ホテルを予約していて

一カ所は中国のホテル予約サイトから予約した。
当然中国語でメールが来るし、オンライン決済もしたので当日払わないでよいかが心配。
オンライン決済はなくても、クレジットカードの番号入力はすべてのところであった。
いざというときに、キャンセル料が取れるためだろう。
安いホテルはかろうじて英語が通じるくらいらしい。
中国語なら英語の方がまし、と思ったら台湾は旧体漢字なので日本の漢字とよく似ている。
中国語の漢字がわからないのは、省略されてしまっているから。
いろいろなサイトでベストなホテルを予約したのだが、こんな注意書きがあった。
中国国籍の方と異性の方がお泊まりの場合、婚姻関係を証明するものが必要です。
証明できない場合、同室で宿泊できないことがありますと。
調べてみると、事実らしく、罰金目当てで取り締まることもあるらしい。
もちろんそれなりの抜け道もあるのでしょうが。
それに、二室取ればいいのだし。
日本における中国は、失礼だが「いい加減、でたらめ」という印象がある。
韓国にも姦通罪(不倫でにゃんにゃんしたら)はあるし、日本の方がでたらめなのかもしれない。
お金は払ってあります、これを中国語で言えるようにしておこう。
オンライン決済だったのか、デポジットとしてのクレジットカード番号の届けだったのかがわからないのが大問題。

コメントを残す