旅行好きということ

二日連続で同業の先輩夫婦にお酒をごちそうになってしまった。
パソコン関連の設定をしたからそれのお礼にごちそうしてくれた。
その先輩はもともと国鉄にいて、旅行好きから駅の旅行センターを経て独立した。
決して成功したとは言えないけれど、奥さんは「あのときはこうだったよね、このときはこうだったね」とうい話を聞いて、この夫婦は幸せな人生を送ったのかなと生意気ながら感じた。
そこでこんなことを思った。
 
旅行が好きで、稼いだお金はみんな旅行につぎ込む
旅行が好きで、旅行業を始めたので基本的にはただで旅行ができる
 
旅行業はひどく薄利なので、おそらくお金持ちにはなれない。
でも、あのときはこうだった、あそこに行ったときはこうだったと一生話すことができそう。
立派な家や財産は残らなくても、毎日が楽しくて好きな旅行ができたらいいのかなと。
 
旅行が好きなので、旅行業を始めました、このことでは自分の仕事に誇りを持っている。
ただお客さんがいなくて、ただ債務超過に陥っているだけだ。
まったく問題ない。
 

コメントを残す