エイを見つけて関内まで歩く

京急本線神奈川新町に隣接している新町検車区。
留置してある車両の入れ替えが行われるが、昔からおかしな行き先を表示してあることがあっておもしろい。

エアポート急行三崎口行き。

実在しない行き先。エアポート急行は名前の通り、羽田空港発着の列車の相性で、空港線内は各駅停車なので、空港線はすべてエアポート急行またはエアポート快特が運転されていて、早朝深夜の蒲田止まり以外の普通列車は運転されていない。さらに、京急久里浜行きが1本あるだけで、エアポート急行の横浜方面行きは神奈川新町、金沢文庫、逗子・葉山行きだけ。
さらに三崎口がある久里浜線は特急と快特しか走っていない。各駅に停車する京急久里浜行きもなぜか快特。
要するに、エアポート急行に三崎口行きはないし、三崎口にはエアポート急行は走っていないということ。

横浜中央卸売市場近くでカルガモを見ていたら、エイを見つける。

拡大

アカエイ

おそらくアカエイというポピュラーなエイで、エイヒレを含めて食べることができる。もっとも、臭いくらいの川なので食べられたものではないと思うが。
よくみると、あそこに一匹、こっちにも一匹で5~6匹見つけた。普段は砂の中に潜っているが、酸素不足なのか水面に上がってきていた。

雨が降ったりやんだり、関内で3ヶ月ぶりに髪を切り、山下公園に向かったがやはり雨が降ってきたので、元町を久しぶりに歩いて石川町駅から電車で帰る。

それほど歩いていないかと思ったら…