いよいよ明日

明日は生涯何度目かの引越。何度目なんだろう。
たぶん10回以上だろう。転勤族でもないのに。
引越といえば、レンタカーで2tアルミあたりを借りて、友達に頼んでやっていた。
レンタカー代と友達へのお礼で、3万近くかかる。
あれは池袋から中央区に引っ越したとき、はじめて引越業者に見積もりを依頼した。
3万円強だった。自分で運転も運搬も何もしないで同じような額。
いつも朝9時頃からはじめても、人数が少ないこともあって夜の9時や10時までかかった。
それが、業者の人だとさすがプロ、移動を入れても4時間くらいで終わってしまった。
エアコンの取り外しも覚えた。一度は取り付けもおこなったが、ナットの締めが甘くガスが漏れてしまった。
ガスチャージに8000円かかり、結局業者に頼んだのと同じ額になった。
パイプを切って結合面を作り直さないとガスが漏れることも最近知って、取り付けは業者に任せることにした。
今回は15階の外に出て下の家のひさしに乗るという危険が伴うので、業者にお願いした。
エアコン脱着を入れて、引越費用は5万円くらい。
引越はぼくにとって、究極のストレス解消。
でも最大のストレスにもなることも否定できない。
区役所に行くのは市内の移転なので、転入の区役所に行けばいいだけ。
運転免許と、銃の所持許可の住所変更だけは警察に出頭しないといけない。
その他はだいたいインターネットから変更できるから、ほぼ終わってる。
引越業者の人にあげる飲み物と、あいさつに持って行く粗品(本当に粗品)を買いに行こう。

ディスカッションに参加

5件のコメント

  1. 以前、知り合いが「駐車違反なんて出頭しなければ平気なんだよ」なんて言いながら
    ドアミラーに付いた交通違反の輪っかを無理矢理外す時、誤ってミラーを割ってしまい
    結局修理代で15000円払ってたの見てつくづく哀れだと思いました

  2. そして、反則金も徴収されるのですよ。
    まさに豚に真珠、のれんに腕押しです。

  3. 10回ですか〜。住めば都・・・といいますからこじまさんには10もの都があるのですね〜。世の中には12回の引っ越し経験を活かして引っ越しアドバイザーやっている人もいるそう。。何事も経験ですね。

  4. 住めば都、と思えないので引っ越しするのですよ。
    基本的な生活スタイルが確立しないので、移民生活を送っているのです。
    ただ、人より思い出の土地は多いですよね。生活していたわけですから。

コメントを残す