中野区立歴史民俗資料館

山崎さんが土地を寄贈したらしい
常設展ほぼこの範囲で全部
犬を運ぶカゴ

徳川家光時代、生類憐れみの令の影響で犬を捨てる人が増えて、その犬を収容するために中野に犬小屋があったそうだ。犬小屋といっても、中野御用御屋敷といわれ広さはなんと16万坪!

16万坪=528925.62平方メートル=0.52平方キロ

よくあるわかりにくいたとえ、横浜スタジアムに換算すると約44個がすっぽり入る。
1キロ×1キロが1平方キロだから、1キロと500メートルでだいたい0.5平方キロになる。
1キロと500メートル四方ならかなりの広さ。
収容された犬は10万頭とも20万頭ともいわれている。
このようにカゴに入れて運ぶのも馬鹿げている。

韓国の教科書に徴用工として載せられそうだ
江戸時代の再現

中野区すべて探してもこのような家は残っていないだろう。
昭和62年に取り壊したとあった。

展示品ちょっぴり

定期的に特別展も開催されているが、今日はやっていなかったので常設展だけ。
どんなにゆっくり見学して読み込んでも1時間はいられなそう。寄贈された土地でなければ運用できないだろう。
全国にかなりの数がある、郷土資料館はその土地の昔の生活がわかっておもしろい。
ただ、どこも土器からはじまって、けっこうワンパターン。

菊名まで歩く

菊名に用事があったので、往復する。

メロンフェス!

ホンジュラス産、ホンジュラスってどこだ。
それよりも、メロン売り場にメロンパンはこれいかに。

「ママ~メロン買ってよ~」「じゃあメロンパン買いましょうね」大作戦。

メロンパンは半額の70円になっていた。メロンパンは意外にカロリーが高く、ひとつ400キロカロリー近い。1時間歩いても200キロカロリーしか消費しないのに…
もともと食べる気はないけれど。

菊名駅に西武のSトレインの回送車だ!

ひどいアングル

そしていつもはホームにいる菊名駅。

菊名駅

珍しい車両でもなんでもなく、なんともつまらない写真。

往復歩いて17000歩くらい。結構な坂道もあるのでなかなかの運動量。完全に坂道を排除することはできなそうだけれど、よりカロリーを消費するということで坂道もいいことにしよう。

浴室清掃をしてもらって

モニター関連でお風呂の掃除をしてもらった。予定の2時間を過ぎて話を聞くと、この排水溝のふたをきれいにするのに時間がかかったらしい。

排水溝のふた

これが5枚もはまっていて、さらに3辺は棒のようなもので、排水溝のふたがしてある。ふたがしてあるので、当然ふたに髪の毛や湯垢がこびりついて、不潔になる。
掃除をしてくれた人が言っていたが、取ってしまっている人も多いらしい。10年以上経っているので掃除のことなどちっとも考えられていない。このふたも溝にカビが生えたり、かなりうんざりする代物。

ふたを取り去る

排水溝に5枚横に並べてあった。縦の辺と手前には棒状のふたがあった。どちらもせっかくきれいにしてもらったので、このまましまっておくことにした。排水溝のゴミもすぐに取れるし、目に付くのできれいにできる。10年住んでいて大きな改革。

ベンガベンガ

ベンガベンガ

フレスコベンガベンガというおかしな名前のスーパー。都内に数店舗あるチェーンのスーパーで、調べてみると元々はベンガベンガとうスーパーをフレスコグループが買収したからフレスコがついたらしい。フレスコはピアゴ関東だったから、ユニーの遠い親戚というか、昔の恋人のようなものか。
店に入るとラジカセから、「本日もフレスコベンガベンガにご来店いただきましてありがとうございます、本日はお肉が…」というアナウンスが流れていた。

スペイン語で来て来てとか、いらっしゃいとか、GOGOみたいな掛け声のような言葉らしい。検索すると、スペイン料理店ベンガベンガも数店あった。Hola(オラ)はこんにちは、こちらもやっぱりスペイン料理のお店の名前に多い。
こんにちはとか、やあ!という日本語のお店はないので、スペイン人が見たらどう思うのだろう。スペインにもベンガベンガという店名はあるのだろうか。

9%チューハイ

アルコール度数9%の缶チューハイがよく売れている。てっとり早く酔える、少ない本数で酔える=安く酔えるということが人気の要因。

うちで飲んでいるレモンサワーのアルコール度数はどのくらいだろうと思って、計って計算してみる。

いつもは適当にジャボジャボと注いでいる甲類焼酎。計測すると、だいたい100mlだった。炭酸水は500mlのものをだいたい半分。レモンの果汁の量は誤差として計算する。

全体量が焼酎100mlと炭酸水半分の250mlだから350ml。ちょうど缶チューハイと同じ分量になった。甲類焼酎は25度(%)なので25gのアルコールに換算して、

25/350×100=7.14%

一般的なレモンチューハイの7%ほぼ同じだった。9%にするのに必要な焼酎は、約140mlだった。

小さなグラスになみなみと焼酎が注がれるお店があるが、あれで350mlの7%の缶チューハイを2本飲んだのと同じくらいのアルコールであることもわかった。

馬場花木園のボケ

ボケ

漢字では木瓜。瓜のような実がなるので、木の瓜で「もけ」がボケになった、「ぼっくわ」からボケになった説がある。

木瓜牛乳

台湾では木瓜はパパイヤのこと。やはり木になる瓜のようだからだろうか。

馬場花木園

もう少し広いといいのだけれど、コンパクトなところにたくさんの花木が植えられている。少しずつ覚えた花の名前も増えてきた。

近所の神社に猫がいた

横浜一ノ宮神社

近づくとニャ~と言って10メートル歩いてまた座った。

近所の猫屋敷が引っ越して、うろうろしていた猫もいなくなった。連れて行ったのかどうなったのか気になるのだけれど。マンションの前にいて、ニャ~とついてくる猫もいた。連れて帰りたいけれど…

神社に神頼みと横浜アリーナ

叔母の手術があるので、近所の氏神様にお参りに行く。小銭を持ち合わせていなかったので、次回お支払いするということで(バスか!)

子安浜の漁民に信仰された海の神様、ぼくは海事代理士だし聞いてくれるだろう。

一宮神社

新横浜を目指して歩く。

新横浜のランドマーク、プリンスホテル

横浜アリーナ、はじめて来た。

横浜アリーナ

ゆかりんこと田村ゆかりさんが二日間コンサートをしたっけ。
広い。

バーゲン

ピンクのスニーカーとスリムなGパンを買って帰る。

ホワイトデーにつなぎ

やきとり中心のチェーン居酒屋。つなぎがおいしいので、いつも数本頼む。

つなぎ

ハツ(心臓)の上の血管の部分あたりがつなぎ。ハツを買ってくれば作ることも出来るが、ハツ一つ(一羽)からひとつなので、一串5~6個いるので、ハツを一パック買ってきても、この2本くらいしかできない。

ふたりで6本食べたところでなくなったのかストップされたのか、終わった。
ホワイトデー、母にもらったので何か買ってお返ししよう。
ゲイのお友だちに返さなきゃダメ!って言われたから。

大倉山梅林

季節外れの大倉山公園に行って、次は梅の季節に来ようと心に誓ったあの日。
梅もすっかり終わりの季節になってしまった。
ピークを過ぎてもまだ咲いているはず、今行くの、いつでしょう。

大倉山駅から線路わきの道の坂道を登っていく。

右には東横線、目が離せない
丘の上から少し下る
梅の横には桜

まだたくさん待っていてくれた。

きれい

帰り道、住宅地の中でやきとり屋発見。
あとで食べログを見ると、1本100円みたい。
でも、のぼりがヘンなの!

大倉山徒歩10分弱

ガーリックスタミナサラダ

写真がなかったので、名前でなんとなく想像。

スタミナがつくかどうか

ガーリックは業務用ガーリックチップだった。
豆がたくさん入っていておいしい。これで650円(税抜き)なら満足。
ちょっとドレッシングがかかりすぎていてしつこかったけれど。

その他は高めの価格設定でいまいちな感じ。

直火式エスプレッソメーカー買う

エスプレッソのコーヒー(粉)を半額で手に入れたので、おかしなきっかけだが、とてもおいしいと評判なので直火式エスプレッソメーカーを買うことにした。

イタリア製のこれほぼ一択で、トータル的に安かったビックカメラで購入(ヨドバシも同じ価格)

3000円ちょっと

下の部分にコーヒー豆(粉)を入れてねじ込む。水を入れて火にかけると、コーヒーが上にあがるしくみ?よくわからない。
圧力をかけたお湯で抽出するのがエスプレッソであることはたしか。
フィルターもいらないし、水洗いだけでいい、すぐに抽出されるのがいい。
味はスッキリしていて後味がさっぱり。ちょっと気分転換にいいので気に入った。
空だきするとゴムのパッキンがとけてにおいがついて、使えなくなるとご助言いただいた。