青春18きっぷで出かける

青春18きっぷが発売中で4月10日まで利用できる。5回分で12050円。
ヤフオク!で4回分2900円(+速達料290円)という破格で手に入ったのでどこかへ出かけることにする。
あまり遠すぎず、コロナ感染者が多くない地域ということで東北に行くことにした。

川崎(647)→宇都宮(858)1524E 普通宇都宮行き
E231系15両

宇都宮(912)→黒磯(1004)639M 普通黒磯行き
205系600番台4両メルヘン顔ではないやつ
黒磯(1023)→新白河(1047)4131M 普通新白河行き
E531系3000番台5両
交直流切り替えが黒磯駅構内から高久駅寄りになり、交直流電車が運用されるようになった。

E531系これは最終日に乗った常磐線にて

新白河(1054)→郡山(1132)2133M 普通郡山行き
701系1000番台4両
悪名高きロングシート電車。以前は盛岡まですべてこの車両ということもあった。

郡山(1139)→福島(1227)2133M 普通福島行き
(福島から快速仙台行き)
E721系0番台4両

福島(1251)→米沢(1338)441M 普通米沢行き
719系5000番台2両 新幹線と同じ標準軌を走る。

一日6往復のみ
固定クロスシート

二人がけシートが中心に向かって、中央部が4人がけクロスシート。
板谷峠を越えるため、冬季は雪景色が楽しめる。
途中、峠駅では峠の力餅の立売りが行われる。
停車時間は30秒なので、すぐに買わないとドアが閉まる。

峠茶屋より

山形新幹線の車内でも購入できるが、分家のもので違うものらしい。

米沢(1340)→山形(1425)443M 普通山形行き
719系5000番台2両

山形駅、人がいない。コロナのせいなのか、日曜の山形だからなのか…

山形駅コンコース

山形駅西口の宿泊ホテルに荷物を預けに行く。

人影まばら

左沢線に乗車!

山形(1527)→左沢(1608)339D 普通左沢行き
キハ101形4両
キハ101形は16mの車体長で、左沢線のみで運用。

キハ101形
オールロングシート、トイレなし
立たないと前面展望できない

前面は運転士のかばんが邪魔、運転操作は運賃箱が邪魔。
乗車時間41分で終点左沢駅に到着。

山形県西村山郡大江町大字左沢字前田にある

左沢、あてらざわの語源は諸説あり、あちら側、こちら側のあちら側がなまった説、アイヌ語説など。

左沢(1615)→寒河江(1628) 普通山形行き
キハ110形(折返し)

7分で折り返す。

フルーツラインの異名

寒河江で途中下車

さがえ、橋上駅舎

駅前にファミマ!

歩いて5分のところにある、フードセンターたかき元町店に向かう。山形県内に4店舗で評判がいいスーパー。
お弁当は260円のものが数種類ある。ピンクのクジラが目印らしい。

歩いてくる客はほぼいない

高齢者が運転している車が多いので、こちらが気をつける。
食料を調達して寒河江駅に戻る。こんないなかの(失礼)スーパーでもクレジットカードは使えるし、PayPayも使える。

寒河江駅発着の列車があるので、待避線がある。

9月に寒河江まつり、神輿の祭典がある。東北屈指らしい。
神輿は駅前に展示してある。

おしゃれな駅舎
久しぶりに見た
となりは西と南
さくらんぼだろう

天井にハトが巣を作っているらしく、ボーボー鳴いている。
フンよけに傘がさしてある。

寒河江(1730)→山形(1757)
キハ101形4両

ガラガラの列車で山形に戻る。
大浴場があるホテルなので、楽しみ。
お酒は、純米酒庄五郎を用意。

ステーキの味付け

飲食店が営業しているので調査は相変わらずあるので出かける。

アンガス牛のグリルがウリのお店。

サーロイン180g1300円くらい

ローズマリーの香りがきいているのはいいけれど、マーガリンのような香りがいただけない。塩気も薄い。
塩で食べられるような質の牛肉ではないので、もっとソースにこだわらなければいけない。
筋が多いので噛み切れない部分もあるし。レポートには書いたけれど、改善されるかどうか…

お客さんはときどき来るものの、金曜の夜としては壊滅的。

旧東海道神奈川宿

保土ヶ谷までの道で一本入ると旧東海道がある。

道幅は狭い

横浜駅から歩いて15分くらいのところで、住所では高島台など。

坂本龍馬の奥さんが独身時代に働いていた田中家

1863年創業

創業時の建物は葛飾北斎の浮世絵にも登場している横浜を代表する老舗。
浮世絵によると、この建物の向こうから海だった。

この先相鉄線天王町駅まで続く。

持っているモバイルバッテリー

大きささまざま

この他に2つあるが省略。
重さと容量は比例するので比較してみる。

小さい順に、85g2500mAh、104g6800mAh、197g20000mAh

左上のものはauのモバイルバッテリーでこれはニッケル水素バッテリー。その他はリチウムイオンバッテリーなのパワーがある。

一方、充電される方のバッテリー容量は、ガラケー(正確にはガラホ)が1500mAh、HUAWEIの端末が4000mAhくらい、最近購入した重たいUMIDIGI F1は公称5000mAhだがアプリで計測すると4000ちょっとしかなさそう。

つまり、一番小さいものではガラケーしか充電できず、完全に非常用。一方、20000mAhといってもかなり信用はできず、5000mAhのバッテリーがきっちり4回充電できるわけでもない。

飛行機に乗る時にうるさくなったモバイルバッテリー、必ず持ち込み荷物に入れて、預けるとあとで呼び出され大変なことになる。
かなり大きなものは持ち込みも預けることもできないので注意が必要。

うるい

うるいが安くなっていたので迷わず購入。酢味噌でどうぞ、などと書いてあるがどうしようか。
茹でてごまあえ、生でも食べられるとわかったので、せっかくだから生で食べてみよう。

うるいのサラダ

ちょっとぬるっとしていてシャキシャキしている。クセがないのでおいしいというか、物足りないというか。奥に見えるのは王子サーモンのスモークサーモン。スモークサーモンは意外に生臭い。
現地で新鮮な山菜などはさぞかしおいしいのだろう。もっと野菜が好きになれるのに。

ウイルスとは

生物学的な定義ではウイルスは生物ではない。つまり、生きてはいないとも解釈できる。理由は代謝ができないから。代謝というのはエネルギーを作り出すということで、動物なら食物を消化して、植物は光合成で作り出すことができる。ところがウイルスは宿主(寄生する相手)から奪い取る。
決定的に生物と違うのは、DNAかRNAの一方しか持っていないということ。例えば、ヒトは細胞ひとつひとつの核などにDNAが含まれていて、それをRNAがコピーをしてタンパク質を合成する。ウイルスは自分のRNAを使って例えばヒトにタンパク質を合成させる。結果的に細胞は破壊されてしまったり、変性してしまう。
細菌類は生物であるので、DNAとRNAを持っていてタンパク質合成はヒトと大差はない。
ウイルスは生物ではないとしても、増殖して増やすという目的を果たすということでは生物のようにも思える。新型コロナウイルス、新型であるので増殖の過程もまだわかっていないだろうが、これからも新型コロナウイルスが発生する可能性も考えるとたかがウイルス、恐ろしい。

がん検診の季節

年度末なのでがん検診を受けよう。
とりあえず手軽な(つらくない)肺がんと前立腺がん。
肺がんは去年しっかりと腕を回さなかったため骨が写り、精密検査になって散財してしまったのでしっかり板を抱く。
前立腺がんは単なる血液検査で、PSA検査と呼ばれるもので数値から判断して精密検査を行うことになる。

そして、ちょっと気が重い大腸内視鏡検査。検査そのものより下剤を飲んでおなかが痛くなったり、朝7時に起きて検査が14時、終わるまで水とお茶しか飲めないのもつらい。ポリープを切除すると最低でも3日は禁酒しないといけないし。

内視鏡検査の同意欄にポリープを切るか否か、おまかせするという項目がある。
ポリープが見つかったときに切るか切らないかなのだが、そう聞かれても困るのでわかったことをまとめた。

  • ポリープには将来がんになる可能性がある腺腫性と、がんになる可能性が低い過形成性がある。
  • ポリープは急激には大きくならないが、小さくなったり消えることも少ない。
  • 大きくなるとがん化する可能性が高くなる。

結論として、今すぐに切除しなくてもいいし、心配なら切除してもいいという感じ。
切除するのはリスクがゼロではないので、できる限り取るべきではないと考える先生もいる。
ぼくのかかりつけ医の先生は、どうしますか、とりますか、やめますか、という感じ。
まあ、取った方が気が楽だからとってもらおうかな。お金が多少かかるだけで痛くないし。

塩水うに

よく行く居酒屋チェーン。
相変わらず冷凍物のお刺身盛り合わせ。
しかもついているはずの沖漬け(イカ)はなく、大根おろしだけ。お刺身盛り合わせに大根おろしはいらないでしょう。

1990円(税別)

フェアメニューである、日高産春ウニ!
寿司飯とのりがついてくる。
日高といえば去年の夏に行ったところで襟裳岬にも行ったっけ。

日高産塩水ウニ

塩水ウニというやつで、塩水につかっていて板にのっているもののようにミョウバンを使っていないのがウリでその分値段も高い。
プラスティック容器に入って3~4000円はする。

塩水=海水、海にいるままの味という感じでおいしい。1990円(税別)も仕方がない。お刺身盛り合わせよりよっぽど価値がある。

次に北海道に行ったらもう少しいいものを食べてみよう。

狩猟免許の有効期限

免状を見ると平成32年9月と書いてある。
平成32年は今年じゃないか。
更新手続きに必要な講習があって、定期的に行われているが年に数回なので早めに受講した方がいい。

神奈川県のWebサイトを探す。

今年度はまだ発表されていないが、例年同じような日程なので参考にしよう。
5回あって、第1回が6月21日頃で申込が5月28日頃かららしい。
横浜が3回、小田原が1回、海老名が1回。
申込が遅くて海老名に行く羽目になったのを思い出した。

4月中旬頃、日程が発表されるらしい。

神奈川県のWebサイト
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/t4i/cnt/f986/p889835.html

6月に行くウラジオストクの機内食

6月にJALでウラジオストクに行く。
わずか2時間30分のフライトは沖縄より近いくらいらしい。
機内食は出るのか。沖縄~台湾でもサンドウィッチは出たので飲み物だけだとは思わなかったが、やっと公式に発表された。

生ハムとモッツァレラチーズのクロワッサンサンド
ヨーグルト マンゴーソース

問題はこれよりもドリンク。アシアナ航空の近距離便ではアルコールは提供されなかったが、JALはビールとワインだけとはいえ、提供されるらしい。

もちろん両方もらう。

JALのWebサイト
https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/service/economy/meal/index.html

花桃の源平咲き

一本の木から白とピンクの花が入り混じっている。
源氏と平家の旗色にちなんで源平咲きといわれる。

一本の木なので遺伝子はすべて同じなのに違う色の花が咲くのは、遺伝子の転写の際に色素を合成される部分が転写されないと白いままになるらしい。
2014年に遺伝子の分離に成功した。

もっときちんと知りたい方
大阪市立大学Webサイト
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2013/el23ss