皮膚科で受診

一昨年の夏に日焼けしたときに目の下にシミができた。
1年経つとそこがふくれてきて、目立つようになったので皮膚科に行くことにした。
近所の診療所に週に数回皮膚科医がやってくるので受診することに。
若いキレイな女医さんがヌーッと近づいて見ると、すぐに診断結果が。
「加齢によるイボですね」
液体窒素-198℃で焼き切るか(焼くというより凍らせる)レーザー治療を冬にするか。
レーザー治療はここでは出来ないというが、きれになるが白くなることがある、液体窒素は色素は沈着するので色が抜けないとおっしゃる。
その場でできる液体窒素でというと、足下にあったひとかかえするようなボンベから、検尿をする紙コップにドボドボドボ…白い煙が上がる。
ホットコーヒーについてくるようなマドラーで、イボに繰り返しつけると、ひりひりしてくる。
イボの周りが赤くなって終了。二週間後にまた行くことになった。
ネイルはしているし、サンダルだし、きっとどこかのお嬢様の先生なのだろう。