作ったり、中華まんをつくるときにこねるマシンとしてはときどき利用していた。

ところがここにきて、とあることから小麦粉を大量入手。

年代モノ

焼きたてを手でむしってワイルドに食べると、なかなかおいしい。
しばらく小麦粉消費がつづく。