台北→福岡、福岡市営地下鉄一日

朝6時までにホテルを出なければならないので、朝食には間に合わない。
もったいない。

現在の終点環北駅

ここから台鉄の駅まで延長工事中。

まだ夜明け前
少しずつ座席は埋まった

空港まで25分くらい。台湾のMRTの座席はみんなこんなで座り心地が悪い。
注意するのは飲食禁止であること。水を飲んでもガムを食べてもいけない。

いちばん遠いのは30分!

BR106 エバー
台北(桃園)(810)→福岡(1115)時差があるので2時間5分

A330-300
バッドばつ丸というらしい

機内食の食器(プラスティックのスプーンなど)がおもしろかったので持ち帰った。

沖縄便よりちょっぴり豪華

那覇からの便はサンドウィッチだったが、少し豪華になった。ごはんはちょっぴり。
前回と同じように食事を配り終わるとポットを持って回ってくる。
今度はカフェ~と回っているCAさんからもらう。

福岡空港のラウンジは缶ビール1本またはソフトドリンク飲み放題の選択

ビールが無料なのは、成田、熊本、福岡が一本、中部が飲み放題。

福岡市営地下鉄、一日で全部乗る

福岡空港駅

必須アイテムの一日乗車券を購入

シンプルなデザイン

いずれ全国の地下鉄を踏破しよう、福岡市営地下鉄は路線が短いので比較的楽。

福岡市交通局より

貝塚線を目指す

福岡空港→中洲川端→貝塚

中洲川端でのりかえ

貝塚の改札口は西鉄貝塚線がすぐ

西鉄貝塚線は貝塚から香椎までで、この地下鉄と乗り入れ計画がある。最終的には貝塚線は3両編成のまま、地下鉄の天神まで入れる計画に落ち着いている模様。

あせって撮影したのでピンぼけ(と言い訳)

早いうちに七隈(ななくま)線に乗ってしまおう

貝塚→天神→(地下街)→天神南→橋本

貝塚からは中洲川端止まりと姪浜直通が交互にやってくる。

福岡の繁華街
天神ふれあい通り
福岡市交通局より

東京メトロはのりかえ30分で、乗り換え以外に何かをしてほしくない感じだが、こちらは120分ということは、買い物なども積極的にしてほしいということだろう。

将来的には博多に乗り入れる(2022年度を予定)

5分以上歩く

日本で三番目のリニアモーター駆動の地下鉄

大阪市高速電気軌道長堀鶴見緑地線(元大阪市営地下鉄)、東京都交通局大江戸線に続く三番目。

東京メトロ10000系に似ている

ワンマン運転で、後ろの席は解放されている。

小さなふたり座れる座席(運転席)がある
車内は狭い
橋本駅

ショッピングモールが駅に直結

連絡橋
木の葉モール橋本
けっこう駅数がある

橋本→天神南…天神→姪浜

めいのはまと読む
駅前ひろばは広い

ここからJR筑肥線筑前前原(ちくぜんまえばる)、西唐津まで直通運転されている。

2000系
ロングシート

時間がなくてほぼ乗るだけで終わってしまった。

福岡や熊本などでよく食べられている、コノシロのお刺身が食べられた。
桃川(青森のお酒)純米酒を瓶ごと燗して楽しむ。

コノシロ刺身
桃川(純米酒)