伊勢原射撃場に出発

肝心の荷物運びが終わり、あとは銃砲店に弾を買いに行くこと。
弾は500発単位で購入するのが普通で、電車では運べない重さ。
このときだけは車で行かないといけない。

射撃場は朝9時からで、およそ2時間かかることから(東名高速を使えば50分)7時に出発。
保土ヶ谷バイパスって無料だったかな、などとんちんかんなことを考えながら渋滞にはまる。
結局9時過ぎには着いたので射撃場もすいている。

管理棟入り口

2ラウンド撃ったところで時間が迫ってきたのでやめる。
精算するが、あまりに下手すぎてすっかりやる気がなくなった。
仲間もいないし、どうもつまらない…

相模原銃砲火薬店で500発弾を購入してガソリン満タンにして、13時40分に返却。
時間の余裕はあまりなかった。コンパクトエコカーに慣れていたので、ボンゴはずいぶんガソリンを食う。リッター10キロといったところ。

とりあえず、事故もなくミッションもクリアできた。

レンタカーで実家を往復

タイムズカーレンタルにはプレミアム会員の制度があり、前日17時から無料で借りることができる。
つまり、営業時間は朝8時からだとすると、8時から最低時間の6時間借りて14時まで借りる申込をすると、前日の17時から借りられるのでなんと10時間余計に借りることができる。
それなら、夜のうちに東京の実家を往復して、翌朝伊勢原射撃場に出かけて、14時までに横浜に帰ってくればいい。

軽のワゴンを申し込みたかったが、横浜駅のベイクォーターの地下にある営業所にしか車がない。仕方がないので申し込むと数日後に電話がかかってきて、事故で工場入りしているので普通車サイズのボンゴでいいかと言われたが、荷物が載せきれるか心配だったのでうれしい誤算。

1150キロ積載のボンゴ。足下にエンジンがあるので足がイスの下に入れられない。
実家でガラクタを積んで横浜に戻り、せっせと上に運ぶ。ぐったり。
歩いて5分強の一晩330円のタイムズの駐車場、あと3台くらい空車があって良かった。
部屋はガラクタであふれた。これから年末年始、不要品の整理とヤフオク出品。
残念ながらガラクタばかりなので、捨てるか二束三文で落札なので儲からない予定。

出遅れて手に入れられず

相鉄一日乗車証が横浜駅と二俣川駅でそれぞれ5000枚配布された。
横浜は9時30分から配布予定だったが、1時間以上も早く配布されたらしい。
10時過ぎくらいまではあった模様。
京急の時とは違って、わざわざ並んだ人だけが手に入った様子。京急は通りがかりの人ももらう、という感じだったから。

二俣川駅で配ってどうするのだろう。沿線の人たちへのプレゼントなのだろうか。相鉄線を知ってもらうと会社が発表していたが、それなら横浜駅で普段相鉄線を利用しない人たちに配ればいいのに。

相鉄沿線は完全に住宅地を走る鉄道で、観光地は非常に少ない。ただ、横浜から小田急線や厚木方面に行く時のバイパス要素は重要。

既に相鉄線は全線乗ったことが何度もあるので、手に入らなかったのはまあいいとして、小雨降る寒い中歩いて行ったのがちょっと悔しい。

影も形もない

新メニュー塩麹豆腐

水を切った木綿豆腐に塩麹を大さじ1杯くらい両面に塗って冷蔵庫で保存。
2~3日で塩麹豆腐が完成。チーズまではいかないけれど、少し濃厚な豆腐ができる。前回は味噌と混ぜてアボカドの上にのせて焼いたが、今回は砂肝。

トマトソースを作って(トマト缶を煮詰める)大きめで切り込みを入れた砂肝を入れて煮込む。豆腐の上にそれをかけてチーズをのせてグリルへ。(オーブンでももちろんいいが手抜き&省エネ)

砂肝のトマトグラタン

なんともヘルシー。チーズでなんとか濃厚さを出す。
トマトでチーズをかければ何でも食べられる。

サンタのペコちゃん

ペコちゃんがサンタのかっこうになる季節がやってきた。

衣装はオンワード樫山が担当しているらしいが、去年はどうだった思ったので過去の写真と比較した。

今年

鼻の穴は全開

去年2018年

ブーツ?

えりとベルト、毎年違うようです。
次は晴れ着かなあ。

白楽駅前酒場

白楽駅は六角橋商店街の中にある駅で、神奈川大学の最寄り駅であるので活気がある。それは商店街側の改札口で、反対側の改札口は住宅地の入口のような感じで活気が全然違う。
改札外に通路があるので、自由に行き来はできる。

老舗居酒屋が数軒あるようで、債務超過状態を脱出したらぜひ訪れたい。

すしえもん

すしえもん

すごいコスパで人気店。寿司よりもやきとりなどの一般的な居酒屋メニューが主体。

となりには中華パブ、ナターシャ。

老舗らしい
看板主体の写真

スマホレベルのカメラだと、光っている文字が苦手だ。LEDではない幕式の列車の行き先も苦手だ。

店主一代で築いた店らしく、中華料理が食べられるカラオケパブらしい。カラオケパブという時点であまり興味がないので行くことはなさそうだが、おもしろい。

この他に数店、和食の居酒屋や寿司店があって驚いた。
早く債務超過状態を脱出しないとお酒も飲みに行かれない。

渋谷から相鉄線へ

所用で朝っぱらから満員の東海道線に揺られて(品川で乗り換え)渋谷に行き昼前に渋谷駅に戻る。
山手線で帰るのもつまらないので、湘南新宿にでも乗ろうとすると、次の次の電車が海老名行き!
11月30日に開業した相鉄線直通列車が来るなら、乗ってみよう。

やってきたのはJR車両のE233系(埼京線の車両)

E233系7000番台

埼京線からは相鉄線、りんかい線への二系統になった

大崎から湘南新宿ライン(品鶴線)を経由して相鉄線、大崎からりんかい線に乗り入れる二系統に分かれることになった。

この列車は各駅停車だったので、大崎の次は西大井、武蔵小杉と停車し、新駅の羽沢横浜国大駅から相鉄線に乗り入れ、特急海老名行きとして運転する。
JRとの分岐になった西谷が新たに特急停車駅になり、二俣川、大和、終点海老名の順に停車する。

武蔵小杉から東海道貨物線に入り、羽沢横浜国大手前までずっとトンネルの中。
この線は今までも貨物列車のみならず湘南ライナーが毎日運行されている。

相鉄線にはJRのE233系をベースとした車両が走っているのであまり違和感がない。

相鉄11000系(相鉄Webサイトより)

二俣川で降りると向かい側にいずみ野線の列車が停車中。

今や最古車両になった新7000系が面白そうだったので乗車。

今や珍しくなったツーハンドル

一駅でも100キロまで飛ばすこと、いつのまにか保安装置がJR東日本と同じATS-Pになっていたことを発見。

相鉄名物
こちらも相鉄名物

鏡は昔の江ノ電にもあった。顔を写してどうするのか用途不明。他社ではあまり見ない窓が開閉できる自動窓ボタン。

青い空のようにまぶしい
駅前施設

相鉄ライフはジョイナスと同じ相鉄ビルマネジメントが経営する。相鉄線沿線に数店舗展開。スーパーマーケットのLIFEとは関係ない模様。

ひげがない珍しいネコ

二俣川に再び戻ると各駅停車新宿駅と特急横浜行きと待ち合わせ。JR線への乗り入れが開始されると横浜駅が閑散化してしまうと危惧されていたが、今のところ特急横浜行きの方が圧倒的に混雑していた。

武蔵小杉駅に相鉄車両は相鉄線にJR車両より遥かに違和感がある。

相鉄12000系

相鉄線からはこの12000系が乗り入れる。

羽沢横浜国大の隣の駅は鶴見駅で、運賃計算も鶴見駅まで168円。ところがホームなく全列車が停車しないので、武蔵小杉から南武線に乗り換えるか、横浜駅へ出る必要がある。

つまり、羽沢横浜国大→武蔵小杉→(南武線)→川崎→鶴見

または、羽沢横浜国大→武蔵小杉→(湘南新宿ライン)→横浜→(京浜東北線)→鶴見

最低2回の乗り換えが必要で、だいたい45分前後かかる。

まだ2年後だが、相鉄線が新横浜駅に乗り入れ、さらにそこから東急東横線に乗り入れる始まる。どちらも相鉄線なのであまり縁がないが(横浜駅で乗り換えればいいし)鉄道好きとしては非常に面白い出来事。

カツオのたたきをおいしく食べる

カツオのたたきを週に数回食べる。そんなに好きなのかというと、頻繁にスーパーで半額で売られているから。お刺身と違って、次の日でもほぼおいしく食べられる。今は冷凍ではない生のものが出てきた季節でおいしくなった。
戻りがつおが旬だと思われているが、カツオの本来の旬は冬だ、と海原雄山も言っていた。

薬味たっぷりで、といきたいところだが、へたをすると薬味だけでカツオの価格を上回ってしまう(カツオはだいたい500円以下の半額くらい)

最低限、ショウガとニンニクは必要でタマネギもほしい。タマネギは切って水にさらして酢醤油と一緒にカツオと共に食べていたが、タマネギに一手間かけたらおいしくなった。

タマネギにオリーブオイルと酢と塩をまぜた簡易ドレッシングをあらかじめかけて味をつけておく。カツオにだけしょうゆなり酢醤油をつけて、タマネギはそのまま一緒に食べるとおいしくなった。
バランスが悪く、タマネギが残った時にでもおいしく食べられる。
おいしいぼで山岡かカツオの刺身をマヨネーズで食べて漁師が偶然みつけたと言っていたが、たたきの場合でもマヨネーズはまあまああう。
まだまだ飽きずにカツオのたたきを食べる方法を模索しよう。

相鉄一日乗車証配布

相鉄がJRとの相互直通運転を記念して一日乗車証を配布する。

(相鉄Webより)

> 配布は、12月7日(土)9:30から相鉄ジョイナス地下1階ホテル前広場と二俣川駅改札前広場で、各先着5,000枚限定で行います。また、相鉄線沿線の魅力的なスポットを紹介した冊子「相鉄線さんぽ」や、相鉄グループの施設などで利用できるお得なクーポン券も併せて配布します。なお、日ごろから電車やバスをご利用いただいている方を配布の主な対象としているため、交通系ICカード・相鉄線定期券・ジョイナスポイントカードのいずれかを配布会場でご提示が必要となります。

数年前に京急が配布したものと全く同じ。あのときは手の甲に目に見えないスタンプを押して、2回並ばないようにしていた。ICカードを持参しろというのはいわゆる浮浪者などを排除しようとしているのだろう。

昼過ぎにもあるとは思うが、当日はなるべく早く並びに行こう。

相鉄プレスリリース
https://www.sotetsu.co.jp/media/2019/pressrelease/pdf/r19-125-smz.pdf

しんちゃんは還暦

信金のしんちゃん

赤い服装なので還暦だ!と冗談で投稿したところ、コメントがあったので調べるとしんちゃんが生まれたのは昭和34年。この年が生まれ年ならほぼ還暦。しんちゃんとして生まれたのなら65歳前後だろうか。
いずれにしてもずいぶん昔からいるんだ…

大曽根商店街ミートショップイタバシ

東急東横線大倉山駅から綱島駅に向かう綱島街道から一本入ったところに大曽根商店街がある。
かなり地味な商店街だが、活気のあるお店もいくつか見つかる。特に精肉店が店頭で焼き鳥を焼いているお店が何軒もあるのが不思議な感じ。
その中でミートショップイタバシがあったのでビーフメンチ(1つ¥120円)を購入。特にビーフの味はしないけれど、この価格ならまあまあなのかな(歯切れの悪い感想)

あとで調べると鶏肉専門店だったので、焼鳥が主力商品なのかもしれない。また、隣の肉のヤマザキにもメンチがあり(110円)こちらも評判がいいので今度買ってみよう。
冷たい、ソースがないのでうちに帰ってから温めたほうがこれからの季節は良さそう。

大曽根商店街

綱島往復を徒歩で2万歩超えた。
パスタ4袋(500g)、パスタの瓶4つ、レトルトいくつかを綱島から持ち帰る。
さらにローソンお試しで缶ビール12本(ロング缶)を途中で仕入れる。
くったくた。

免許証が届く

郵送で申請した免許証が郵送で届く。
これで今年の資格試験の勉強も終了。
3年間で2勝2敗の五分に持ち込んだ。
来年は何も受験したくない。

第二級陸上特殊無線技士

特殊とついているが、特別という意味ではなく陸上無線技師の下位資格。つまり、特殊がついていない方が偉い。陸上の他に海上があり、航空無線もあるが航空無線には急がなくひとつしかない。
何ができるかというと、一定以下の出力の無線機が業務上取り扱えること。アマチュア無線はアマチュアなので業務で使用することはできず、消防団同士の連絡などでも使用できない。こちらは業務用なので反対に趣味では使用できない。
レーダーも扱えるので、スピード違反を取り締まるレーダーも操作することができる。警察官も二級まで署内の講習で取得することができるらしい。
公衆無線LANの許認可や届け出などの仕事もあるらしいので、直接は使わないがないよりあっった方がいいかなというのが受験のきっかけ。
受験料が5300円くらい、受験対策の本はメルカリで1500円くらいで購入。免許の申請が申請料1750円、往復の普通郵便なので受験のときの交通費を入れても一万円以内で済んだ。