ライバル会社へ

デルタ航空のマイルプログラムでためたニッポン500マイル。
終了にともなってデルタJCBカードも解約した。
せっせと数年かけて貯めた10000マイルをJTB旅行券10000円(二人で2万円)交換した。
エースJTBという紙パンフレットに載っているツアーの支払いに使える。
要するに、店舗に赴いて窓口で支払う方法しかない。

新型コロナの影響というよりGOTOトラベルが好評なのか、JTBの窓口が予約制で2週間先までいっぱい。

というわけで、隣駅のイトーヨーカドーの中にある店舗へ。

2人先客がいたものの、時間通りに始まって先客の二人は帰っていき、その後は誰も来なかった。次の時間まで空いているのだろう。飛び込みで来たお客さんに相談事によっては今対応できると言っていた。

何年ぶりだろう、旅行会社の窓口でホテルの予約をしたのは。
インターネットが普及したのが(ぼくが)1998年頃で、それからはJR券などの購入以外では旅行会社自体にも行っていない。

当然職業は明かさないのでなんだか不思議な気分。旅行条件書や最終行程表など旅行業法で定められた交付べき書類も受け取った。
こんなふうに営業しているのか、と思って店をあとにした。

ホテルを先に取らなければいけないので、仙台2泊と新潟1泊の連続3泊にした。

仙台まで青春18きっぷ一回で2490円相当、特急ひたちが技を使って半額の4640円で差額は2150円二人で4300円。
所要時間は東北本線経由でおよそ6時間と4時間半。
きっぷの発売しめきりまで悩みそう。