腹痛がする

今までと少し違うところが痛い。
胃の少し下あたり。
位置的には、十二指腸のあたり。
「十二指腸の形が変なんだよね。潰瘍になったことある?」
「ああそう。治ったのかもしれないね」
「もっと調べるなら、内視鏡ねー」
最近ガン検診でレントゲン写真を見ながらおっしゃった先生の温かい言葉を思い出す。
この前、ぼくの夢の中で胃がんの治療で全摘手術をしてくださった内科医。
胃潰瘍は40代が多く、十二指腸潰瘍は30代が多いらしい。
十二指腸潰瘍の95%がピロリ菌に依存しているそうだ。
ピロリ菌とは、ヘリコバクターピロリという何だか楽しそうな名前のバクテリア。
戦後の衛生状態の悪い水に多く含まれていたので、60代以上のほとんど保菌者らしい。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの原因にもなることがわかっていて、除菌するのも簡単。
耳は少しよくなった気がするから放っておくとして、この腹痛は何とも嫌な感じ。
「次は内視鏡ですよ〜」脳裏によぎるセリフ。
しばらく市販薬で様子を見よう。
きっと気のせいだ。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. それは悪性の癌です
    ただちに適切な処置を施さなくてはなりません
    最善処方用にはこの勾玉を…

  2. エジソンバンドではだめですか?

コメントを残す