つなぎ

新横浜に行く途中にはじめて行く小ぶりのスーパー。

春のメンチまつり

まつりですよ。試食もあったので食べたら、意外においしい。
コロッケが好きという人は多いが、メンチが好きという人は少ないのが意外。

やきとりでは「つなぎ」がおいしい

つなぎ

ハツ(心臓)の上の血管がつながっているあたりの部分だけを集めたもの。店によってはもっと血管を巻いたようなものもある。
ハツより濃厚で、レバーよりさっぱりしてひこひこしている感じ。タレもおいしいが、塩がいいかも。ハツを買ってきて、上の方を切って集めれば作れるが、ひとパックから2本くらいしかできない。

なんとジャックダニエル

ジャックダニエルハイボールが280円でも安いのに、3倍のどでかは580円とお得。濃いめは無料なので、濃いめにしたら結構濃くなった。
梅干しを入れたらどんな味になるのだろう。もったいなくて家でも出来ない。

前回よりだいぶましなやきとりだったが、もっとおいしくできるはず。自腹で行くかギリギリライン。なんといってもお酒が安いから。

フェムトセルの調査に来る

auから受託した某会社の人が電波計測にやって来た。
意外なことに、窓際はいろいろな電波が干渉してしまうが、玄関(内側)に行くと比較的落ち着くそうだ。
それならと、トイレを提案したら、トイレのように少し囲まれた方が電波が安定するみたいで良好だった。
新しい4Gフェムトセルを設置して、3Gのフェムトセルを回収していった。
あとはこれで新しい端末がやって来るのを待つだけ。
といっても、後継機種で何も変わらないので、端末が新しくなるというだけであまり目新しいことがなくて残念。
それより、料金プランの変更などを確実にしなければならないほうが面倒。

耳、飽きた

豚耳3つでかなりの量があり、淡泊な味であるものの、毎日食べたら少し飽きた。

今日は芝麻醤とバタピーを砕いたものなどであえた。
芝麻醤、味噌、酢、砂糖、芝麻醤の上澄みの油など。
塩気が足りないので、結局しょうゆをかけてしまった。

ミミガーピーナッツ和え

携帯電話の契約

うちは高層住宅なので、携帯電話の電波の状況が非常に悪い。それは、地上局のアンテナが傘のように下向きに電波を出しているからで、そのアンテナより高いといろいろな電波を拾ってしまい、かえって状況が悪くなる。3本立ったかと思うと通話していると突然0本になって切れることが多い。
そこで、auからフェムトセルというものを無料レンタルしている。そのモデムのようなものはインターネット経由で回線を確保するもの。

auのWebサイトより

フェムトセルと通信して、フェムトセルはインターネット経由で電話線につなぐようなイメージ。

今春3月で3G用フェムトセルの運用中止
3Gの停波はまだ先だが、一足先にフェムトセルは使えなくなる。機種変更をするか、フェムトセルを使わないようにするしかない。
auから電話がかかってきて、次のような条件で機種変更しますよと。

手数料3000円無料
機種代金16200円(半額)
毎月割600円

36回払いの分割で、一ヶ月450円払うとauの料金を600円割り引きますよと。
24ヶ月ごとの契約なので、そのとき解約やMNP(ドコモなどへ変更)すると、450円×12ヶ月払うことになりますよと。
実質、36ヶ月縛りのようなもの。
それでも毎月の支払いは1000円を切るので、妥協する。いつものように、最初の月は5分間どこへかけても無料の、スーパーカケホとやらに加入しないといけないらしい。

さらに問題は、父の名義でも契約していて、ハートフル割引(障がい者割引)を適用していて、いずれにしても本人が電話しないといけない。それは不可能。
はじめに父が話して、あとは母にやってもらう。料金プランの変更があるので、また電話をしないといけない…

非常に煩雑でわかりにくい携帯電話の料金プラン。利権が膨大なだけに各社がしのぎを削っていて、もはや誰も理解していないレベル。そんな世界には極力お金を払いたくない。

豚耳

最近行くようになった徒歩30分のスーパーで珍しいものを発見。

鶏胸肉くらいの安さ

沖縄でミミガーというものがこれなので、買ってみよう。

下処理はされているものの、少し毛が残っていたり汚れている部分などをきれいにする。毛はガスコンロやバーナーで焼く。

圧力鍋で2分くらいゆでるとこんな感じになった。豚くさい。

1匹プラス半分だろうか

刻んで、まずは辛子酢味噌で食べると、豚足に似た味でなかなかおいしい。

ミミガー

芝麻醤(ゴマ)とかごま油などの味付けで残りは食べよう。このスーパーにはいつもあるのだろうか。他のお店ではまったく見たことがない。

最強のホッピーと思いきや

ホッピーセットを注文。

メニューの表記がおかしい

すごい量の中がやってきた。390円なのに最強!

と思ったら、会計時に気がつく。

間違ってはいないが

単に、ホッピーと中が別々にやって来ただけだった。中の350円は普通だが、外が390円は安くはない。2杯で1000円を軽く超えてしまう。それならビールを飲めばいい。

しょぼい

しょぼいお通し。380円(税抜き)なのに。大衆酒場ならサービスか100円のレベル。
たばこの煙もうもう、手をたたいてバカ笑いするサラリーマンがいるし居心地悪い。

サザエはとてもおいしかった。

活サザエ

蒲田以南での京成車両

去年のダイヤ改正で、23年ぶりに京成の車両が京急蒲田より先で走ることになった。
夕方一往復だけ。特急で三崎口に行き、快特で千葉へ帰る。
横浜駅で偶然乗ることが出来たので、うちを通過して京急川崎まで乗車。

成田スカイアクセス線経由

京急では正式名称が快特で、快速特急ではないが、京成の種別では快速特急なので快速特急だが、品川からはアクセス特急として運転される。

横浜から都営地下鉄、京成線、スカイアクセス線経由で成田空港まで行くと1677円(IC)。成田空港までは東京駅からバスで1000円で行かれることを考えると、ロングシートで快適性もない。

ぶれぶれ

夜のスマートフォンで高速だと、これが限界。

胃カメラ体験

経費節減で横浜市の胃ガン検診を受ける。
横浜市胃ガン検診は流れ作業でできるように、鎮静剤を使わないことになっている。
使わなければリカバリーの時間も節約できて、検診が終わったらすぐに帰ることができる。
のどの麻酔だけということもあって、多少苦しい思いをするのでそれならば大腸の検診と一緒に眠っている間に済ませよう、そうさせるようにしているのだろう。
横浜市の対象者が2年に一度とはいえ、みんな内視鏡希望になったら現場は混乱してしまう。どう考えてもレントゲンの方が現場は流れ作業でできる。

まずはのどに麻酔のスプレーを5回する。15秒待って飲み込むように言われる。
横になると、もう唾が飲み込めない。咳き込んでしまう。
横になって5分待つように言われるが、その5分間がつらい。唾は外に出すようにした。
5分経つとアラームが鳴り、先生を呼びに行く。
おもったよりもカメラのチューブは長い。それが入るのか…
のどに嘔吐反射があるので、そこの出し入れの時にどうしてもオエッとなってしまう。
胃に空気を送るとゲップが出るし、そこそこつらい。
思うことは、早く終わってくれ…
先生は、いま胃の上部を見ています、はい、反転してと説明してくれる。
カメラが入っているのはおよそ5分強だろう。
なかなかつらい検査だけれど、痛いわけでもないし、次はどうするか…

結果は胃や十二指腸には異常がないものの、大腸の検査では将来ガンになってしまうかもしれない線種性ポリープも発見された。体質的にできるらしい。
胃は大丈夫そうだけれど、大腸はせっせと検査した方がよさそう。

信金のしんちゃん

東白楽にしんちゃんがいる。
季節で少しだけレイアウトが変わるのがちょっとおもしろい。

しんちゃん

なにが言いたいのだろう。

お金ちょーだい
手のひらを太陽に
ぼくの腕に飛び込んでおいで

腰に回った鉄も気になる。
変なたけのズボンと冬でも半袖シャツだけど、少し抱け季節を感じさせるしんちゃんを楽しみにここを通る人がけっこういるはず。
ヘルメットのような剛毛も魅力的。

ろうばいを愛でる

最近のお気に入り、馬場花木園

最寄り駅は菊名、鶴見あたりでどこからでもバスで行くことになる。
うちからは徒歩40分くらい。

ソシンロウバイ
素心蝋梅と書く

花に鼻を近づけると、いいにおいがする。
人影もまばらでこぢんまりとしている園。
休憩室のようなところはあるものの、花を見ながら座れるところも少ない。

馬場に来るとおもしろいのが、この文化堂。

文化堂馬場店

東京のど真ん中にもお店があるチェーンスーパーだが、ここはかなり地元密着の何ともいえない雰囲気。クレジットカードはつかえず、現金以外ではなぜかEdyだけ。
特になにが充実しているわけではないのだが、ノスタルジックなおもしろいスーパー。
今日はなにも買わず退散。

今年の青森ねぶた祭りツアー

ハマトラベルにしかないツアー

ハマトラベルの最近のコンセプトは、売れるツアーではなく、ぼくが行きたいところいにお客様を連れて行く、に変更。

九州や北海道に炭鉱があって廃坑になり、遺構になったのは有名で、長崎の軍艦島は大人気。東の軍艦島と呼ばれるものが岩手県にあるのがわかった。
さらに、東北三大鉱山なるものもあって、岩手県に集中していることもあるので、これを一気に巡ってみよう。

アパート群

昭和30年代に建てられたアパートは鉄筋コンクリート造りで水洗トイレ、セントラルヒーティングなど当時では憧れるような住まいで、大変な人気だったそうだ。
1969年に閉山しているということで、およそ50年そのままになっている。

三大鉱山と青森ねぶた祭、東北の光と影にふれるツアー、はたして共感してくださるお客様がいらっしゃるかどうか。

大幅な模様替え

おもに仕事をしている部屋の模様替えを始めた。家具類を壁際に配置すると、すごく部屋が広くなった。今までは風水で家の中心に机を向けているといいとあったので実行していたが、特に何もなかったので、反対を向くように配置換えした。
外がよく見える机はさぞかし仕事がはかどるだろう、たぶん。

祖父の遺品のライティングデスクを使うことになった。スチール机のように冷たくなくていいけれど、収納力などはいまひとつ。大切に使おう。