ギュウギュウとノロノロ

002発桜木町行きがなぜか7分遅れてやってきた。
当然車内はギュウギュウ。
8分後の010に最終大船行きが来るのだから、乗らなければいいのだ。
決断力にすぐれたぼくは乗らずに見送った。そう、自分に与えられたチャンスのように。
すぐにやってきた最終大船行きは座れたが、前がつまっているのでノロノロ。
ATCの信号×に突っ込んだのか非常ブレーキがかかった。
時速5キロくらいからだが「急停車しますご注意ください」の感情のこもらない機械の体の女性の声。
流れたと同時にブレーキがかかるのでほとんど間に合わないが。
スピードが出ていれば、鉄道の非常ブレーキは止まる瞬間にかなり大きくよろける。
そんな珍しい放送も聴けたし、少し遅くなったけど座れたからいいや。
ギュウギュウだったら座ってノロノロの方がいい。
こじまさんの人生のようだ、というコメントは受け付けません。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 昨夜錦糸町でギュウギュウもノロノロも逃した僕ちんが来ましたよ

  2. ぼくは生物時計として終電時計を持っているので、終電は逃しません。
    ええ、人生のチャンスは逃しっぱなしですとも。

コメントを残す