WordPressの画像

このブログはWordpressを使っているが、いままで画像はいちど画像編集ソフトで小さくしてからアップロードしていた。
ところが、そのままアップロードしても圧縮されるようで、いろいろ実験してみると、かなり小さいファイルになって投稿されるのがわかった。
自分で圧縮するより小さいのだが、こだわりがなければこれでもいいかもしれない。

フルサイズ 425KB
1920×1440 268KB
1920×1440の50% 190KB

あまり大差がないような…

指定方向外進行禁止

青い標識の規制標識といわれるもので、文字通り矢印の方向にしか進んではいけない。

下は、追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止

下の標識は追い越し禁止と書いていなければ、追い越しのための右側部分はみ出し通行禁止。はみ出さなければ、追い越しをしてもよい。

実際の地図はこんな感じ。

バツの道には行かれない(行かれなくはないが、行けば違反になる)

こんな標識は序の口で、面白い標識を集めている人がいた。

twitterより

足立区千住が最強かも。

事業再構築補助金

>新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

旅行業に見切りをつけて新事業を始めよう、は事業転換にあたる。支援を受けるにはいろいろと条件があり、審査がある。
この二週間くらいで新規事業を考える。

事業再構築補助金
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

貫通路がある京急1000形1800番台

京急1000形として15代目で、初の貫通路がついた車両。
といっても、先頭車同士連結するときは必ず貫通路を使うわけでなく、貫通路を使っているのをまだ見たことがない。

神奈川新町駅近く

貫通路や連結については私鉄各社でいろいろな考え方があるようで、京急のように原則貫通路を使わないとか、貫通路を使わないときでも必ず車掌か運転士が対応できるようにするとか。

どこかの会社のように、2両+2両+4両で8両にしたとき、貫通路がないと真ん中の2両編成は車掌も運転士も行くことができない。運転中に運転士が行くことはできないので、その意味では先頭車両も停車中しか運転士が対応できないのだが。

次の京急の新車は貫通路に加えて、ロングシートとクロスシートが変換できる、トイレが付いているイベント利用を考えられた車両。いくら大師線でも、トイレがない車両でビアホール電車をやったのは無茶な気がする。

魚魚鮮

建物は二つ

ビッグヨーサン鶴見店。惣菜と魚は別建物で、魚魚鮮(ととせん)。
43と通常店舗も東神奈川店くらいのかなりの広さ。

魚魚鮮では天然ぶりのお刺身の柵が500円、魅力的だったのはシメ鯖用の鯖(シメ鯖は鯖に決まっているが)398円や780円のものもあったが、いずれにしても生食できる鯖は魅力的。

当然、肉類は東神奈川店と似たラインナップ。
どこかで鯖を手に入れたい。

寅さん記念館、再び

葛飾柴又にある記念館。

反対側は区の施設

展示物

「くるまや」セット
「くるまや」ミニチュア模型
「朝日印刷所」セット
思い出に残るなつかしの駅舎
生まれも育ちも葛飾柴又コーナー
帝釈人車鉄道への旅
作品資料展示コーナー など

ナレーションやセリフ、模型が動く。時代別に6セットある。

くるまや、なので少し新し目。最初は、とらやだから。

男はつらいよ第38作知床旅情より

とらや、くるまやには小上がりはないのに。

38作より高い価格なので、それ以降に使われたものだろうか。

映画ではほとんど撮影されなかった、厨房・だんご製作所。
おばちゃんがここからお茶やだんごを運んでくる。

38作ではステンレスらしき流しに変わっている。

男はつらいよ(第1作)

第1作まで戻ったが、タイルの流しの設定はなかった。

泊まってみたい座敷

スクリーンがあるところに仏間があるはず。

車家模型

柴又駅再現

バス路線が混ざる

人車は入れるが動かない。左の模型は動いているのを見たことがない。

寅さんが愛した鈍行列車のコーナー

愛したというより、お金がないから鈍行だったのではなかろうか。

手前2つが7分、奥が3分くらいの名場面が流れる。

鉄道旅といえばお酒でしょう

オハ35は戦後を代表する客車で、2000番台は電気式暖房を設置した車両。

Wekipediaより
モンチッチは企画で、もちろん入っていない
クリックで拡大
寅さんがインテリになろうとかけたメガネ

この他に寅さんが身につけていた時計は、SEIKOの初代ダイバーズウオッチで復元されて発売された。

52万8000円。けっこういいお値段。

全体の展示を見ると、やはりとらや、くるまやのセットが趣深い。

いったん外に出ると、山田洋次ミュージアムの入口がある。

題経寺は16時で閉門するので、門前町もその頃には閉店してしまう。

つきあたりに喫茶店ロークがあった

あらためて旅がしたくなった。

高校時代からの友人

久しぶりにうちにやってきた。彼とはだいたい1年に一度くらいしか会わないのだけれど、なんとなく会う機会ができる。
高校時代の集合写真を見て、名前を言い当てるが、二人で考えてもどうしても思い出せないクラスメートが、男子数名、女子数名。
いまどうしているかわかるのがほんの数名、他の人たちはどうしているのだろう。
子どもがいる人は成人している頃。

悪い意味で、ぼくはクラスメートに忘れられていない自信がある。

もちろんカラー

GOTOトラベル再開かなり延期

GOTOトラベルをやめても感染者は減らなかった、GOTOイートの方が問題だと思うが、確かな証拠(最近はエビデンスなどという)はないのでそこを議論するのは難しいとして、大半の意見はいまは再開すべきではないとか、特定の業種だけ優遇するのはおかしいという妬みの意見。

成田空港に行ってみると、空港内の店舗はほぼすべて休業している。ここに働いている人たちは数千人単位であることは簡単にわかる。空港全体では43000人もの人が働いていて、LCCなどは就航しているのですべての人が失業はしていないが、かなりの人数が失業状態のはず。
特定の業種といっても、こうして旅行に派生して空港内の飲食店、タクシー、バス、そこに食材を卸している会社、何から何まで影響を受けている。
旅行業に携わるものとして、想像以上に影響を受ける人たちがいることも気がついた。

頭の悪い人、視野の狭い人には、旅行者がいなくなると影響をうけるといえば、旅行会社・交通機関・宿泊機関、土産物店くらいしか考えられないのだろう。
知り合いの人が言っていたが、頭の悪い人が多いことがわかったと。
愚かな意見をネット上に自慢気に言っている人も多い。うわべだけのテレビのコメンテーターの意見と同じなのに。

楽天ひかり(フレッツネクスト)開通工事

楽天ひかりの工事日がやってきた。当日にならないと午後の時間はわからないが、進捗状況はWebサイトでわかるようになっている。

やってきたのは午後3時頃。今までのauひかりはVDSL方式で、電話線を使ってマンション内を通信していたので、電話の差し込みの一つが利用できた。
ところが、今度は光ケーブルで直に通信するので、玄関側にしか引き込めないらしい。今まで違い、居間に引き込まれることになった。

玄関の横のメーターボックス(外)を開けるとそこまではファイバーがやってきていて、そこに何か作業をして部屋に引き込むようだ。引き込んだ光ファイバーケーブルにONUという終末装置、モデムのようなものがレンタルされて、そこにルーターをつなげる。

IPV6接続という最新の接続スタイルが利用できるのだが、設定が必要でそのままでは使えない。最新のルーターは設定がいらないようだが。

早速スピードテストをしてみると、有線LANを使用したパソコンでは、下りなんと800Mbps超えとはすごい。今まではマックスが100Mbpsで実測50~70Mbpsくらいなので、ざっと10倍。
Youtubeはバーをどこに持っていっても一瞬で再生。radikoは再生をクリックと同時に再生。
快適だ。

料金は1年間無料(一ヶ月3800円)なものの、3年契約で更新月の一ヶ月以外は9500円の違約金、工事料は15000円かかった。
auひかりの引き止め工作が12000円割引(1年間)だったので、

一ヶ月3800×12ヶ月無料=45600(税抜だったと思う)割引

45600-9500(更新月以外の解約なら)-15000(工事費は逃れられない)-12000(auひかり引き止め工作)=9100円お得

これくらいの小さなお得になってしまったが、速度が10倍になったのが大きい。勢いで光電話を解約したことで年間13000円程度安くなった。
IPV6対応ルーターが3500円くらいかかった。

あとは実家の楽天ひかりの工事が終われば、春のサブスクリプション解消祭りが一段落つく。

楽天モバイルで着信拒否

受けたくない電話番号がある場合、着信拒否をしたい。
無料通話にするためのアプリ、rakuten linkでは着信拒否はできない(公式アナウンス)

仕方がないので、100%保証はできないが、Google本来に入っている電話アプリに着信ブロックがあるのでそこで指定してみる。
番号を入力すると、rakuten linkからかけた電話は拒否できなかった。
Googleアプリで拒否しても拒否できない模様。
結局いまのところ、着信拒否はできないという結論になってしまった。

VISIT MINATO 応援キャンペーン

東京、港区内の加盟店でLINE PAYを利用して支払いをすると、50%還元。上限5000円。つまり、最高10000円の買い物をして5000円還元される。
ホテルやレストランなどラインナップされているが、特筆は東海汽船が入っていること。

東海汽船の窓口で乗船券の支払いをすると、50%還元ということ。
さるさるきっぷ(さるびあ丸で往復するから)は大島~神津島まで往復で1万円だったから、ちょうどよかった。このきっぷはあと数日で終わってしまうので利用できないが、ジェット船で大島を往復してもいい。
ただ、インターネット割引などはクレジットカード決済なので、なんらかの割引を適用して当日窓口支払に行くか、予め出向いて購入しないといけない。

VISIT MINATO 応援キャンペーン
https://www.city.minato.tokyo.jp/shoukoukankou/event/visit-minato.html

みずほデビットカード解約

みずほ銀行のポイントプログラムでは持っているだけではだめで、利用があった月の判定材料になるが、まったくメリットがないため解約。
以前は来店しなければいけないということだったが、さすがに電話による解約ができるようになった。
年会費は1100円で、年に一度でも利用すれば無料になるが、過去に他のクレジットカードで一度も利用せず年会費が落とされたことがあったので、管理するのも面倒なので解約。
みずほ銀行は一定の取引がないと、みずほ銀行同士の振り込みでも無料にならない数少ない銀行なので、しばらくメインになることはなさそう。