大腸ガン

40歳を過ぎると横浜市からガン検診のチケットを送ってくる。
ガンになるとかわいそうだから、という理由ではなくガンになって手術等が必要になると健康保険料を使うから、早く見つけて保険料を安く上げなさい、という切実な理由からである。
肺、胃、大腸(女性は他にも)などの肺がん検診は患者数も多い、検査も容易であるので安価に受診できる。
なかでも大腸ガン検診はまず検便で、便の表面に潜血が認められるかどうかで判断する。
潜血が認められ、内視鏡検査になってもおよそ3割くらいしか大腸ガンは認められない。
さらに大腸ガンは進行が緩やかなので、この潜血検査が決定的でなくても、毎年受診することで大腸ガンのリスクを回避することが出来る。
具体的には、潜血検査(検便)で見落とされる確率が3割として毎年行えば3年間見落とされる確率はかなり下がる。
大腸の内視鏡検査は3年に一度が推奨されている。
毎年検便をして、3年に一度内視鏡検査を受ければ、ほぼ100%大腸ガンは治療できることが分かっている。
自分への投資として健康診断は受けた方がいい。