日曜のCustom

customは習慣、habitは癖って勉強した。
customs,複数形にすると税関。習慣が集まって税関になったのか。
今日も何となくサザエさんを見てしまった。
ご存じのように高視聴率で25%くらいの視聴率だったはず。
でも、おもしろくて楽しみにしてる人は2%(推定)だ。
マスオは福岡県出身の28歳で早稲田大学卒であるとか、波平は双子などと言うのは有名だろう。
フネは58だったかな。ワカメはたしか9歳だから、49歳で出産している。
まあフネが産みの親だとは言っていないが。
最近の設定では、花沢さん(名前不明、花・沢さんかも)がやけにカツオを追い回してる。
私たち一緒になったらうまくゆく、なんて言ってるし。ロボコンと同じ声のくせに。
早川さんも名前がわからない。じつは早 川さんの…もういいか。
反対に、かおりちゃんは名字がわからない。いずれブログの女王になるのだろうか。
かおりちゃんと、タラオとできてるリカちゃんは実は同じ声なんだ。
となりの甚六は浪人だが、勉三は六浪で高尾大学経済学部に入った。(何の話だ)

おまえは車ばっかり洗ってないで勉強しろよ。

もと暗し

灯台ができる前は暗かった、という教訓。
バイクで16号を下ってみた。
走水まで25キロ。
横須賀を通り抜けると東京湾が開けた。
いつも見てる東京湾より光ってる。
20年ぶりに来た観音崎。
横浜市金沢区泥亀
どろがめ。なんかすごい地名。
京都にも深泥池というところがあったっけ。
みどろがいけ、おばけが出るらしい。
どろがめをよく見ると、信号の下のローマ字は、Deiki
バイクに乗ってる夢を時々見る。
そのバイクはアクセルをいくら開けても加速しない。

TOKYO HEART

メトロがこころをつないでく
東京メトロ from 宮崎あおい(だれ?)
そんな最近イメージ戦略に乗り出した、東京メトロこと正式には東京地下鉄株式会社。
もとは、帝都高速度交通営団。トップは総裁という、戦後の遺物。
東京メトロの株主は東京都と国鉄清算事業団。
要するに、都営地下鉄やJR東日本に合併される可能性もあった。
しかし、時価総額が大きすぎた。東京を中心に膨大な施設を持ち時価総額は何兆にも上る。
それらを東京都といえでも引き受けられなかった。
だから、都営地下鉄と東京メトロは一つにならなかった。
そんな東京メトロ全線に一日で乗ってきました。
詳細を希望する人は少ないので後日じっくり発表するとして、昨日荻窪駅を11時19分に出発し、すべての路線を踏破して降り立った西船橋駅22時45分。
その間、駅に近接のコンビニエンスに行ったくらいでほとんど休まなかった。
家とはまったく反対なので、家に帰るころには日付が変わってしまった。
9路線のべ186キロに乗るのに、11時間におよび256キロも乗車してしまった。
これらのデータの整理に今日一日かかってしまった。
何しろトンネルばかりなので景色は全くおもしろくない。
地下鉄ってどこからいれたんでしょ、そんなことを考えていても退屈。
車両は当然すべてロングシート。長距離乗るのに適しているわけない。
ローカル線じゃないから、座席は詰め合わせてひとりでも多くのお客様が座れますように、なんて言ってるし。
東西線の一部以外各駅停車。走ったり止まったりは体に負担がかかる。
東京から広島まで青春18きっぷで15時間と同じ以上に疲れた。
終着駅では改札の外に出て可能な限り地上に出ることをノルマにしたので、これも計算してみた。
すべてパスモや現金で乗っていたら3620円になったらしい。
一日乗車券をすごく有効に使ったのか、無駄に使ったのかよくわからない。

鉄のこだわり

鉄はチャレンジャーである。
誰に言われたのでもなく、自分に試練を課す。
JR全線乗ってみよう、JRだけでなく私鉄にも全線乗ってみよう…などなど。
やってみたいけどもったいないのが、
東京から博多まで、全部こだまで。
たぶん8時間近くかかるのかな。
それでも博多まで8時間というのは速いけど。
それは青春18きっぷと比較してるから。
広島まで15時間だから。
大阪まで何時間?
およそ9時間だよ。
それが18きっぱーの常識。
それでも、昭和40年代の特急並のスピードなんだよ。
新幹線なんて存在しない、そうあきらめて考えれば大阪まで2300円は魅力だ。
運賃も昭和40年代じゃないか(未確認)。
まとまりがないので今日はこれで終わりにしよう。

再開

さてまた今日からいつものブログを再開します。
写真コーナーにもある東京メトロ東西線の車両工場見学会で調子に乗って10枚も購入した「さようなら5000系記念一日乗車券」が不良在庫になりました。(誰が7100円分も買うんだよ。はいぼくです。)
7月26日の期限が迫り、オークションに出すもウオッチリスト0であえなく玉砕。
なんとか身内に押しつけ、残りは自分で使うことに。
ご存じの通り東京メトロは初乗り運賃利用者が多く、初乗り運賃の設定も高めです。
JRの山手線内(JRは複雑なのです)の初乗りは130円。東急や小田急も3キロまでで120円。
東京メトロは160円ですが、6キロまで。ちなみに東急と小田急は6キロ乗ると150円。
東京メトロは160円、190円、230円、270円、300円の5通りしかない。
東京メトロの運賃は乗車経路に限らず最短経路で計算されるので、西船橋〜和光市がもっとも長い経路になる。
なんと39.2キロ。東京〜千葉も総武快速線経由で39.2キロ。
それが東京メトロだと、上限値の300円。JRは620円。
そんなの乗るやついねーよ、とお思いでしょう。
いやあ、ぼくが週一回乗っていました。
市原に住んでいたときに、西船橋で地下鉄に乗り換え飯田橋、和光市で乗り換え川越まで行っていました。
地下鉄の運賃設定の270円と300円は和光市と西船橋のためにあると言っても過言ではありません。
西船橋からだと、最初の地下鉄乗り換え駅で230円以上確定です。
和光市も池袋に行った時点で230円ですから。
前置き(!)が長くなりましたが、本題です。
一日乗車券を有効に使ってみようと思い考えました。
ITこじまは考えた
一日で東京メトロ全線に乗ることはできるか?!
東京メトロ9路線、営業キロだけで合計186.3キロ。誰もやらなかった(たぶん)夢あふれる計画!
やればできるんだ、やる気を若者に伝えます。(若者限定。あなたは該当するでしょうか)
「おはようからおやすみまで」でできるだろうか。
途中でおなかが痛くならないだろうか。
鉄道ファンとばれないだろうか。
いや、運転席をのぞかなければばれないだろう。
押し寄せる不安に自分を納得させるために答えてみる日々…。
ぶらり途中下車だったらすくなくとも9週分になるぞ。
途中下車しないからだめだ?
途中で何度も乗り換えるんだよ!テレビだってぶらりじゃなくて計画してるだろ!!
阿藤快になればいいんだろ!!!

国際食品工業展

日本の食品工業を知るべく、2007国際食品工業展に出かけてきた。
先端技術のためかほとんど撮影禁止で写真が撮れなかった。

ゆで卵のからをひたすらむく機械とか、ケーキを作る機械とか、豆腐をパックに詰める機械とか。
そういう機械の展示会。どうして行ったのか、それは試食があるから。
結局どら焼きを作る機械でできた温かいどら焼きと、焼きたてパンの試食などしかなかったけど、ふだん見ることのできない機械を見ることで、ものづくり日本の技術の高さに触れることができた。
ほとんどが中小企業で、スパナでボルトを締めて組み立てたような手作り感を感じるものが多かった。
大学で工学部に進んだ友人が、工学部は結局いかに人を減らすことしか考えていなくて幻滅したと言っていたのを思い出した。
機械で作ったどら焼き、安ければいいのかな。
安いほどいい、だから労働力の安い外国人に頼る、安い材料を使う、機械に作ってもらってたくさん作る。
政治家は汚いことばかりする、よく耳にするけど、その政治家を選んだのはあなたたちだよ。
より安いものしか買わなくなったのもあなたたち。
いいかげんなテレビの意見に振り回されないで、しっかり考えましょうよ。

TCAサイクル

テレビCMで、TCAサイクルをスムーズに、という栄養ドリンクがある。
うさんくさい言葉がなんか引っかかる。
TCAサイクルとは高校生物でいう「クエン酸回路」。あああれか、と説明できる人はいないでしょう。
かなり複雑で、サイクルそのものを覚える必要はなかったから。
簡単に言うと、ブドウ糖を分解してエネルギーを取り出したものと、アミノ酸などを反応させてさらにエネルギーを取り出す反応系。
充電電池が電池になったり役立たずになったり繰り返すように、サイクル(輪)になっている。
つまり、ブドウ糖さえ与えていれば理論的には途中経過の物質は減らない。
電池を使っても充電電池がなくならないのと同じ。(寿命はあるけど)
チョコラBB(CMの製品)はそのTCAサイクルの途中の何かを補給するらしい。
ビタミン群を補給とあるので補酵素として働くのだろう。
まあ結果としてごく微量でいいはず。
要するに、飲んでも飲まなくてもいいんだよ。
元気になった気がする、そう思えるならそれも薬効だから否定はしないけど。
薬を飲むよりも、心を安らかにして寝た方がいいよ。
長い目で見て、それが一番大切なことだと思う。
お知らせ
写真コーナーに稲妻の写真を載せました。

時の流れ

今日石立鉄男さんが亡くなった。
自分が子供の頃、おっさんと思った人が亡くなってゆく…。
自分がじじいになって、あの頃おっさんと思った人がじいさんになって亡くなってゆく。
子供の頃、パパだった年齢を自分が超えてしまった。
自分の年齢の時にぼくがいた分、少なくともぼくより父の方が偉かった。
人生あと半分過ぎてしまったかと思っていたけれど、実はもうとっくの昔に半分過ぎ去ってしまっているのかもしれない。

東海汽船ジェット船その後

先日、東海汽船ジェット船が事故を起こしたが、そのときに偶然乗り合わせた人の体験談がブログに投稿してあったので、要約して掲載させていただく。
引用元
定期船ブログ
船旅歴○○年 ハンドルネーム「定期船」の追憶
 
>一瞬二階の窓も海水で覆われ、一階では厚さ1センチ以上ある硬質ガラスが一瞬で破砕したのである。
クルーの一人が一階船室へ降り、その後、怪我人発生・・浸水中・・と、大声で報告するのを聞いたときは、沈没二文字が脳裏に浮かんだ。
>全身ずぶ濡れで血まみれの乗客が水浸しの一階から上へ運ばれてくる、耳や額から血が滴り、止血するにもガーゼや包帯が無く、ただタオルで押さえるしか出来ない。
何人かの方はずぶ濡れで、すでに救命胴衣を着用、エアーも入った状態で居られる
かなりすごい状況が容易に想像できる。
救急セットくらいしか積んでおらず、みな自前のタオルなどで出血をおさえたらしい。
そして、乗客200名程度で27名ものけが人を出しながら、久里浜港で待機していた救急車はたった一台。
船舶無線による連絡がされていなかったのである。
ずぶ濡れに対しての補償や、荷物の補償、後遺症の心配のための把握などは一切されなかったらしい。
そして、久里浜港で流れ解散。
後日電話連絡があり、高速料金2500円を返金しますということ。
こんな対応が許されるのだろうか。
これが事実なら、危機意識ゼロ、誠意のない対応だなあ。
去年7回も東海汽船を利用したものとしては、考えないといけないなあ。
自前の救命胴衣を用意するとか。
そこまでして伊豆諸島に行くか?

今日地下鉄東西線に乗っていると、となりに座っている女性の足に蚊が止まった。
ひざのあたりにとまった、黒の縞模様のおそらくシマヤブカ。
ずぼんの上から血を吸ってる。たたいてあげたいけど、セクハラになりそうだし、教えてあげるのも変だし。
じっと観察してみた。ここでご存じでしょうけど、蚊についての豆知識。
蚊は止まってから血を吸い終わるまで、実はおよそ2分かかるのです。
そう、あなたは2分間もまんまと血を吸われていても気がつかないのです。
これも有名ですが、血を吸うのは産卵の栄養のためでつまりメスだけ。
メスも自分の食事としては樹液や花の蜜など。
くちばしのような(フンという)ものを皮膚に刺してすぐに血が固まらないように唾液を注入。
この唾液がかゆくなる原因。蚊の唾液スポイト一滴注入したら気が狂うほどかゆそう。
茅場町から吸い始め、およそ門前仲町まで吸い続け?飛び去ってゆきました。
そのあと女性はひざをかいていなかったので、吸血は失敗に終わったかもしれません。
ほんの少しの血液だから分けてあげてもいいよ。
かゆくしないのと、日本脳炎やマラリアを媒介しなければ。
マラリア病原虫は複分裂という爆発的に増加する分裂をするんだ。
赤血球に寄生して分裂するんだ。
蚊は英語でモスキーノだったな。
モスキーノって女性向きのブランドあったよな。
スペルが違うって?
わかってるよ、それくらい。英検4級なんだから。

ああやんなっちゃった

久しぶりに取引先に出かけ、思いつきの提案で通販サイトを直すことになった。
おまけにWindowsが起動しなくなり、上書きインストールをしたら見事Cドライブが消えた。
バックアップをとっているので被害はないけど、アプリは全部入れ直し。
クリアした電車でGO!新幹線もパーだよ。
通販サイトはバックアップをとらないと取り返しがつかないので、とろうと思うと、
Allowed memory size of 8388608 bytes exhausted (tried to allocate 1654995 bytes)
どうやら思い出が多すぎてどうのこうのと言っているようだ。
またトライしてみて、と励ましているようである。
今年のお正月をすべてつぶしてくれた通販サイト。
何重にもバックアップをとって作業をすることにしよう。
それでも失敗するんだなこれが。
時給に直したらまた200円くらいの仕事になるのだろう。
鉛が溶け出す土鍋を作る国の人だって働かないよ。
有能な経営者の元で働く会社員は幸せだ。
ひとり芝居はこれくらいにして仕事しよう。

ジェットフォイルが事故

5月19日の午後に東海汽船のセブンアイランド愛が久里浜沖で高波と衝突して、窓ガラスが割れ27人が軽傷を負った。
ジェットフォイルはボーイング社が開発し、川崎重工が引き継ぎ製造していて、時速およそ80キロで滑走する。
同社のさるびあ丸が最大速力20ノット、時速にしておよそ36キロ。
それはもう自転車と自動車くらいの差がありますよ。
東海汽船では中古でこれを購入し、それぞれセブンアイランド愛・夢・虹の三隻を所有している。
なんて素敵な名前なんだ。責任者出てこい。
JR九州が運航する博多−釜山を結ぶジェットフォイルもたびたびクジラと思われる浮遊物に衝突して事故を起こしている。
クジラが嫌いな音を船から流すなどしているが衝突事故が絶えない。
船にしてはけっこうあぶない乗り物なのかな。
そこでこんなことが気になった。
最大速度時速36キロの船と、ジェット機と同じエンジンを積んだ時速80キロの船と免許は同じのかな、と思った。
答えは、同じ。
ジェットフォイルも法律的には単に速い船みたい。だから、船長以下次の法定乗務員が必要。
船長:   2級海技士
機関長:  2級海技士
一等機関士:4級海技士
このほか一等航海士が乗り込むことが通例である。
つまり、船長である高橋英樹の他に船越栄一郎など乗り込まないといけない。
最近は船越栄一郎が船長になったらしいが。
素朴な疑問が、みんな同じ免許でいいのかなあ。
ぼくがもってる小型船舶操縦士では、いつのまにかジェットバイクといわゆるモーターボートなどは別な免許になった。
特殊小型船舶操縦士という別な資格。試験も水上バイクでするみたい。
ぼくが取った頃は、ジェットバイクに乗りたくても、いわゆる船の勉強をしないといけなかった。
港にはいるときはどうするとか、灯台の光り方がどうとか、海図の見方とか。
ぼくの親の世代が普通自動車の免許を取ると自動二輪もついてきたのと同じかな。
ぼくがもっている一級小型船舶は航行区域に制限はない、つまり外国にも行かれるけどそれには六級海技士(機関)以上を乗り組ませないといけないことになっている。
要するに、エンジンに強い人と一緒に行かないといけませんよ、ということ。
技術が進歩すると、人や制度もそれに伴って変えてゆかないといけない。
その制度をつかんでいるのが行政、というのが一番の問題。
小型船舶の免許ではいつのまにか最高峰になった。
しかしまったくお金にならないんだな、これが。