徳島阿波おどりツアー2024

関東発着・1名様より
市内ホテル泊・自由に観覧
ちょっとディープなツアー

詳しくはこちら

恒例の塩らっきょうづくり

鹿児島産から始まり、鳥取が出てきて千葉あたりが出てくると終わり。それでもそんなに長くは続かず、一ヶ月はもたない。鳥取が出てきたので、そろそろと思っていたら、鹿児島が安くなっていたので2キロ購入。

一年に一回なので手順が効率化できない。洗う、根を切る、皮を剥くのそれぞれまとめて行ったほうが効率が良さそう。皮を剥くのがいちばん面倒で、薄皮は手にくっつくし、もう一枚むくかむかないかも迷うことが多い。むけばきれいなツルンとするが、結構小さくなってしまう。
水1500mlで塩が200gだから、何%だ?

200÷(1500+200)×100=11.76470588%

海水がおよそ3.4%で、しょうゆが15~17%なので結構しょっぱい。
これに唐辛子の輪切りを入れる。発酵進むと泡が出てきて、蓋をゆるめておかないと吹き出すくらい。そうなったら冷蔵庫にいれる。2年くらい前のものでも余裕で食べられる。1年くらいで甘みが出てきておいしくなる。塩辛い場合は、薄い塩水で塩出しする。

5瓶できた

瓶が足りない。来月は梅が始まる。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました