ゲームセンター

小学生や中学生のときに、ゲームセンターによく行った。
正確には、東京タワーのゲームコーナーとか、デパートのゲームコーナー。
当時港区に住んでいて、今思うとゲームセンターは新橋くらいにしかなかった。
そこで、東京タワーによく行っていた(見つかるとあとで先生にえらく叱られる)
お小遣いが一ヶ月1000円くらいでは、1回100円のゲームなどできない。
人がやってるテーブルゲームの向かい側に座ってじっと見ている。
たまに、二人用を押してしまったからやっていいよ、と言われたりして。
 
小学生の最後に、門前仲町に引っ越した。
近所にゲームセンターがあって、行ってみたらビックリ。
1ゲーム50円。
今までの半額というのは大きい。
さらに、スーパーの赤札堂の屋上のゲームコーナーは、古いゲーム機が10円で遊べた。
中学生になって、300円くらい持って行くと、何時間も遊べた。
あの頃の赤札堂はボーリング場があったり、東天紅(中華レストラン)があって、楽しいところだった。
 
ゲームセンター通いは、高校生くらいまで続いた。
下町のゲームセンターは、おばちゃんがパンを配りだして、それも新鮮だった。
個人の店で、すごく狭い空間にゲーム機が所狭しと並んでいたっけ。
ファミコンが出てきて、今までお金を払っていたものがうちでできるようになったのは驚きだった。
しかし、ファミコンを手に入れたのはたしか、21歳だったと思う。

コメントを残す