ありがとう

最高視聴率56.2%という史上最大のドラマ。
わざわざご足労していただき、の次に続くのはどんな言葉だろう。
申しわけございませんなのか、ありがとうございますなのか。
本来は、申しわけありませんは謝罪であり、ありがとうございますは感謝を表す言葉である。
例えば、二度も来てもらうときは申し訳ないが続くだろう。
修理屋(〜屋って好ましくない表現)を呼んで、帰るときには申し訳ないとは言わない。
お金を払っているから悪いとは思わないからだろう。
どちらが自分が言われたときに相手に好感を持つか。
お店を出るとき、店主が「本日はわざわざお越し頂き申しわけありませんでした」
明らかにおかしい。
どうしても言いたいなら、両方言えばいいんだよ。
でも、使い分けている人は少なそうだ。
そんな人はみんな「すいません」で片付けている人のような印象がある。
謝るときは友だちなら「ごめんね」「ごめんなさい」
正式には「申しわけありません」「もうしわけございません」
お礼は、「ありがとう」「ありがとうございます」
薄い人ならみんな「すいません」や「すみません」で済ますことができそう。
言葉を大切にしないと、人とのつきあいもうまくゆかなくなる。
自分はこういうつもりで遣ったというワガママは通用しない。
「こじまさんって変わってるね」とよく言われる。
実はほめられたと思ってる。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. 私はコレでたばこをやめました。

コメントを残す