日向岬馬ヶ背から延岡へ

道の駅つの

都農市
あまり大きくない
買いたいけどバッグの重さが…
早生みかんたくさん350円くらい
どこでも売っていた
シマアラレミクリガイ塩ゆで450円

解凍でなければ買った。

楽天より
>「よだれミナ」とはミクリ貝の一種で川南町は昔から食べられている貝です。 粘液の糸を引くところから「よだれミナ」と呼ばれていますが、非常に美味で食べだしたら止まらなくほどです。おすすめの食べ方は、塩ゆでした後ポン酢醤油と和えて食すると最高です。

千葉のナガラミや東京諸島のシッタカ(貝)など小さな貝を昔から食べている。

道の駅には必ず立ち寄る

宮崎らしい風景

えばってなんだろう。
宮崎ではヒラアジ系の幼魚をえばというらしい。
メッキアジとかロウニンアジなど。ロウニンアジは2メートル近くなるらしい。シマアジのようなものだな。シイラは標準名で広島ではマンサクだった。
切りだし、は切り落としと同じ、ウルメイワシおびき、皮引きのことだろう。

あげみ

定置網や底引き網漁で大きな魚や価値あるものは市場に卸し、小さな魚などを家庭ですり身にして揚げた家庭料理らしい。この50年くらいで商品化されたようだ。

平兵衛酢と書く
日向市原産

江戸時代末期に富高村西川内の長曾我部平兵衛(ちょうそかべ へいべえ)が山中で自生するヘベスを発見して自宅庭先で栽培したことが始まり(Wikipediaより)
かぼすとか、すだちなどと似ていて同時に比べればわかるだろうが、覚えられない。
焼酎と炭酸水で割るとおいしかった(横浜で飲んだ)

岩が十字架(クルス)のように見えるから、願いが叶うとされている。
陸からは十字に見えなそう。

十字架のはず
あの鐘を鳴らしたのはわたし
天才歌人の名前

樹は妙に草うるはしき青の国 日向は夏の香にかをるかな
日向市では青の国大賞を創設して地域貢献などに寄与した人を表彰している。

青の国大賞について
https://www.hyugacity.jp/sp/display.php?cont=220202193157

日向市に生家があり、そのとき愛したふたつのもの、牧はまき母の名前、水は谷や雨などからとった。早稲田大学に進学し新聞社を経て歌人になる。毎日朝二合、昼二合、晩四合飲むくらい酒好きで、43歳で肝硬変で亡くなっている。鉄道旅も愛し、随筆もあるそうなので読んでみよう。

駐車場
徒歩10分くらい
こういう道を進む
70メートルの柱状岩、馬ヶ背
さらに先がある

ねー見て、あの岩がってキンシオが説明していそう。

昭和レトロなホテルに宿泊
地域クーポン券を旅行会社の依頼で発行してくれたありがたいホテル。
かわいい柴犬がいた。

延岡駅が目の前

今夜のおつまみ

有明産くらげの刺し身、ピーナッツ豆腐、きびなご南蛮漬け、地鶏のたたき(すごくおいしい)
宮崎限定霧島20度のお湯割り

霧島酒造より

おいしくて飲みすぎて、このあと真夜中にご気分を害することをいまは知らない。

宮崎周遊ツアー

全国旅行支援を利用したツアーで宮崎県へ。

日曜日と全国旅行支援で大混雑。宮崎空港発の便はすべて満席とアナウンスされていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮崎空港はJR宮崎空港駅と直結して、さらに宮崎空港~宮崎間は特急料金なしで特急列車に乗車できる特例区間。

直前まで改札をしてくれないので、せまい改札口に人があふれる。

787系

1号車グリーン席、2号車指定席、3~5号車自由席。
狙い目は3号車。

足元が異常に広い

3号車は元ビュッフェだった車両なので、荷物棚がない。その代わりか足元が非常に広く、グリーン席より広い。

天井は間接照明

となりのコンパートメント席もなんと自由席。

にちりんシーガイアは博多~宮崎を通しで走る特急列車で、一日一往復。そして、JR在来線最長距離を走る特急列車。1618宮崎発、2203博多着。413.1Kmを走る。

途中の南宮崎で列車の交換を行うので18分かかり宮崎駅へ。

宮崎駅周辺でもICカードが使えるようになっていた。

2015年より6駅程度使用可能

ホテルまでは徒歩19分だが、地域クーポンを配布してくれた数少ないホテルなので仕方がない。

途中の営業所で日野RJ発見。
P-RJ172BA
1987年式らしい。今年で35年。

旅の準備

旅の準備で荷物を作る。もともといらないものを削って、軽い荷物を作ることを目標にしているが、今回はLCCであるピーチを利用。第一ターミナルの国内線のりばから出発するので、ピーチの係員が通路の前に立っていて、荷物の計測を行う。機内持ち込み荷物は2個までで総合計7キロまで。キャリーケースだとそれだけで3キロ近く、行きはいいが帰りはかなり厳しい。それでリュックにしたという経緯がある。
電池式の測りで4.5キロ。余裕だが、母のオーバー分がやってくる予定。デジタル一眼レフカメラのバッテリーを2個(1個は内蔵)持って、充電器は置いていく。以前の一眼レフは単3電池4本、充電器も持っていっていたのでかなり重かった。カメラ自体も重く、すっかり嫌になってしまい今の形態になった。

ピーチの出発は1305なのに、うちの最寄り駅を927発に乗らないといけない。
飛行機は待つ時間が長く、ラウンジに行こうとすると更に時間を要する。
それでも宮崎は飛行機で行く以外はどうやっても10時間近くかかるので仕方がない。

怒涛の支払い

外務員のとってきた仕事の支払いが一気にやってきた。
覚悟はしていたので、無料で振込できる回数をあらかじめ確保してあった。
それでも20件以上の振込で、ギリギリ。
経理の仕事など、こうして一日に何件も振込をしているのだろう。注意したつもりでも、請求書がPDFで2ページに渡っていてはじめの金額だけ振り込んでしまったり、ミスもあった。注意をしてもミスはでるもので、どうしたものか…

学校団体なので補助金の関係で後払いがほとんどで、結構な金額の立替が発生した。
珍しく仕事をした感じ。

焼酎そそぎ放題

秘密兵器を買った。

Amazonでナンバーワンに売れているものは2000円くらいで、今回購入したのは1000円ちょっと。違いはスプリンが入っているかいないかで、写真のように下がった状態がデフォルト。手で上にあげて、下げると出る。シャンプーのように自動で上に戻らない。
一度に60ccだったか。
勢いよく下げるとはねるくらい出る。
そっと引いて、そっと下ろす感じ。

焼酎をそそぐのがすごく楽になった。
写真の焼酎は4リットルで、2.4リットルサイズ用のチューブも付属していた。

餃子屋で飲む

みなとみらいは徒歩圏内になった(1時間20分くらい)

アパホテル

アパホテルは東京五輪を見越して開業したはず。すごい目論見ハズレ。

東京の人は知らないであろう横浜の繁華街、なんとなく雑多な感じ。

138席24時間営業

24時間営業の店内はなぜかすごく明るい

よく見ると背もたれのない方の席は、後ろの席と一緒なので、寄り掛かると後ろの人により掛かることになりそう。ガラガラだったのでいいが、ちょっとなあ…

同チェーンの某店舗のようにお通しが腐っていることもなく(すえた匂いのするまあ傷んでいるレベルだったが)おいしい。この店はお通しは無料、席料が330円(税込み)

左は鶏肉の塊みたいな揚げたもの

よだれ鶏は一口で中国を思わせる香辛料。ピーナッツがアクセントでおいしい。タレがたっぷり残り、もう一度作れるくらいでもったいない。うちならこんなに注がないが、もう一度作る。これでもかというくらい、薄く切ってある。

餃子盛り合わせ
エビ、レギュラー、チーズ。890円とちょっとお高め。ニンニクが入っていないので物足りない。ニンニクを入れるのは日本の文化のようだが。

酢豚も注文。やっぱり甘すぎる。

チャーハンも研究のために。しらすチャーハン500円くらい。
安い上にかなり大盛り。

中ジョッキは299円(ハッピーアワー)だがジョッキが小さい。少し味が悪いし、お通しが330円は割高になってしまう。ウエイトレスの中国人のおねーさんと話をしたが、一戸建てを建てるとか、かなり精力的で尊敬した。やっぱり中国人はたくましい。

イオンまで意外に近かった

ときどき出かける鶴見区にある大きなイオン。他のスーパーを回って帰るのですごく遠いイメージだったが、最短経路を通ると意外に近かった。それでも片道6キロはある。

坂道は回避できる。途中に沼のような二ツ池公園、トレッサ横浜を通る。
おもしろく安いものがたくさん買えたが、たくさん買ってしまうと帰りが大変。
68円で買ってきた次郎柿はすごい硬かった、まあまあ甘かったけど。
最近になって柿が少し好きになった。

入浴券当選

横浜市の福利厚生の懸賞で温浴施設のペア入館券が当選した。
うれしいのだが、最寄り駅が橋本駅(相模原市)とちょっと遠い。
施設のWebサイトを見ると、大人780円なのであまり高級ではないが、食事処があったりそれなりに充実していそう。
来年5月までの期限なので、真冬のすごい寒い時期にでも出かけよう。

全国旅行支援混乱

急遽決まった全国旅行支援。自治体も旅行会社も宿泊施設も混乱状態。既に予約したものを旅行支援にするにも、いなかのビジネスホテルの電話に出てきたおばさんは全く的を射ず。
結局キャンセルして他のホテルを手配し直すことに。

GOTOトラベルと決定的に違うのは、国が感染拡大などの責任をとりたくないために都道府県に責任を押し付けた。申請するのは共通の事務局だが、支給は都道府県が行う。さらに都道府県の地域クーポン券は一部の府県を除いて宿泊施設で渡すことになる。これが旅行会社にとっては大迷惑。
OTA(オンライン旅行会社)で予約も取れず、割引額も小さくなったのでお得感も薄れた。
自治体の資金もなくなり、旅行には行ったものの割引が得られなくなったという自体も発生している。
こんな制度を考えた責任者出てこい、という感じ。

弁天橋から沖縄物産センター

母が沖縄そばを食べたいというので、ベタだがやーじ小(ぐわ)に連れて行こうと思うと、まごまごしているうちに閉店時間の1430を過ぎる。
仕方なく、沖縄物産センターに行くとなんとか用意してくれたので、母を残してマルエツへ夕食の買い物に行く。

鶴見駅では鶴見線開業150周年のイベントをしていた。
朝にしか使わない4番に入線していたのは初めて見た。

普段は京浜東北線に乗り換えや改札口が近い、左に入線。

停止位置票が切り欠きしてあった
弁天橋駅

鶴見線営業所があるが、無人駅おまけに券売機もなくなった。
車両工場もあるので、留置されているが鶴見線の205系と南武支線の205系しかないことが多くあまりおもしろくない。

弁天橋駅からは産業道路が渡れるところが少ないので、注意しないといけない。

マハロでひよこ豆(ガルバンゾー)を購入。
フムスをつくろう。
少しお得な1キロを購入514円(税別)

母が来たのでMOETを開ける

ずっと前にいただいたMOETを開けることにした。
スパークリングワインなので、時間が経つと炭酸ガスが抜けてしまう。
フランスのシャンパーニュ地方の一定条件をクリアしたものがシャンパンと名乗れるのは普及された知識。たしかにおいしいが7000円前後は高いなあ。

地図帳を見直す

facebookでのコメントをきっかけに、地図帳を見直す。
当時はまったく見なかったヨーロッパ。イタリア付近を見直すと、この程度しか載っていない。

二宮書店高等地図帳

いまや欧州への航空券の燃油チャージは片道58000円。往復116000円なので、仮に航空券が30000円だとしても、146000円と非常に高額になってしまう(さらに空港使用料・諸税が加わる)
出国時のPCR検査廃止、さらに燃油チャージがせめて半額にならないと行かれない。
高いと思いながらでかけたときの燃油チャージが往復55000円だったことを考えると、今の価格は異常。

Translate »