台湾観光の目玉、彰化扇形庫

6時30分に朝食を済ませて、一日乗車券を利用して那覇空港へ行く。
那覇空港駅から国際線ターミナルまで歩いて5分以上かかるので、時間に余裕を持った方がいい。

早朝でもなかなかの混雑ぶりの那覇空港国際線ターミナル

外国人の幼児がギャーギャー泣き叫んでいる、最悪

エバーはサンリオとコラボしていて、搭乗券もこの通り。

無人機でするとペラッペラの紙が出てきた

BR113(エバー)
那覇(1015)→台北(1055)(時差があるので1時間40分)A321-200

前回の那覇→釜山以上に日本人がいない。那覇空港の放送もまずは中国語、そして英語、そして日本語の順。見渡した限りは日本人は見つからず。

雨上がりの那覇空港

機内食はあるものの、アルコールの提供はない

ハムチーズサンド

すべて配り終わると、お茶かコーヒーのポットを持って回ってくる。
機内販売のページにこのジュースとお菓子も販売されていた。
飛行時間が同じくらいのアシアナ航空ほど免税品を積極的に売ることもなく、時間通りに台北(桃園)国際空港に到着。

まずICカードである悠遊カードを購入。以前はデポジット方式だったが、100元の買取制になった。(約350円)
自動販売機があって、おばさんが買い方を教えてくれる(日本語表示もできる)
ただ、自動販売機ではあらかじめ400元チャージしてあって500元で販売されているものが最低単位。台北を往復しないと余ってしまうので、コンビニなどで買い物するときに使うといい。日本のSuicaより使えるところが多いイメージ。
チャージは100元からできる。
台中のバスは10キロまでこのカードがあれば無料なので、もうこれっきり台湾には来ない、出費は最低限にしたいという人以外は買った方が無難。

ヨウヨウカーと読む。ゆうゆうカードと覚えて誰にも通じない

桃園空港はやっとMRT(地下鉄)が開通して大幅に便利になった。

第二ターミナル

旅々台北.comより

空港は左はしの紫のライン。降りるのは半時計回りに高鐵桃園站。高鐵は台湾高速鉄道のことで、高鐵の桃園駅という意味。高鐵と台湾国鉄(以下台鐵)は駅名が違うところが多いので注意が必要。

高鐵駅名最寄りの台鐵駅
南港南港
台北台北
板橋板橋
桃園高鐵桃園站(台鐵ではなく台北MRT)
新竹六家
苗栗豊富
台中新烏日
彰化新田中(建設中)
雲林最寄り駅なし
嘉義最寄り駅なし
台南 沙崙
左營新左營(MRTは左營/高鐵)

このように台北の三駅と高雄の終点の駅だけが同じ駅なので、高鐵の駅名で降りてしまうと台鐵やバスに乗り換えることになってしまう。

高鐵桃園駅でバウチャーと乗車券を交換する。
台湾の旅行会社のキャンペーンで2名で乗車で半額になるキャンペーン。
以前は手書きだったが、プリントされたものをシールで貼るように変更。
空席があれば指定席も無料で発券されるが、空席がないので自由席利用。

中央で折ってある
改札の時にスタンプを押す

JR東海の700系新幹線が基本の700T型

臨時列車の台中行きなので自由席でも座ることが出来た。

1529列車 桃園(1401)→台中(1442)

車内もそっくり
700T型、最高速度300キロ

高鐵の台中駅は台鐵の新烏日(シンウーリー)

かなりの活気

通路の両端に飲食店が並び、かなりの活気。
長い通路で台鐵の駅に行かれる。

鉄道グッズの店
徒歩5分はかかる
台鐵の駅が見えてきた

悠遊カードをかざして入場。帰国してわかったことだが、悠遊カードなら70キロまで自強号(特急に相当)でも区間車運賃の90%で乗車可能だった。
つまり、無座(指定なしで空席には座れる)で良ければ自強号も区間車も運賃は同じで乗れるということ。元々が安いので神経質になることはないのだが。

バスターミナルが見える
成功という駅のマグネットを買ったことがある
反対が先にやって来た

千葉から先を走る209系にカラーリングが似ている。

幕張車両センター209系(wikipediaより)

この駅は区(區)間車といわれる各駅停車しか停車しない。
二駅目の彰化(チャンホァー)で降りる。

彰化県の中心地

次の朝、この駅を朝出発するためにこの駅の近くのホテルを探したが、祝日で空室がなく徒歩25分のところのホテルを手配した。
徒歩25分歩いて荷物を置きに行く。

彰化扇形庫の見学

駅から徒歩10分くらいのところに扇形庫がある。台湾でも最後の扇形庫だ。
守衛室のノートに名前などを記入する。書かずに入場している人もいて、あまり意味がなさそう。

現役で機能している
入庫しているディーゼル機関車

ぐるっと回って転車台のある中心に行くと見渡すことができる。
少し高い展望台もある。

空いている車庫が多い

台鐵のスタッフが案内をしているが、何を言っているかわからないので参加しても仕方がない。

ガイドツアー

日本製のD51形とほぼ同じ設計のSLが動態保存されている

デゴイチそのもの
ときどき運転される
転車台を動かす実演もある
野ざらし

カップルで来ていて、彼女がポーズをとって撮影するのは日本では見られない。
日本よりも家族連れやカップルなど、あまり鉄ではない人たちが多い気がする。

ポーズをとる彼女
とっくに廃車になっている気動車
ここから入るなというのは日本人でも分かる
カップルが多い

なぜか東武鉄道の宣伝

日本に来て東武鉄道のSLに乗ってねと
ほぼ閉館時間

一度は来る価値があったので良かった。遠いホテルに泊まった甲斐がある。

下着のお店らしい。

なんかすごい

台北でおいしかったチェーンの駅弁店で購入

店内でも食べられる
おいしそう

上を指さすと、わからないよと笑いながらメニューを出された。

今度は上と同じものがわからない

240円~300円くらいなので日本と比較するとかなり安い。
だって、このボリューム。

とんかつタイプ

ゆでたキャベツがしいてある。日本のお弁当と違うのは必ず野菜が入っていること。

スーパーでビールを買わなくちゃ。

彰化百貨

昭和のいなかのスーパーみたい

日本のスーパーのように総菜や弁当はない。ビールは25元がだったので100円を切る。
おつまみとは少し高めのマーラーピーナッツを購入。横浜中華街でも似たものを売っているが、500円近くするので半額程度。台湾産の方が安心だし。

よく見ると日本語

台湾ビールはおいしいけれど、本当にアルコール5%なのだろうか。6本飲んでもほとんど酔わない。このあとこのピーナッツは旅行中ずっと持ち歩き、ちょうどよいおつまみになるとはこのときにはわからない。

那覇に向けて出発

NH463(ANA)
羽田(740)→那覇(1035)777-300

座席定員が500人超えの最大級の旅客機。その分座席のシートピッチが狭い。LCCと思ったくらい。選べるのならこの機種は選ばない方がいいくらい。

ゆいレール(モノレール)那覇空港駅

三ヶ月ぶりにやってきた那覇空港。気温は20℃を超えて横浜より10℃高い。

Misugi!

美杉観光

美杉観光は埼玉のバス会社で、なぜここに!
調べると、沖縄に営業所を置いて沖縄でも営業しているということだった。
プロ野球のキャンプシーズン、沖縄と宮崎はバスが不足し、本土のバス会社が数社営業をしている。バスは営業所がある地域でしか配車できない、逆にいえば営業所を置けば全国どこでも営業することが出来る。

ゆいレールの一日乗車券は時間制

ゆいレール一日乗車券

買ったその日が有効ではなく、購入から24時間有効。この場合11:21までに改札を出る必要がある。24時間制は東京メトロでも導入された。
24時間有効はかなり良心的。
ホテルのある、おもろまちまで片道300円、翌日の朝も使えるのであと200円分使えば元がとれる計算。
ゆいレールは独自のICカードの他は、PASMOやSuicaなどの鉄道ICカードは利用できない。この一日乗車券購入時も当然利用できない。
また、この一日乗車券を提示することで割引になる施設、飲食店などがある。

ゆいレールジャイアンツ号

自動改札はQRコードを読み取る方式を採用している。かざして入場できるので、自動改札機内のベルトのメインテナンスなどが不要になる、磁気券ではないのでコストが下がるなどの利点があるが、かざして1秒近くかかるイメージがあって、いたるところでエラーが出て係員が対応する始末。

まずは沖縄に来た目的を片づける

小禄(おろく)駅

空港から三つ目の小禄駅で降りる。

イオン那覇店

イオンで泡盛、郵便局で発送

イオン那覇店という通り、琉球イオンのフラッグシップ店。専門店は80を数える。
このお店を選んだのは、すぐ近くに郵便局があるから。
沖縄から本土への発送は、宅配とゆうパックで1000円以上の開きがあるのでゆうパック一択。
大手スーパーでは特別料金(安い)で店内から発送できるが、ゆうパックが重量制になってしまっているので、泡盛を送るには適さない(重いから)

商品よりもまず箱を確保

メジャーを持参していて箱のサイズを測る。100サイズと120サイズでは300円近く料金が変わる。
箱を確保するためにも大型スーパーの方が有利。箱を確保したら、好きな泡盛を選ぶ。今回は12本入れることができた。
梱包コーナーでカッターナイフを借りて、箱を100サイズに改造。
1.8リットルの泡盛は紙パックといえども、12本とまとまれば持ち上がらないくらいの重さ。カートを借りて駐車場の横の郵便局へ乗り入れる。
ここでくじ付き年賀切手が登場。去年までのはずれた切手で送料を支払う。
ゆうパックは1個から切手別納が可能なので、たくさんの切手を貼る必要もない。

帰る日程で配達日を指定

ゆうパックは無料で配達日指定ができるので、帰る日以降の期日にして無事発送。
送料は1870円から持ち込み割引(120円)、同一宛先割引(60円)で1690円。
泡盛は12本買ったので、一本あたり141円加算されることになる。
さらにイオンのサービスデーで5%オフだったので、泡盛一本あたり安く購入することが出来た。
沖縄県は税制優遇されていて、ガソリンや酒税も安いのでビールも350mlで200円を切っている。泡盛も1000円ちょっとなので、内地で焼酎を買うよりも安くなる。

きっちり詰め込めた

ゆいレールで旭橋、那覇埠頭へ

那覇港は、那覇ふ頭地区、泊ふ頭地区、新港ふ頭地区そして浦添ふ頭地区の4つの地区に分けられています。 各ふ頭の主な役割は次のとおりです。
ふ頭の名称主な役割
那覇ふ頭 (最大水深 -9m)鹿児島へのフェリー、観光船
泊ふ頭 (最大水深 -9m)周辺離島へのフェリー、旅客船、観光船
新港ふ頭 (最大水深 -15m)国際コンテナ船、旅客船、RORO船、不定期貨物船
浦添ふ頭 (最大水深 -9m)不定期貨物船、RORO船
(那覇港管理組合より)
 
那覇埠頭
鹿児島方面フェリー
マルエーフェリー
みやげものが並ぶ

のりもの好きとしては魅力的なスペース。食事ができたり、トイレももちろん完備していて、運が良ければ船も見られる。
時が止まったようなみやげ物店では、ハブの泡盛漬けが展示してあった(店舗入り口左)

もどし税?

もどし税

沖縄県で2002年まであった制度で、いまでいう免税店のような扱い。本土復帰までは外国扱いで輸入品が免税で買えた。本土復帰したことでこの制度がなくなると観光業が大きなダメージを受けてしまう。というわけで、2002年まで暫定措置、暫定措置を繰り返して延長してきた。
つまり、日本である沖縄でも輸入品を購入すると税金相当額が空港や港で戻ってきたということ。2002年から看板がほったらかしになっている証明。
酢飯の酢が本土よりうんときつい、好みのいなり寿司も売っていたので缶ビールと共に食べる。

東京とほぼ200円違う

国際通りはほぼジンガイ通り

国際通り
いすゞキュービック!

観光客があふれているものの、ほとんどがジンガイ(外国人)
いわゆる欧米の人はほぼ見受けられず、中国(台湾)、韓国、東南アジアなど…
中国よりも目と鼻の先の台湾人が多いのかもしれない。

沖縄県人なら誰でも知っている御菓子御殿
ここは観光客とうちな~半々
路地裏には立ち飲みもあった

公設市場も向こうは商売なので積極的に声をかけてくるので、見てるだけ~は許されない状況。再びゆいレール県庁前から終点首里を目指す。

首里駅では延伸工事中

この先、4キロを今年中に開業する予定だ。一日乗車券も値上げするのだろうか。

現在の終点首里駅
明日は早いので、早々にホテルに戻る。

韓国と台湾の鉄道のフリーきっぷ

韓国と台湾には外国人専用のフリーきっぷがある。韓国が1日から、台湾は3日から5日など各種ある。

台湾鉄道(台湾高速鉄道のぞく)TR PASS
3日用6600円、5日用9200円

韓国鉄道(KTXを含む)KORAIL PASS
3日用セーバー(複数人使用)12500円
5日用セーバー(複数人使用)19500円

価格差が大きいが、韓国鉄道はKTXという高速列車も乗り放題で、一日あたり片道KTXを利用しただけで元がとれる。
一方、台湾は元々鉄道の運賃が安いので、かなり乗らないと元が取れない。
おおまかにいうと、台湾は特急列車で半周しても3000円くらい。一周しても7000円くらいで済むはず。ということは、一周しても元は取れないというのはあまり得ではない。

いっそ、台湾のパスを購入して何周できるかチャレンジしてみようか。

パスポートの期限がやってくる

パスポートの更新は1年前から

更新は1年前から受け付けられるが、交付された日から5年または10年になるので、早くすればするほど損をした気分になる。
それならぎりぎりにすればいいと思うが、国によってパスポートがの残りが3ヶ月以上、国によっては6ヶ月以上ないと入国できないことがある。
半年くらい前になったら更新した方がよさそう。

現在有効なパスポートがあって、氏名や本籍地の都道府県に変更がない場合は、謄本類の提出が免除される。旅券番号は変わるし、当然ながら申請期間は渡航できない。

台湾高速鉄道が半額!

台湾高速鉄道(新幹線車両)が2名で半額になるキャンペーンを発見。
台湾の旅行会社が行っていて、国から補助が出ているみたい。
台北の桃園空港から台中への移動に使えそう。

桃園空港→高鉄桃園(MRT地下鉄)

高鉄桃園→台中

高鉄の台中は台湾国鉄(台鉄)の新烏日(シンウーリー)と同じ場所なので、乗り換えて台鉄の彰化(チャンホァー)に向かう。

高鉄(新幹線)の駅名は台北とその次の板橋、終点の駅以外は高鉄の駅名と台鉄の場所が違う。

桃園から台中までふたりで1500円ちょっとなら、台鉄(在来線)よりも安い。
ただし、帰りは台南発しかないので、片道しか利用できない。

割引きっぷ販売ページ
https://www.kkday.com/ja/product/20495

楽天スーパーポイントからEDY

楽天で貯まったポイント、楽天スーパーポイントはEDYカードにEDYとしてチャージすることができる。自宅にあるICカードリーダーで移行できたのだが、いつからなのか、公式に移行ができなくなった。
ネット上で移行の申込をしたら、ファミリーマートにある端末のファミポートなどで受け取る手続きが必要になった。さらに、他社から交換した楽天スーパーポイントはEDYに移行できないことも分かった。
何とも使い勝手の悪いEDY、EDYしか使えないスーパーの文化堂で使う以外にまったくメリットが見つからない。

住民票コード

とある免許の更新の必要書類で、住民票の写しがあったが、住民票コードを記載すれば不要とあったので、早速調べる。

住民票コード記載の住民票の写しの交付を受けるか、住民票コードだけ請求するのどちらかであることがわかった。
住民票コードのみの請求であれば手数料は無料。
住所や氏名などの必要事項を記入して、本人確認書類の提示でもらったのがこれ。

住民票コード通知書

本人の希望で変更できる!ぜんぶ4にもできるのだろうか。だぶっていなければ変更できるのだろうか。
窓口では嫌な顔をされるだろうが、やってみようか。

住民票コードについて(横浜市)
http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/madoguchi/j-net/j-netca12.html

京急空港線10月から120円も値下げ

京急空港線は10月から加算運賃を170円から50円に値下げ(120円枝値下げ)

これで品川から羽田空港国内線ターミナル(羽田空港)まで現行410円から290円に値下げされる。これは、空港線の建設費を加算しているものがおおかた償還できたとして、値下げされるもの。値下げの時期ははっきりしてしていないものの、値上げ当初から値下げは約束されていたもの。

ここで問題になるのは、東京モノレール。浜松町から乗車すればモノレールの方が安かったが、京急が値下げすることで、都営地下鉄浅草線の大門から乗車してもモノレールより安くなる見込み。
さらにJR線が羽田への連絡線を建設することを決定。そうなると、モノレールの存続そのものが問題になる。
東京モノレールはJR東日本の資本が入っていて、JRの路線図にも載っている。
京急は社運を賭けた空港アクセス、値下げはするものの競争は激化する。

徳島阿波踊りツアー発売中

早くも今年8月の徳島阿波踊りツアーを発売中。
今なら航空券が安いので、少し安く手配可能です。
観光協会や市がゴタゴタしている阿波踊りですが、あの活気は行ってみないとわかりません。
一度行って、毎年いらっしゃるお客様もいるくらい素晴らしいです。

今年は久しぶりに出かけてみようかと思う次第。

徳島阿波おどりツアー2019(市内ホテル泊)

横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)

横浜駅近くから反町に抜ける、元東横線の線路跡の道路に、横浜緋桜が植えてある。
横浜市の人が交配した品種で、花が大きめで早咲きから遅咲きまである。
少し早めに開花して、春を感じた。

横浜緋桜

あと一ヶ月でソメイヨシノも開花して、本格的な春がやってくる。

話題の骨髄バンク

話題になっている骨髄バンクについて。
いろいろ誤解や間違った情報があるので、今までわかったことを紹介。
骨髄バンクの登録は54歳までで、55歳までお声がかかる。
理由は、全身麻酔によるそれなりに体に負担がかかるものであるため。

ドナーは全身麻酔をして、骨髄と名前がついているものの、採取は骨盤から。
お尻に数カ所はりを刺して採取する。一般的には傷跡は消えて痛みも消えるが、まれに痛みが半年くらい残る人もいる。
死亡例は協会を通して行ったものではゼロで、血族間で行われたもので一例あるらしい。
つまり、死亡することや後遺症はほぼないといってもいい。
ただ、全身麻酔で採取することでリスクがゼロではない。

一日につき、雑費として5000円支給される他は、金銭のやりとりはない。当然、検査や手術の費用は患者が負担する。
あと4年の間に(55歳までだから)オファーが来るかどうか。
提供する確率は3%に満たないので、ほぼ来なそうだが来たときは引き受けるつもり。申し出を断れば亡くなってしまうかもしれない、そう考えると仕事だのその程度のことで断れるはずもない。

世田谷区を散策

東急沿線に所用があるので、いつものワンデーチケット(一日乗車券)

妙蓮寺→(菊名乗り換え)→自由が丘

目の前で新車の急行が行ってしまってテンションが下がったので、気持ちを切り替えて反対方向へ。

自由が丘→(大井町線)→大井町

大井町では特にやることもないので、駅前のヨーカー堂に行くも特に買うものもない。

大井町→(大井町線)→二子玉川

さっき乗り損なった新車、6020系。

6020系

3号車にはQシートなる有料座席の車両がある。平日の夕方運転されていて、その他の時間は座席がロングシート状態に固定されている。

オレンジで目立つQシート車両

二子玉川→三軒茶屋→(世田谷線)→上町

世田谷区立郷土資料館

上町から徒歩5分くらい

入館無料。17時までなので残り1時間弱。

玉川上水
世田谷区中心の資料

世田谷区が人口90万人を超えていることがいちばんびっくり(ここでなくても得られる知識)
世田谷の町名がすべて村だったこともわかった(その程度の学習)

興味を持ったのは玉電

上の模型は京都市電に似ているらしい

起源は1578年の世田谷ボロ市

江戸時代の様子

ビデオブース発見!

二室

玉電関連のビデオがあったので観賞。明治40年生まれのおじさんが元気に出演している。バスの状態などから判断して、軽く35年以上前の映像。
閉館時間に近くなったので撤収。

上町→三軒茶屋

上町は検車区があるので、始発や終発電車がある。前払いの世田谷線だが、ここは三軒茶屋駅と同じく改札口があって、そこで前払いするのでどこのドアからでも乗車できる。

かみまち駅

上りと下りが離れている。

下高井戸行き

三軒茶屋駅前のキャロットタワー

キャロットタワーは複合商業施設で、行政サービスも受けられる。
26階には無料の展望台とレストランがある。
レストランはホテルオークラの本格派。

真下を世田谷線が走る
カフェコーナー
23階でもかなり高い
神奈川方面

神奈川方面は武蔵小杉の先に自宅が見えたような気もするが、よくわからない。

三軒茶屋→たまプラーザ

たまプラーザに降りてみたかったから。駅前に東急ストアとイトーヨーカ堂がある。
東急の社長が作った町、社長自ら名付けた駅名「たまプラーザ」

たまプラーザ

たまプラーザ→溝の口

溝の口の所用。

兵庫県室津産@340円
ラムのカルパッチョ
不動のマルゲリータ
鴨!

ワインと一緒に!とある。期待。

鴨肉のロースト

シンプルに塩味で、やきとりみたい。おいしいからまあいいか。

カスクブレンド

カスクとはワインの樽で寝かせたウイスキーらしい。総量が減っていいので、炭酸を少なめにしてほしいと頼む。ウイスキーの味が知りたいから。

ハイボール

サービスしてくれたのだろう。やっぱり角ハイボールとは味が違う。
満足して店を後にする。

溝の口→(大井町線)→自由が丘→菊名→妙蓮寺

菊名で途中下車、所用を済ませていつもの妙蓮寺。
天然ブリかま(巨大)、ローストビーフ、活きアワビなど高級食材を購入して帰る(もちろん半額シール貼付)
アワビのお刺身を食べて飲みなおして幸せ。