塾講師と予備校講師

次の年は派遣で行っていた予備校に一本化できた。
大学、看護系専門学校の生物と、高校再受験生の国語と理科を受け持った。
これで週5日の授業があったが、ひとこまだけの日もあった。
船橋予備校の職員のように(時給だが)どっぷりつかり、担任も持ったりしてどっぷり教員。
 
来年はどうしようかと考えていると、なんと船橋予備校閉鎖。
そのとき、船橋予備校で世界史を教えていた職員が早稲田予備校に行ったらしく、
早稲田予備校から電話がかかってきて、生物を担当させてもらうことになった。
 
はじめて川越に降り立ち、川越校で週に1回授業がはじまる。
船橋予備校で国語を教えていたきれいな先生に栄光ゼミナールを紹介してもらう。
これで中学受験の算数と、大学受験の生物になった。
次の年、早稲田予備校のコマが増えて、早稲田予備校だけになった。
これから4年間、早稲田予備校で教えることになる。

コメントを残す