柴又と寅さん記念館

JR常磐線金町駅から歩く

寅さんは江戸川のほとりを歩いて帰ってきたり、歩いて柴又を出て行くシーンがある。
あれは金町駅に行くはずなので、あえて金町駅から行ってみよう。

JR金町駅

道路一本へだてて京成金町駅がある

京成金町駅

元々は人車鉄道であった金町線、寅さん記念館に原寸大模型が展示してある。

人が押した人車

京成本線京成高砂駅で本線から別れて、柴又、京成金町の3駅からなる路線。単線で、中間の柴又ですれ違う。
つまり、金町と京成高砂で列車が同時に出発して、中間の柴又駅ですれ違うということ。

京成金町駅

2010年に京成高砂駅の金町線が高架化して、本線からの直通運転がなくなりすべて折り返し運転の運用に変わった。それ以前は京急線からも金町へ年末年始に臨時列車が運転された。

柴又までは徒歩20分くらいなので、必ず上下線の列車が見られる。

3500形4両編成
3600形4両編成

この編成は6両編成から付随車を抜いてすべてモーター車になったパワフルな編成で、ターボ君とあだ名がついている。
先日は京急線沿線の車両工場で完成した新車を引き取りにやってきた。

今日はこの2編成が折り返し運転される。

歩く道の大半を占める、金町浄水場。

刑務所のよう

数年前からセキュリティ上の理由で見学を受け付けていない(社会科見学はやっているかも)

今でも目の前の江戸川から取水しているが、高度成長時代に江戸川は汚れて、水道水もカビ臭などひどく、当時の厚生省が発足した「おいしい水研究会」で日本一まずい水と評された。
その後、高度ろ過装置など日本技術の粋を集めておいしい水道水が作られるようになった。

ひたすらまっすぐ、線路沿いを歩くと柴又に到着。

ここも男はつらいよによく出てくる
灼熱の参道
川魚料理店は変わっていない
経栄山題経寺
経栄山題経寺 (日蓮宗)
源ちゃんがついていた鐘
本堂
灯籠がなくなっている
ここもよく登場

寅さん記念館

自治体である葛飾区が経営、少し珍しい。

寅さん記念館
入り口
とらや、のちのくるまや

松竹大船撮影所が閉鎖されることになって、ここに移動された、とらや(くるまや)のセット。

最新の値段だろうか
男はつらいよ、私の寅さんより
このイスは見覚えがある
おなじみのお茶の間
勢揃い
とらや

記憶の限り、この作業場のシーンはない。職人さんがいる設定の作品はあった。

とらや模型
裏の工場

印刷機も展示してある。

架空鉄道

実際は柴又~金町を人が押して動かす人車鉄道の帝釈人車鉄道が起源で、1897年開通。その後、後の国鉄の日本鉄道の金町と京成電気軌道の高砂を結ぶ鉄道に譲渡された。

映画に登場した小道具も展示。

みんな見覚えがある
かばんの中身を公開

昔は旅に時計を持っていったっけ。小さいトラベルウオッチというものもあった。

となりの建物が山田洋次ミュージアム

撮影機器など展示

今までの作品の予告編も見られる。山田洋次監督は東大法学部卒。すごいインテリ。
ぼくの作品の主人公は高学歴や権力者はひとりもいない、とあった。

このまま金町から帰るので、柴又駅へ。

寅さんとさくら
工事中で残念な感じ

駅前の店舗が取り壊しになっていて、吉田類の酒場放浪記に出てきたお店も移転していた。

柴又駅
1987年改築
柴又駅自動改札
改札口が狭い

大正末期に建てられた山本亭

カメラの部品メーカーを経営していた山本氏の邸宅。一階部分は120坪で和洋折衷の建築。

掘りごたつ
超立派な庭園

古民家や古い家は好きだ。泊まってみたい。

一通り見学して江戸川へ

埼玉方面
東京湾方面
整備されているのがわかる

どっぷり寅さんの世界に浸った一日。
涼しくなったらまた来よう。

大口一番街チャリティー縁日

せっかくなので20年以上使っているSEIKOのダイバーウオッチもオーバーホールに出すことにした。近所の商店街、大口一番街の山田時計店に足を踏み入れる。感じのいい主人に相談して、出すことに。

今晩、縁日がでるので券をあげましょう、ほんの気持ちと…250円分。
これでまたあとで来なくてはいけなくなった。

神社の狛犬にもセミの抜け殻。この写真に3つ抜け殻が写っている。

ぬけがら3つ、見つかるか

縁日は1700~2030なので、残り物が安くなっているのではとセコい考えで1930頃出かける。

結構な人だかり

商店街が出しているお店、フリーマーケットも数店出ていた。既に売り切って飲み会になっている場所も多い。

250円…買うものないなあ。

揚げ餃子4個200円が150円にディスカウント、2パック買って家で食べよう、これでいい。
50円がなかったので、250円分と100円玉を出すとおばさん二人は混乱。おつり50円だって!

もそっと揚がっていて餃子そのものも冷凍餃子の安いやつ。かなりがっかりな味。

月末には大口商店街の方で縁日がある。

パスポートの期限がやってくる

パスポートの期限が来年1月にやってくる。まだまだ先と思いきや、国によってはパスポートの残りが半年以上ないと入国できない国がたくさんある。
アジアはほとんど半年以上残っていないとだめで、このパスポートではもう行かれないことになる。
パスポートの更新は1年前からできるが、発給された日から5年または10年なので、前のパスポートは実質9年しか使えないことになる。それでも、半年前には更新した方がいいので、実質4年半または9年半。
新橋の駅ビルの金券ショップに、パスポート申請セットとセットになった収入印紙が売っていた。100円か200円くらいやすいだけだったような。

神奈川県収入証紙2000円と収入印紙14000円の合計16000円かかる(10年の場合)
免許の更新、パスポートの更新、資格の更新、旅行業の更新、更新にはずいぶんお金がかかる。

寅さんのパスポート

パスポート
極東ツーリストのイッセー尾形

「笑ってる写真ていうのは珍しいなあ、よくこれで通ったなあ」と言っていたが、それ以前に脱帽した写真でないとだめ。

寅さん記念館にも展示してあった

左下

なぜか上海

ふとYoutubeで見つけた、井上陽水の曲。
その名も、なぜか上海。

今から20年くらい前まで、横浜港から上海へフェリーが就航していて、海から上海に行くことができた。今でも貨物船はたくさん就航しているだろう。

上海、香港、昔から日本人が哀愁を感じるところ。
釜山もそんな港町だったのにな。

ギター、編曲は高中正義らしい。
1979年の曲。

自衛隊観艦式の申込はじまる

4年ぶりに行われる観艦式、横浜、横須賀、千葉の会場で詳しくは当選しないとわからないようになっている。
申込は2枚までで、顔認証システムを利用するために申込時に顔写真ファイルが必要。同伴者の写真はいらない。

詳しく載っていないのでよくわからないが、受付が5:00~6:30とあって、出港が7:00。
当然、朝なのかもしれない。

観艦式申込ページ
https://kankanshiki2019koubo.jp/top/index

かつて住んでいた市原へ

今から15年以上前に住んでいた市原市。千葉駅から内房線で20分弱とそれほど遠くはないのだけれど、千葉から先というのはやっぱり遠いイメージ。

八幡宿駅

千葉駅からは4駅目と近い。関東では横浜市に次ぐ広さの市原市、東側は勝浦市とも接する。
偉い歯科医の先生に歯石を取ってもらうために定期的にやってくる。帰りははじめてのスーパー行脚、ベイシアに行く。ベイシアは住んでいる時にはなかった。

市原八幡店

群馬県に本社があり、神奈川と東京には一店舗ずつしかない。かなり広い店内、広い分品揃えは良さそうだが、それほど安くはない。

入浴剤

特に買うものもなく、灼熱の中ふたたび八幡宿まで徒歩10分弱。
千葉駅のリニューアルもわかって、いい気分転換になった。

猛暑が続くなか

ここ数年エアコンをつけていない。理由は、一度つけると消せなくなるから。
その代わり、扇風機は24時間フル稼働。パソコンのCPUも自動車もファンで風を送ることでなんとかなっている。扇風機は使い方によっては体が冷えすぎるくらい効果がある。
扇風機と、シャワー。朝起きると汗をかいているのがわかることと、髪の毛を直すことを兼ねてシャワーを浴びる。外出して帰っても当然シャワーを浴びる。
エアコンをつけないと、暑さに負けない体になる気がする。ビールはやっぱりおいしい。
寒がりであるとか、エアコンが嫌いというわけではないのだけれど、エアコンをつけない生活にもすっかり慣れた。

パネチキン

韓国語でパネはバゲット(パン)だから、パンとチキン。そしてトマトソース、チーズから構成されていて、チーズを全体にかけることもあるそうだ。

チェーンの居酒屋のパネチキン

店員が別で熱したチーズをパンの中に入れる。下にはトマトソースがしいてあり、から揚げをチーズにつけながら食べる。
特に新鮮な驚きもなく、まずいはずもない。
カセットコンロの上にのせてあるので、温めることはできるものの、チーズは温められない。
味は想像通りだし、1490円(税別)の価値はないような。
チーズをびよ~んとさせて撮影することに価値があるのかも。

夏の旅行で達成すること

8月の終わりから9月にかけて、個人的に旅行に行く。
LCCを使って北海道に渡り、レンタカーで道東などを回り、フェリーで名古屋に出る。
名古屋から滋賀の京阪京津線に乗って、その日のうちに岡山に行く。
岡山で二泊して、岡山電気軌道の路面電車に乗る。
帰りは青春18きっぷで豊橋で途中下車し、豊橋電鉄市内電車に乗る。
この3つの路面電車に乗ることで、全国の路面電車をすべて乗ったことになる。
全国路面電車の次は、全国の地下鉄を制覇する(かも)

地下鉄の残りは、仙台市営地下鉄、大阪市営地下鉄(全線は乗っていない)、神戸市営地下鉄。大阪市営地下鉄もなんとか一日ですべて乗れそう。名古屋よりきつく、東京メトロほどではないので、今度の冬に挑戦か。

またもトカゲくんに出会う

住宅街の草むらからトカゲくんがでてきた。

よく見るやつ

facebookでカナヘビくんでは?というご指摘があったので調べてみると。

カナヘビ

https://lowch.com/archives/12229 より)

結局答えは、ヒガシニホントカゲというニホントカゲの一種なのだけれど、カナヘビよりヘビに似ている感じ。
トカゲはウロコに光沢があるのが特徴だそうだ。
数日前に公園でトカゲの幼体を見つけたが、しっぽが青かった。

どこかで卵を産んでどこかでトカゲの子がわさわさかえって、育っているだなあ。

子安浜をブラブラ

こちら側からあまり見ない自宅、東横インのある街。

稼働率低め(たぶん)の東横イン横浜新子安駅前(駅前ではあるが、改札は遠い)

この反対側に子安浜が広がる。昭和のはじめにコンビナートのための埋め立てを容認して、ほとんどの漁師たちは陸に上がったらしい。それまでは海水浴場があって、シャコは江戸前の高級品として高値で取引された。

ここから右が子安浜
新子安駅方向をのぞむ
今でも数人のアナゴ漁師がいるらしい
定食たちばな

右奥にちらっと見えている屋形船の中でランチが食べられるようになっている。天丼が500円、高くても650円とリーズナブルな品揃え。

右は首都高

子安浜の入り口までは新子安駅から徒歩10分くらい、すべて歩くと神奈川新町駅の手前当たりで、20分かからないくらい。
運河にはボラやタイのような魚がゆったりと泳いでいる。これといって目玉はないものの、古い横浜の風景が味わえる場所。

みんなで花火鑑賞

ほぼ去年と同じメンバーで、新横浜花火大会の鑑賞。
花火は19時30分からで、19時前には来てもらってまずは乾杯。
花火はきっかり30分で終わって、そのあとのおしゃべりで盛り上がって、解散したのが23時過ぎ。
常連になりつつあるK子ちゃん(けいこではない)

若いって素晴らしい

花火は微妙に遠い。

でも高みの見物

鶏肉とカシューナッツとズッキーニの炒めが好評だった。