Peachポイント延命その後

ピーチポイントを使って購入した航空券、または払い戻し対象の航空券の払い戻しはピーチポイントで行われる。
ポイントの期限は180日。長いようで短い。特に昨今のコロナ渦では延長をしてくれないピーチに不信感を抱く。

ピーチポイントだけでプライムピーチで航空券を予約・支払いをする。支払手数料(ポイントのみの場合210円)を除いて新しいピーチポイントで払い戻される。

年末年始なので、年末の成田発は高額になっていて、いくつか検索すると石垣行と女満別行が特に高額だった。
予約をしてポイントで支払う選択をすると、どのポイントを使用するか選ぶ。当然有効期限の早いものから選ぶのだが、ここでひとつめの問題が発生。

8件ポイントがある

ポイントは5つしか選べない

今回は購入を分割していて、100円(購入したかもらったか不明)、10000円、5000円、5000円、2900円が来月15日まで。

5つ選ぶと28000円だが、ぴったり28000円の支払いにするのはほぼ不可能。差額をクレジットカードで支払うと支払手数料は210円ではなく、600円になってしまう。

仕方がないので、100円諦めて、2月11日まで有効の10000円も使って精算する。

恐る恐る払い戻してみると、たしかに支払手数料の210円以外は新しい有効期限で戻ってきた。

有効期限が延長されている

運賃以外は払い戻しにならない!

座席指定料や手荷物持ち込み料金などで、額を合わせてしまっても、払い戻しされないので運賃だけを支払わないといけない。

上4つのポイントと、最後のポイントを少し使ってもう一件予約をして同様に支払う。そして払い戻すと、見事に半年間延長されたポイント2件になった。

ANAなどマイルを使った航空券で、払い戻しが発生したときにマイルの有効期限が来ていると払い戻しされない。
ピーチポイントもこのルールになってしまうまでは、この方法でポイントが延長できそう。