温度計の誤差

デジタルの温度計がいくつかあるので、同じ場所にしばらく置いて観察。

同じ製品は同じような結果が出たが、時計の温度計とは1℃も違う。
せっかく小数点まであるのに意味がない結果になった。
メーカーからすると正確なものではなく目安、ということなのだろうが。

1回目の新型コロナワクチン接種

時間より早い日にちを優先したので、1545という遅めの時間になった。
ずいぶん前に受けたインフルエンザ予防接種でも打ったところが痛くなったので、きっと痛くなるだろう。

病院に着くと、入り口に受付のような人がいるものの、時間になるまでそこ(待合室)で待つように言われるだけ。

時間になると、「〇〇時の方~」と呼びに来る。2階に上がると、特診室という小さな診察室の前で受付をして、ひとりずつ呼ばれる。同じ時刻の人は6~7人という感じ。少し時間が遅れている。

カーテン越しに呼ばれると、若い女の先生。名札を見ると小児科の先生のようだ。
今日の具合はいいかなど簡単に質問されて、じゃあ打ちますよ。

「いち、に、さん!」プスッ

ふだん子どもに打っているような感じ。インフルエンザ予防接種よりも痛くない感じであっという間に終わり、離れた診察室の前の椅子で15分待つ。

少し早く帰ろうかとも思ったが、前の人が目の前にいるので、なんとなくこの人の次、みたいな感じになっている。それでも作業服のおっちゃんは10分しないうちに帰って行った。

帰り道あたりから腕が少し痛くなって、よる寝るときにはかなり痛くなっていた。
やっぱり痛くなるのか…

さすらい刑事旅情編

東京駅の鉄道警察隊の活躍を描いた刑事ドラマ。
宇津井健さんがボスで、ほぼ主役が香取達男を演じる怖い顔の三浦洋一さん。
好きでよく見ていたが、あらためてYoutubeでアップされてものを見る。東映チャンネルで放送が再開されるので、あっという間に消されてしまう。

宇津井健さん、蟹江敬三さん、三浦洋一さん、亡くなった人ばかり。三浦洋一さんは進学校から早稲田の政経を中退しているのをあらためて知った。

亡くなっている三人…

ロケが多く、鉄道車両もたくさん出てくるので鉄道ファンにも人気が高かった。どのシリーズも、どこかおかしいキャストがひとりいたのはご愛嬌。

同級生と40年ぶりに会う

中学1年の一学期から会わなかった同級生がうちに遊びに来た。
駅まで迎えに行ったので駅で再会したが写真をあらかじめ送ってもらっていたことと、ハゲたり太ったりしていないので少し戸惑いながら面影が少しある。
彼は勉強もできてスポーツもできて学級委員をするようなタイプ。ぼくとはタイプが違うし、今思うと共通の趣味もなかったけれど、なんとなく仲がよくいろんな話をしたのを覚えている。
先月は幼稚園のときの同級生と再会、ふたりとも中々の悩みを抱えてやってきた。
いろいろな人生があるんだなあ、と自分と比較していろいろ考える。

次はいつ会えるかな。

食材を仕入れる

明日は同級生が来るので、食材を買いに行く。
夏野菜のお気に入りオクラ、これは煮浸し風にする。
そして砂肝。好きなのと安くて栄養価が高いということで、いろいろな調理法を覚えた。嫌いでない人には好評。

昼に来るので本格的に飲むわけではないので、おつまみは軽め。
会いたいと思ってくれる気持ちは大切にしたい。
そう思われるうちが花だからな。

旅行業務取扱管理者定期研修

旅行業者は5年に一度、監督官庁に更新の申請をする。一種旅行業者なら観光庁、二種・三種・地域限定旅行業者は都道府県知事に申請する。
数年前に、てるみくらぶがでたらめな経営をしてくれたおかげで、更新時に取扱管理者が所定の講習を受けなければならなくなった。
JATAやANTAといった旅行業協会の収入源が増えた。

開催頻度が低く、受講人数も少なめなのですぐにいっぱいになってしまう。今年はJATA(日本旅行業協会)がオンライン受講になったので、JATAで受講することに。ANTA(全国旅行業協会)は2000円高く、対面講習だった。

だいたい1時間の動画を6本見て、各回効果測定が行われる。5~6問の問題で半分以下だともう一回少し違う問題が出題される。
すべて終わると、8月に修了証が送られてくるらしい。
まあ、役に立ったといえば立ったけれど、無駄といえば無駄。
10000円はもったいない。みんな、てるみくらぶが悪い。

再生速度が調節できるが、極端に短い再生時間だと指導を受けることになるらしい。聴き取れる速さで怒られないであろう、1.25倍で再生した。

列車番号

列車には列車番号がつけられていて、見る人が見ればいろいろなことがわかるようになっている。
たとえば、常磐線各駅停車(常磐緩行線)は取手から小田急線伊勢原まで直通運転を行っているが、取手発18時00分の代々木上原行きを指すときに、番号がついているとわかりやすい。

1713Kと表示されているのが列車番号で、この列車は地下鉄千代田線直通代々木上原行きで、KはJRの車両を表す。国鉄のKなのだろう。東京メトロはS、小田急車両はE。

東西線だが東京メトロはS

1713Kの頭2桁は、始発駅の時刻を表す。始発駅なので、小田急から乗り入れてくる列車は、小田急の始発駅の時刻を基準にする。
13Kは運用番号と言って、代々木上原に行った車両はまた取手方向に折り返し、一日に10往復くらいする。この車両は13K運用というパターンについた列車を表す。
つまり、始発駅を17時台に出発してきた13K運用(KはJR車両を表す)の列車であることがわかる。
事故などでダイヤ乱れが発生すると、本来JRの車両で運転する列車を地下鉄車両が代行することがある。そのときは元の列車番号なので、メトロなのにKがつく。

JRだけのルールでいえば、列車番号に記号がないものは客車列車、K、M、Tなどは電車、Dはディーゼルを表す。
普通の人が知っていてもあまり役に立たない情報。
都営浅草線の業務用時刻表を見ると、Hなら京急、Tなら都営、Kなら京成の車両が来るのがわかるくらい。

お寿司を食べる前に歩く

わざわざ4.5km歩いて行く。途中、スーパーに立ち寄って涼む。

柴又を過ぎると、京成金町線の線路脇を歩く。

ターボくんがやってきた。

もともと6両編成から2両抜いて4両編成にしたところ、すべてモーター車になったので、通称ターボくん。

京成金町線は、京成本線の高砂駅から京成金町駅を結ぶが、全線単線であいだの柴又駅ですべての列車がすれ違う。

京成金町—-<==柴又駅==>—-高砂駅

だから、京成金町を出て柴又駅ですれ違うので、すぐに柴又駅ですれ違った列車がやってくる。

この2編成で一日中、金町線を往復する。

最初の一杯、ハイボール100円から、何杯でも199円のハッピーアワーになっていた。
となりの人はグラスビール340円を頼んでいたが、会計は340円だろうか、それとも199円なのだろうか。

生いわしの生は、冷凍したことがない生なのか、酢で〆ていない生なのか…
加熱していないということだけは確かだが。

いちばんおいしかったのは、なぜかメニューになくタイトルがレーンを回っていた、ミナミマグロ赤身198円。

白いのはロシア産ボタンエビ

一皿一律いくらの、家族連れが多い落ち着かない回転寿司よりずっとおいしい。

ワクチン接種予約

朝9時開始。
9時になると自動的に待機するバーが現れ、右に移動していく。
途中から早くなり、3分くらいで予約画面に遷移。

近所の病院で来週予約完了。自動的に3週間後の同時刻の予約も確保される。
その後も状況を見ていると、いろいろわかった。

病院と区の集団接種会場は早めにうまる。
特に病院はいちばん早い。かかっている患者の数が多いからだろうか。せっかくだから、いつもの病院でということだろう。
個別接種では、駅前や駅から近い診療所は早くなくなる。横浜駅、新横浜駅など早い。
結果的に、比較的交通の不便な診療所が早く打てそう。穴場としては眼科医院が余裕がある。
土曜日は翌日休みの人が多いので、副反応を考えて予約が多い。逆に日曜日や土曜日はやはり余裕がある。

次は7月7日発送の40~49歳の人で基礎疾患や高齢者介護施設に従事している人が予約して7月中の接種は予約がいっぱいになりそう。7月に受ける人の2回目が8月にあるので、一般の方は8月中に打てるのだろうかという感じ。

赤しそ投入

梅干しは無事梅酢が上がってきたので、そろそろ赤しそを入れよう。
スーパーを回るついでに価格調査。
オーケーは298円。梅1キロに一袋と書いてある。
二軒目、ちょっとお高いfujiスーパー(富士シティオ)198円。
オーケーより100円も安いじゃないか。これ以上安いところもそうないだろうと購入。

次の文化堂でも298円。後日別なスーパーで398円で売っていたが、よく見ると茎が取られてほぼ葉だけになっていた。梅干しでは(他のものでもそうだろうが)葉だけ摘むので手間がはぶけるが、新鮮さでは茎がついていたほうがよさそう。
量は同じようなので、葉だけにした手間賃が入っているのかもしれない。

葉だけ摘む作業だけでもけっこう面倒くさい。洗って半量の塩で揉むとアクが出る(らしい)
その後、残りの半量の塩を加えてまた揉む。
広げながら(雑に)梅の上にのせて再び軽めの重しをのせた。
これで土用のあたりに3日間干せば2021年度の梅干しが完成。

アイちゃんが行く

Youtubeで偶然見つけた。

坂口杏里のママの主演デビュー作だった。
父を求めて全国を放浪していくというストーリーみたい。
しばらく楽しめそう。アップしてくれた人ありがとう、消されるだろうからそれまでにダウンロードするよ。