蒲田・大森

自分の中の東京の風景となにか違う。
高円寺やその他私鉄沿線も違う。
のりもの好きとしてまず目が行くのは、都営バスがいないこと。
港区と江東区で育ってきて、見てきたバスは都営バスとごく一部の東急バス。
渋谷も東京駅も、駅前には都営バスが停まっている。
ところが、蒲田や大森に都営バスの姿はなく、神奈川や三浦半島と同じ京急バスが停まっている。
実際には、東京を走る京急バスは運賃前払いで前のり、三浦は後ろのり後払い。
だから、東京のバスなのに前払いとちょっと当然のことが書いてある。
都営バスの路線図を見ても、路線が集中しているのは山手線の内側。
山手線を外れると、私鉄バスになるので数が激減する。
じつは、都営バスの路線の大半が都電の路線だったからなのだ。
都営バスの○○系統を調べると、元都電の○○番だったのだ。
だから、都電が走っていなかった地域は、都営バスではなくはじめから私鉄バスが走っていた。
このことは、横浜市電が市営バスの路線になったのも同じ。
市電の車庫に、いまでも市営バスの営業所があったりもする。

コメントを残す