妙蓮寺界隈を初歩き

ちょっと地味な妙蓮寺駅。となりの菊名駅はJR横浜線と接続、特急列車も停車する(Strainは停車しないが)
この妙蓮寺駅から反町駅まで、優等列車は神奈川区内の駅をすべて通過する(横浜駅は西区)
妙蓮寺の境内を東横線が通過したいと、東急が要望すると駅名にすることを条件に承諾したらしい。開業当時は妙蓮寺前だが、昭和6年に妙蓮寺駅に改称した。

妙蓮寺から白楽、東白楽と歩いて東神奈川駅経由で帰る。

おしゃれな東横線沿線の、よろずや。食品と雑貨を扱っている。

信金のしんちゃん

相変わらず正月価格でものが高い。つまらない。

白菜は内側から使おう

内側から食べる

白菜の生長点は内側にあって、収穫されたあとも外側の葉から内側に栄養分(糖類)が運ばれるため、中心部から食べると外側の葉の味が落ちないらしい。
豚肉と炒めて、中華スープやオイスターソースと煮込んで片栗でとじるだけでおいしい。
そろそろ、漬物に再挑戦の予定。

スマホ端末申し込み

umidigiというマイナー会社の端末を使っていると、楽天モバイルとの相性が悪い。
さすがに着信ができないのは不便なので、端末をなんとか安く手に入れることにした。
楽天モバイルは新規だけしかキャンペーンをしていないので、除外。
やはり端末だけとなると、福袋に入っていた機種をメルカリ等で買うのが一番安い。
さんざん見たが、それよりも安くなることを発見。

自由テキスト

ビッグローブでキャンペーン対象機種を購入。ポイントは翌月もらえるので、その後解約。
解約には違約金がとられるが、1100円なので大したことがない。

新規手数料3700円くらい、SIM発行手数料500円くらい、機種代金とポイント還元がほぼ同額、一ヶ月の利用料1000円弱。
総額7000円程度で20000円の機種が手に入った(まだ届いていないが)

新規でもMNPでも対象だが、今回は先日申し込んだauの廉価回線のpovoからMNPすることにした。
転出手数料は無料、解約料も無料なのでauに支払うものはない。
2ヶ月経ったらまたMNPしてもいいし、また新たにpovoを申し込んでもいい。

食べたかった豚角煮

塊肉を圧力鍋で20分程度茹でたら、切って味付けをして再び圧力を10分程度かけたら、煮汁を煮詰める。
今回はヘルシーに肩ロース肉を使ったら、なかなか歯ごたえのある角煮になってしまた。
やっぱり角煮は脂身がおいしいだろうか。玉子も昔から好きなのでたくさん入れた。

味付けはあっさり

日本晴れの元日

2022年元旦
榛名山が見える(たぶん)

1月1日を元日といい、元日の朝を元旦という。漢字を見ても日が昇っている。
元旦はお休みという店が多いが、午後から営業するのだろうかと毎年思う。
元旦からという使い方は、朝からという意味になるので結果的に誤りが少ないが、元旦はと限定すると誤用になることが多い。元旦の夕食などはもってのほか。
ただ、近年では使い分けることが減って混用している人が多いらしい。

大晦日に氷川丸

入館券が1枚(2名まで入館可能)余っていたので、山下公園を目指す。日本郵政歴史博物館はすでに休館している(1月31日まで臨時休館)

出かけようとふと外を見ると、雪が舞っている。

今日の目的のもう一つは、スーパーを回ること。元日休みのお店は特に面白い。
山下公園に行く前に既に二軒、結構な量のものを買ってしまった。お正月に関係のあるもの、ないものいろいろ。特に12月31日に関係なくいつものように半額になったもののほうが多いか。

氷川丸

山下公園のシンボルともいえる氷川丸。昭和5年(1930年竣工)された外国客船で、シアトル定期航路、戦時中は病院船として南方に渡った。

船内は順路があるが、三等客室や最深部の機関室などは密になるためか、公開中止になっている。

一等食堂

毎夜フランス料理のフルコースが提供される。三等客向けの食堂では、秋刀魚の塩焼きなど庶民の食事が提供されたらしい。

一等喫煙室
上等なお酒やタバコ(葉巻だろうか)を楽しんだ。

一等客室

寿美花代さんは宝塚歌劇団アメリカ公演で、氷川丸の一等客室に乗船したらしい。

ここで、当時(昭和12年)の運賃を調べた。

1等250ドル、2等ツーリスト級130ドル、3等は食事で変わり、洋食95ドル、華食75ドル、和食60ドル。
1ドル360円の時代なので、それぞれ9万円、46800円、34200円、27000円、21600円。
貨幣価値を知る目安として、公務員の初任給75円、米10キロが3円弱くらいだそうなので、
公務員の給料の1200ヶ月分(それも片道)

2億4000万円くらい…

3等は庶民向けといっても、およそ5800万円。
いまなら飛行機で58万円もかからない。

こちらは現役で稼働

チーク材を用いた甲板。補修はミャンマー産らしい。

機関室も一部公開
氷川丸の航跡

一部展示物もある

甲板の椅子くらいしか座れる場所がないので、ゆっくりできない。昔は甲板でビアガーデンをしたり、結婚式ができたりした。

堀江由衣ちゃんのジャケットにも氷川丸が登場。

マリーンシャトルは引退している

ここからシーバスで赤レンガ倉庫、みなとみらい、横浜駅まで行くことができる。一日乗車券を手に入れたので、来年一日中乗船して見る予定。

角煮が食べたいので石川町駅のスーパーで塊肉を買う。地元スーパーでは、塩数の子、シマホッケ干物、秋田牛の小さな塊を半額で購入。もう少しあとにもう一度くれば、かなりのものが半額で買えそうだが、まあいい。

来年の夏

青森ねぶた祭、五所川原立佞武多(たちねぶた)など回るツアーを久しぶりに作ろうと思う。青森は竜飛岬、恐山、大間など青森ざんまい。鉄道好きのツアーもつくりたい。
さすがにその頃には新型コロナも収束している予定。

青森ねぶた

大納会と思いきや

株式市場の大納会と思っていたら、2008年から30日の終日に変わっていた。何をするわけではないが、外に出る気持ちにならず。

IPOの当選などでトータルでは含み益があるが、塩漬けされてしまったものもあり、来年はどうなることやら…

四国に荷物を送る

facebookで友だちになった年上の女性。セブ(正確には違うが)に子どもを残して、日本で働いている。
フィリピンの学生に奨学金を出していて、人望も厚い。
もともと父がもらってきたハンドバッグやワイシャツ、ドレスなどほしいと言ってくれたので送ることにした。
小麦粉1キロ4袋や余剰になっている食品も同梱。

徳を積んでいる人なので、彼女に親切にするということは徳を積むことになるだろうと。
ゆうパックが高い…100サイズだと持ち込み割引120円を引いても1440円。手持ちの年賀切手で支払う。

忘年会終わる

寒い一日だったが、普段入れない暖房を入れて、普段切ってある便座も暖かくする。
キムチ鍋はまあまあおいしくできて、もつ煮は絶品とほめられた。
人と会うと、その人の人生が見えてきて、こういう人生もあるんだなといつも思う。
0時過ぎに最後の人が帰り、片付けて少し飲み直すと横になるのが2時過ぎてしまった。

寒いのと興奮した状態で寝付けない。うとうとするとおしっこがしたくて目が覚める。
今度は体が温まって、背中がかゆい。乾燥だろうか。
うとうとしては目が覚めて朝になったが、かゆみはおさまっていたので、乾燥ではなく神経性だろうか。

人と会って話をしないとだめだな、いつもこれも思う。

クリスマスの横浜

日本郵船歴史博物館と氷川丸の入館券の期限が年内。
博物館は26日(日)で年内の営業終了。
仕方がないのでクリスマス真っ只中の土曜日の横浜へ。
横浜というのは横浜駅を指すか、山下公園・中華街界隈を指す(と決めている)

日本郵政歴史博物館は館内撮影禁止

おまけに感染拡大防止で渡されたビニール手袋をするので、手が蒸れる。何度も来ているので目新しいものもなく、展示物も昭和初期のものが大半なので飽きてしまう。

シアトル航路のことや氷川丸など、日本郵船の歴史が紹介されている。

https://museum.nyk.com/

氷川丸を目指す。山下公園は面白いくらい若いカップルだらけ。家族連れは意外に少ない。

重要文化財

行列ができていて、ときどき入場制限をしている(感染拡大防止)
バリアフリーではないので、ベビーカーでは入場できないが子連れはいる。はっきりいって氷川丸は子どもにはまったく面白くない。

山下公園

ガンダム(と書いてある)が見えた。
興味もないのでなんだかよくわからない。

ガンダムのようなもの

入場するには大人1650円もするらしい。

https://gundam-factory.net/

ちょっと動いてた、煙吐いてた。
ここからなら300円で見られる。

レストラン船マリーンシャトルと横浜駅と山下公園を結ぶシーバス

マリーンルージュ
シーバス

中華街を抜けて帰る頃に、にわか雨に遭う。雨雲レーダーを見ると、横浜駅から半径5キロ圏内くらい。
山口美江さんがやっていたお店があったテナントビルで少し雨宿りをしたが、レーダーでは1時間近く雨雲は去らないようなので諦めて駅へ急ぐ。
例年のクリスマスよりは人手は少ないだろうが、コロナ前に近づきつつある印象。