徳島阿波おどりツアー2024

羽田発着・会場徒歩圏内ホテル
1名様より・添乗員同行なし

第一弾・割引価格 2024/2/29 23:59迄

緑新税導入

横浜市は有識者による緑新税導入に関しての中間報告をまとめた。
簡単にいうと、150万本の植樹に伴い今年度より36億円上回る150億円が必要になる。
新税導入でそれをまかなうことに関して審議されてきた。
その結果、一人あたり年間1300円程度負担することが受益者負担の原則から妥当であると判断された。
法人については規模に応じた定額の13%(6500〜39万円)になると試算された。
わが合資会社アイリットは江東区に本社があるので関係ない。
横浜市の財政状況は厳しく「横浜を第二の夕張にするな」などと書かれたものを目にする。
第二の夕張?
これだけの資産を持ちながら財政状況が悪くなるなど、いかに市政と行政が腐りきってるかの証明。
華やかな横浜、どうしてそんなに財政が逼迫しているか検討していずれこのブログで紹介しましょう。
このブログを読んでいる人の多くが都民なんだけどさ。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました