ソーセージを作る

いよいよすべて揃ったのでソーセージ作りを始める。
新年のせいか豚の塊肉がなかったので、厚切り肩ロース肉で代用。
前日のうちに塩を振っておいた。肉と脂身をだいたい切り分けて、フードプロセッサーであら目にひき肉にする。
肉の温度が上がらないのように、砂糖、塩、スパイスなど入れて混ぜる。

絞り袋に口金を入れて、腸を口金にたぐっておいて、ニュッと押し出す。
押し出すのに力がいるとあったが、思ったよりは簡単に出るが、ひとりでやるのは難しい。
腸の最初にアダプターなどがあるものがあるが、何もないので口金に入れていくのが難しかった。

手始めに2m作ったが、400gの肉は余って、皮なしソーセージもできた。

1時間くらい乾燥させる

70~75℃のお湯で20分程度茹でる。

この他に皮なしができた

フライパンでいい感じに焼く。火は通っているので温めと焦げ目をつけるのが目的。

食べてみると、売っているものに遜色ない!とてもおいしい。
カナダ産の豚肉でこれだけおいしいなら、国産豚ならさらにおいしいはず。
セージ(スパイス)も生だし(冷凍だが)それもおいしい秘訣だったかも。

すっかり自信が持てた。次は豚腸を手に入れてフランクフルトを作りたい。
その次は軽く燻製したい。
夢広がる。