新設航路フェリー進水式

横須賀港(新港町)と新門司港(北九州)を結ぶフェリーの進水式が行われた。
敦賀、新潟と北海道小樽などを結ぶ新日本海フェリーのグループ会社。
フェリーの名前は「はまゆう」と名付けられた。はまゆうは横須賀市の花でもある。
もう一隻就航予定なので、そちらは北九州にちなんだ花の名前だろうか。
新日本海フェリーはすずらん、らべんだあ、すいせんなど花の名前が用いられている。

28ノット(時速50キロくらい)で航行できる高速船で、横須賀港と新門司港をおよそ21時間で結ぶ。

■横須賀・北九州航路時刻表
横須賀発 23:45 新門司着 21:00(翌日)
新門司発 24:00 横須賀着 20:45(当日)
※日曜日を除く週6便運航。

東京港と新門司港を結んでいるオーシャン東九フェリーの現行ダイヤは曜日で若干変わるものの、おおかたこのとおり。

東京港発 19:30 徳島13:05着14:20発
新門司港 5:20

新門司港 19:00 徳島9:20着11:20発
東京港 5:30

横須賀発着はおよそ21時間で、オーシャン東九フェリーは33時間以上かかっているので圧倒的に早い。

高速な方が運賃は高くなるので、横須賀発のほうが距離は短いものの、高くなるはず。

首都圏からは行きは新門司港に夜に着くので使いにくく、帰りは横須賀からその日のうちに帰ってこれそうなので利用できそう。

数少ない東京湾を発着するフェリー便、2021年7月、来年に開業予定なのでとても楽しみ。