中華街まで散歩

片道歩いて帰りは電車で帰ってこよう、たまにはミラーレス一眼を首から下げて。

みなとみらい大橋を渡ると、ダダの影

建物は横浜ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート、138室の会員制ホテルで完売していた。年間12泊のベイスイートが10,969,433円(税込み管理費込み)ロイヤルスイート24泊が41,116,641円。
仮にいちばん安価なところで、10年間利用すると一泊いくらになるだろうう。

10969433(初回払込)+管理費(151800円×9年)÷120泊

=102796円

20年間利用すると240泊すると、一泊あたりが57723円まで下がる。

実際には中のレストランも利用するだろうし、スパも無料ではなく一回1000円くらいの料金がかかる。
個人で利用するのではなく、法人で福利厚生として経費にするのが多いのかどういう利用者なのだろう。

ダダはここに

ダダ

Amazonより

コスモクロックが見えてきた

みなとみらいの、よこはまコスモワールドは普段以上の混雑具合。ここはフリーパスがないので、3500円分で3000円のような回数券のようなものを購入するしかない。

この先のワールドポータースに吸い込まれるように人が入っていった。
直進して象の鼻パークに近づくと、今話題の飛鳥Ⅱが見えてきた。

右はにっぽん丸

横浜ベイサイドブルーも目撃

かなり混雑

横浜駅東口と山下ふ頭を結ぶ。山下ふ頭という地味な終点な理由は、終点で転回(Uターン)しないといけないから。

山下公園はいつもの休日より混雑

マリンタワーは工事中だが、まだまだかかりそうな様子(2022年4月再開予定)

氷川丸もブリッジ付近工事中

横浜市の花でもあるバラが満開

バックにニューグランド
きれいな花は届かない

中華街もいつもの休日くらい

例年ならGWはみなと祭りなので、もっと大変な人だかりになる。
いつもの愛龍號で誕生日が一緒のママさんと軽くゆんたくして(沖縄弁でおしゃべり)ピーナッツペーストを購入して、石川町駅のスーパーで買物をして帰る。スーパーは近所の人が少しいるくらい。

業務用サイズ600円くらい

16000歩歩いた。

Rakuten casa

楽天モバイルが提供(レンタル)しているフェムトセル。自宅のインターネット回線を利用して、楽天モバイルの電波の届きにくいところでも利用できるようになる。
実家の母がwifiに切り替えなくてもデータ通信を消費しないように申し込んだ。楽天ひかりの名義は母、楽天モバイルの名義も母なので共に母の名前で申し込んだ。

数日経つと、回線名義人と申込者が違うのでだめだとメッセージが送られてきた。それではと、ぼくの名義で送ってまた数日すると回線名義人が違うと。

もともとのNTTはぼくの名義になっていて、楽天ひかりの契約者は母になっている。仕方がないのでサポート電話にかけると、専用電話なのか珍しくすぐにつながった。
NTTの回線名義人が優先するそうで、そのあたりがNTTのフレッツ光らしい考え方。結局楽天からの申込みではどちらの名義で申し込んでも申し込みが受け付けられないことになる。NTTはひかり電話に変わっているし、フレッツ光の契約者も母の名義になっているのに不可解。

虹が出た!

買い物の途中で小雨にあったが、雨雲レーダーを見るとすごいのが近づいてきている。雨宿りをあきらめて急いで帰る。
数分でザ~っと雨が降るが、太陽も出ている。
太陽が出れば虹のチャンス!
太陽を背中に見る方向を、ベランダから身を乗り出して見る。

よく見ると2本見える。刻一刻と変化をして、数分で消えてしまう。
うちからは今の季節(太陽の位置が変わるから)、羽田空港の方向が虹の方向。
そういえば、上海の空港は虹橋っていうんだったな。

5月1日といえば

メーデー

子どもの頃の記憶では、デモ行進や集会の映像をニュースでやっていた。メーデーがMay dayであることを大人になってから知る。世界では80カ国以上で祝日に制定されている。

また、メーデーというと遭難信号を表す。
これはフランス語のヴネ・メデ(venez m’aider)助けに来てから来ている。

メーデーメーデーメーデーと3回言ってから状況を伝える。

このコロナ禍であちらこちらからメーデーが発信されているように思える。

第5回 鶴見線で巡る緑のスタンプラリー2021

JR鶴見駅西口の改札前、JR鶴見線の浅野駅前にある入船公園事務所でスタンプを押すパンフレットをもらう。

鶴見区内6箇所にあるスタンプを3つ以上集めて入船公園事務所に持って行くと、キーホルダーがもらえる。
公園と鶴見駅にもスタンプがあるので、実質2箇所行けばもらえる計算。
JR鶴見駅スタート、国道駅でスタンプを押して公園に持っていくことにしよう。
鶴見駅近くの所用も含めよう。

ベタな名前のラブホテル

旅館とも書いてある

森永製菓鶴見工場

現在工事中で、新型コロナの影響がなくても見学できない。森永エンゼルミュージアムとして再開する予定。

ぬーぼーが懐かしい
森永製菓より

鶴見川の河川も舗装されていて、気持ちよくあることができる。パリピがバーベキューをしている。

31アイスクリーム

31のアプリで誕生月にシングル一つもらえる。写真はバターなんちゃら。ぼくはもちろん食べない。

国道駅でスタンプを押して、鶴見川を渡り、浅野駅へ。
キーホルダーをもらって浅野駅から鶴見線に乗車。

海芝浦からのホーム
向こうに扇町方面のホーム
ジョルダンより

浅野駅から分かれているように見えるが、実際には浅野駅のホームが二つある。時刻表にどちらのホームか記載されているだけで、今度の鶴見駅がどちらのホームから発車されるかは案内放送などは流れない(無人駅だし)

次の電車は海芝浦からやってくる。海芝浦は東芝の工場の敷地内にあって、下車できるように作った小さな公園以外は外に出られない。

草が生える線路
意外にガラガラ

電車区(今はいわない)がある弁天橋、鶴見小野に停車し国道で降りる。

このあたりでは珍しい3両編成の電車が30分間隔(昼間、ラッシュ時はもっとたくさん)で走る面白い路線。
夏になったら沿線の食堂などでビールを飲もう。

なかなかいい
鏡面でカメラが写るので斜め

昭和の日

昭和生まれの世代にとっては、天皇誕生日と刷り込まれているが、今日は昭和の日。

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす(祝日法)

連休にするために制定されたようなもの。

小学生のときに、数年間家族でこの時期に三浦半島に遊びに行くことがあった。磯遊びをしてお弁当を食べて帰ってくるだけの気もするが、海岸は非日常。あのときの思いがいまの京急ファンのはじまりだろう。
亡くなった鶴見に住んでいた友人も、京急鶴見から三浦半島に親父と海水浴に行ったと話していた。三浦半島に一戸建てを買いたいとも話していたが、借金まみれで車とぶつかって天国(地獄かも)に行った。

実家の楽天ひかりつながる

実家の楽天ひかり(中身はフレッツネクスト)が開通したので設定しにでかけた。
お昼の東海道線はボックスシートに一人ずつくらいの混みぐあい。

ひかり電話も申し込んで、ひかり電話は使えるようになっている。レンタルルーターにLANポートが4つあるので、そこにパソコンを直付け。インターネットもつながり、LANポートにつないだ無線ルーターはブリッジモードにしてつなげる。

ここからが問題。いったんつながったものの、すべて繋がらなくなる。ルーターを見てみるとPPPのランプが消灯。これが点灯していないといけないはず。

結局、工事はひかり電話を開通させただけで、パソコンをつなぐのならルーターにパソコンからアクセスしてログイン情報を入力しないといけないことがわかった。

ONU(回線終末装置)ーレンタルルーター(ひかり電話用)ー無線ルーター(ブリッジモード)

パソコンはレンタルルータのLANポートにつないだ。
古いマンションなのでVDSL接続でMAX100Mbpsでおよそ80Mbps出ていたのでまあまあ。それでもうちの800Mbpsと同じ価格なのはちょっと納得行かない。

それと、ひかり電話の工事料がなんだかんだと上乗せして5000円になるのも気に食わない。
(同番移行手数料、休止手数料、工事手数料などなど)

実家のフレッツひかり工事

工事当日の進捗状況というサイトがあって、うちが何番目か、どこの工事が何時に終わったかわかるようになっている。
調べてみると、9番目で昼になっても一軒も終わっていない。
心配したが、さすがに二度続けての手違いはないだろうからと思っていると、あと15分くらいで行くという連絡があったそうだ。

無事に工事が終わったので、明日実家に設定に行く。

それにしてもあのサイトのいい加減さはひどい。当日の15分前までなんの連絡もなかった。

スーパーホテルのポイント失効

ビジネスホテルチェーンとして評判がいいスーパーホテル。大浴場完備で朝食バイキングを比較的早くはじめた。
公式アプリから予約をすると一泊500円分のポイントがついて、1000円分あったが4月30日になんの延長措置もなく失効。
こうなると、次は違うホテルになるべく泊まろうとしてしまう性格。

掲示板のレベルだけれど、ビジネスホテルに欲しい物に、大浴場、朝食バイキング、電子レンジがあった。
電子レンジもフロント横に一台はほぼあるが、一台では心もとない。一度だけ、部屋に電子レンジがあったホテルがあったが、これはいい。

ビジネスホテルの朝食は無料、支払っても300円~500円程度に人気がある。朝食に1000円以上支払って食べる時代は終わった感がある。

JR鶴見線で巡る緑のスタンプラリー

2021年4月29日(木曜日)~5月9日(日曜日)

文字通り、鶴見線と沿線緑を楽しもうというもので、6箇所のスタンプから3箇所以上押すと記念品がもらえる。
同時にフォトコンテストも行われるので応募してみよう。

横浜市の詳細ページ
https://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/shokai/odekake/midokoro/gny.html

運転免許証の更新と

新型コロナの影響で昨年の鉄砲の一斉検査は中止になった。
今年は平日に個別に受検するようにお達しがあった(5月に一日だけ休日に開催)
運転免許証の更新も一緒にしようと目論む。

前日に電話をすると13時に空いているということで、早めに出頭。検査は10分足らずで終わり、免許証の更新へ。

まずは一台しかない受付機で申請書の作成。免許証を入れると申請書が印刷されて出てくる。昔は免許証の申請書は行政書士に作ってもらうこともあったが、まったく必要なし。

神奈川県の警察署の更新は写真持参で持ち込み写真の免許証になる。
そして視力検査。
問題は5年前に深視力検査をしなかったこと。
中型自動車の限定解除をしているので、深視力検査が必要。
さらに基準も厳しい。

普通自動車免許(中型8トン限定を含む)
両眼で0.7以上、片眼でそれぞれ0.3以上
片眼の視力が0.3未満の場合は、もう片方の眼の視野が左右150度以上で視力は0.7以上。

大型・中型・準中型・けん引・二種
両眼で0.8以上、片方の眼でそれぞれ0.5以上
深視力を3回検査して、平均誤差が2cm以内

那須モータースクールより

免許証の出来上がりが5月31日、ずいぶんかかる。
AGA(男性型脱毛症)の治療前の薄くなった頭の免許証。