JCBのポイントをマイルに交換する

定期的に期限がやってくるJCBのポイント。
通常ポイントはANAのマイル、ボーナスマイルはnanacoなどのポイントに交換する。
通常ポイントは1ポイント(1000円利用)=10マイル
ボーナスマイルは3マイルにしかならないので、他のものに交換。

今回のキャンペーンはファミPAYに交換。
ファミPAYに交換すると、なんと100%ポイント還元。
つまり、1万円分交換すると、後日1万円分のポイントがもらえる。
ただし、期間限定ポイントで2ヶ月程度で期限が来るが、いざとなったらAmazonにチャージすればいい。

JCB Okidokiポイント1ポイント=ファミPAYボーナス4円

これをボーナスマイルで交換するのは確定だが、通常ポイントも交換するか否か。

通常ポイント1ポイントで10マイルだが、特典航空券に交換するのに必要なマイルは、国内線なら片道5500マイルくらいから、沖縄にピーク期に往復すると21000マイル必要。
ところが、提携国際線特典航空券なら、往復に2航路ずつ国内線を着けても韓国往復なら15000マイル。
過去に行ったツアーで、

羽田→宮古島→那覇→釜山

釜山→那覇→熊本→羽田

こんな経路で、国内一カ所は24時間以上滞在出来る。

これだけ乗っても、15000マイル。宮古島の往復より少ないマイル数で宮古島に行かれる。韓国はおまけ。

だからANAでの国内旅行はほとんど韓国がセットになる。
逆に15000マイルはどのくらいの価値か。

15000マイル→1500ポイント(JCB)必要→nanaco(1ポイント5円)なので7500円分。

nanacoに交換すると7500円にしかならないポイントで、韓国往復、宮古島往復ができる(空港施設料など諸経費は別に必要)
今回のファミPAYは1ポイントで8円相当。
それでも1500ポイントは12000円。
ファミPAYはスーパーなら東急ストアとオーケーくらいしか利用出来ないので使い勝手が悪い。
結論として、ボーナスマイルの分だけ交換することにした。
同時に通常マイルも交換しなければならないので、42000マイル交換。いまから3年以内(新型コロナ措置でさらに延長されなければ)に使い切らないといけない。

ちなみに、ヨーロッパ、アメリカへは通常期で55000マイルなので、nanacoに換算して27500円。マイルに交換するのがいかにお得かわかる。
ただ、55000マイル貯めるには、1000円で1ポイントおまけに1000円未満は切り捨てなので、最低550万円利用しなければ得られないのでなかなか難しい。ポイントを利用してマイルに交換する方法もあるがぼくは純粋に利用だけでマイルを貯めている。