振替乗車票

石川町で人身事故が起こり、京浜東北線が運転を見合わせた。
そうなると、各会社線に振替乗車を実施する。
振替乗車とは今日の例だとJRの乗車券で京急や東急に乗ることができること。
手順は次の通り
事故が起きた会社の改札口で、振替乗車票を受け取る。
振替乗車実施の会社で厳密では持ってるキップの範囲で乗ることができる。
降りるときに、振替乗車票を出す。これで鉄道会社がJRに運賃を請求する。
自殺者はめったに請求しないらしいが、請求するときはこの費用が高額になる。
さらにJRに乗り継ぐ必要がある場合は、手持ちのJRの乗車券で入場することができる。
ようするに、乗客は他の鉄道に乗り換えても元々の運賃で行くことができるということ。
ただひとつ問題があって、Suica、PASMOはこの振替乗車の措置が受けられない。
いま入場した駅ならば、改札口の端末で取り消すことができる。
取り消してもらい、再度JRのキップを買い振替乗車票をもらった方が得をする。
振替乗車票をもらわないと、う回乗車した分すべて自腹で払うことになる。
JRは思いきり不親切なので、このキップを持って行ってくださいとは決して説明しない。
京急のキップを買って行けと暴言に近いセリフを吐く。
横浜から東京のJRのキップを買ったとする。
振替乗車が実施されれば、そのキップで東急だろうが京急だろうがJRを乗り継いでも東京に行くことができる。
Suicaだと、京急や東急に自腹で乗って、さらに東京まで乗車券を買ってくれという措置になる。
JRは一日どこかしらで、人身事故が起きている異常な状態。
どこかで立ち往生して困ったら、ぼくに電話をかけてきていいですよ。
最善の経路を教えて差し上げます。
携帯電話の番号を知っている人の特権(大した特権じゃない)
もっと勉強したい奇特な方

コメントを残す