最近一日一回は考えること

犯罪や事故で亡くなった人の報道を見たり、これからのことを考えると、死んだらどうなるのかなと気がつくと一日一回考えている。死ぬことは誰でも怖い、だから宗教や生まれ変わるという概念があるのかなと。
眠くなって寝ると起きるまで記憶がない、そんな状況なのだろうか。
心霊もその場に残っている念などはあるかもしれないけれど、霊魂の存在がだいぶ信じられなくなった。そうなると、稲川淳二の話はみんなウソというわけでもなさそうだし…
体調も悪くなってどうにもならなくなって、もういいかなと思うようになって死ぬのかなとも思うようになった。蛭子さんもいちばん怖いのは死ぬことだって言ってたな。