ブカティーニ

イタリアのシチリアのパスタ、ブカティーニ 。
太めで、穴のあいた細長く固いパスタ。

魚を食べるシチリア、身近なところで鯖の水に缶を使う。

カサレッチェ

サバ水とニンニク、鷹の爪と玉ねぎと細いもやし。
イタリアのパスタ、さすがに奥が深い。

つなぎ

新横浜に行く途中にはじめて行く小ぶりのスーパー。

春のメンチまつり

まつりですよ。試食もあったので食べたら、意外においしい。
コロッケが好きという人は多いが、メンチが好きという人は少ないのが意外。

やきとりでは「つなぎ」がおいしい

つなぎ

ハツ(心臓)の上の血管がつながっているあたりの部分だけを集めたもの。店によってはもっと血管を巻いたようなものもある。
ハツより濃厚で、レバーよりさっぱりしてひこひこしている感じ。タレもおいしいが、塩がいいかも。ハツを買ってきて、上の方を切って集めれば作れるが、ひとパックから2本くらいしかできない。

なんとジャックダニエル

ジャックダニエルハイボールが280円でも安いのに、3倍のどでかは580円とお得。濃いめは無料なので、濃いめにしたら結構濃くなった。
梅干しを入れたらどんな味になるのだろう。もったいなくて家でも出来ない。

前回よりだいぶましなやきとりだったが、もっとおいしくできるはず。自腹で行くかギリギリライン。なんといってもお酒が安いから。

耳、飽きた

豚耳3つでかなりの量があり、淡泊な味であるものの、毎日食べたら少し飽きた。

今日は芝麻醤とバタピーを砕いたものなどであえた。
芝麻醤、味噌、酢、砂糖、芝麻醤の上澄みの油など。
塩気が足りないので、結局しょうゆをかけてしまった。

ミミガーピーナッツ和え

豚耳

最近行くようになった徒歩30分のスーパーで珍しいものを発見。

鶏胸肉くらいの安さ

沖縄でミミガーというものがこれなので、買ってみよう。

下処理はされているものの、少し毛が残っていたり汚れている部分などをきれいにする。毛はガスコンロやバーナーで焼く。

圧力鍋で2分くらいゆでるとこんな感じになった。豚くさい。

1匹プラス半分だろうか

刻んで、まずは辛子酢味噌で食べると、豚足に似た味でなかなかおいしい。

ミミガー

芝麻醤(ゴマ)とかごま油などの味付けで残りは食べよう。このスーパーにはいつもあるのだろうか。他のお店ではまったく見たことがない。

最強のホッピーと思いきや

ホッピーセットを注文。

メニューの表記がおかしい

すごい量の中がやってきた。390円なのに最強!

と思ったら、会計時に気がつく。

間違ってはいないが

単に、ホッピーと中が別々にやって来ただけだった。中の350円は普通だが、外が390円は安くはない。2杯で1000円を軽く超えてしまう。それならビールを飲めばいい。

しょぼい

しょぼいお通し。380円(税抜き)なのに。大衆酒場ならサービスか100円のレベル。
たばこの煙もうもう、手をたたいてバカ笑いするサラリーマンがいるし居心地悪い。

サザエはとてもおいしかった。

活サザエ

おしゃれ串揚げ

せっせと1時間20分かけて綱島まで歩いて、おされ串揚げのお店へ。

こぼれスパークリング、お皿の上にグラスをのせて注いでくれる。
飲みにくいので、外に出した。

少し甘口だけれどおいしい

おされ串揚げ

串揚げ

左から、あんこう、チキン南蛮、鰤の白子、生ハムカマンベール、豚肉の春菊巻き

鰤の白子はいまいち、その他はまあまあ。

この日は串揚げ全品半額だったので、満席状態。女性客の方が多い。
さくっと飲んで帰る。

夜景を見てお寿司を食べる

みなとみらい

屋形船がたくさん出ている。ただでさえ船酔いが心配なのに、屋形船といえば天ぷら。それも食べ放題だったりする。操船はできるけれど、乗れないな。

三崎まぐろの升盛り
上質で旨味のある赤身をシンプルにぶつ切りで! (951円税込み)

味はいいけれど…

菊(たんぽぽ)の大きさをよく見て。比較すると小さいことがおわかりでしょう。サービスとして中トロ部分も入っていますが…お刺身4切れ位を細かく切った感じ。

上にぎり寿司(2160円税込み)

わさびにムラ

わさびにムラがあること、シャリが少し甘い、握りが堅い。ここは居酒屋であって、お寿司屋ではないので仕方がないのかも。

地魚握り(1059円税込み)

ネタはいい

メジナ、イトヒキアジ、太刀魚(炙ってある)、佐島産地タコ、スズキ

イトヒキアジは三浦で獲れる魚。

Wikipediaより

シャリと握りはイマイチだけれど、ネタはおいしい。
ネタ、シャリ、握りがすべてよくないとやっぱりおいしくない。
外食は高いよなあ。

生牡蠣には日本酒、生牡蠣には日本酒

大切なことだから二回繰り返した。
宮城県産の大きめの生食用牡蠣が安かったのでめずらしく購入。

真牡蠣ではないみたい

生牡蠣にはシャブリの白ワインなどというので、試してみたものの日本酒にはかなわない。シャブリとはブドウの種類で、比較的酸っぱいブドウ、つまり酸っぱいワイン。
その昔、牡蠣は食べたいけれど食中毒が怖い(流通も悪かったし)そこで、酸っぱいワインと一緒に食べて食中毒を防ごうということでフランスで流行しただけで、フランスに日本酒があれば日本酒がぴったり、ということになったと強く思う。

もともとワインは食事をおいしくするもので、日本酒には生臭みを消す作用がある。ワインには生臭みを消す作用はないので、生臭さは消えないからせめて酸っぱくしようと。
要するに、殺菌とレモンの代わり(これは定かではない)なのかと実感。

今日はこれだけ飲んだ

すべていただいたもの、ポイントで交換したものじゃないか。

居酒屋でステーキ

母も誘っていつものチェーンの居酒屋。
ステーキが二種類あって、いつも二種類頼む(諸事情がある)

ごちそうビフテキ
約150g999円(税抜き)

もやしとニンニクは無料で増量できる。これは両方増量済。

ごちそうポンドビフテキ
1ポンド(約450g)1999円(税抜き)

もやしニンニク増量済

丸い石は焼けていて、レアがいやな場合はのせて焼くもの。

価格は2倍でお肉の量は3倍なので、1ポンドの方が圧倒的にお得。見た目も3倍はありそう。

大根おろしが混ざった、少し甘いソースもなかなかおいしい。

エスカベッシュ、ビステッカ

ちょっとおされなレストランやバルなどに行くと、その国の名前のメニューでよくわからないことが多い。調理法で違うこともあるが、その方が気分が出るからだろう。

豆あじのエスカベッシュ

エスカベッシュ

南蛮漬けだ。レーズンが入っている以外は南蛮漬けとほぼ変わらない。

黒毛和牛のビステッカ

ビステッカ!

ビステッカ…ビーフステーキのことだった。
黒い粒は生コショウでやはり香りがいい。茎わさびの何かは甘すぎて肉の味が台無しになる感じ。

かみしめるとジュッと肉汁が出る感じ。いいお肉の赤身がおいしい。

やまゆりポーク

やまゆりポークのこちらはローストで、難しい名前ではなかった。トマトの酸味のソースがいい感じ。まねしよう。
お肉でワインは満足度が高い。

黄金町とやきとり

いつもの野毛を通り抜けて黄金町まで歩いていくと、旅館を発見。

山城屋旅館

写真が暗くてわかりにくいが、THE日本旅館という感じのたたずまい。

山城屋旅館
http://yamashiroya-ryokan.com

一泊料金は素泊まりで5400円からで、寅さんが泊まる宿よりは高級。

黄金町といえば怪しいお店が多かったが、一掃されて健全な街に変わっている。
横浜市立大学病院が近くにある。

やきとり盛り合わせ、はじめは塩を頼む

焼き鳥盛り合わせ

ねぎま、レバー、ぼんじり、ささみ(わさび)、やげん軟骨

ぼんじりはたぶん安いので冷凍でいまいち。そのほかはまあまあ。単品で計算してみると70円安かった。ささみが180円というのはちょっと変だが…

その他のおつまみも食べて、またやきとりが食べたくなったので、お得であろう盛り合わせを今度はたれで注文。

焼き鳥盛り合わせ

皮、やげん軟骨、ぼんじり、レバー、砂肝

計算すると、単品と同じでお得感なし。超食べ慣れた砂肝が入ってしまっているし。

最後にお味噌汁をお出ししています、というのでいただくと…

〆の味噌汁

おちょこではじめて味噌汁を飲んだ。このお店のお通しが個室でもないのに350円。
このサービスをやめていいから、もっとまともなお通しにするか、お通しを200円に値下げしてほしい。禁煙のお店ではないのでもう行かないからいいのだけれど。