横須賀でビールを飲む

JR横須賀線の横須賀駅。ホーム一本に二本の電車が停車できるが、一本は行き止まり。結局、ひとつの面に上下線がやってくる。もうひとつの面は始発電車が停車している。
もともとの終点だった名残だろうか。

これは始発列車、この手前は行き止まり
JR東日本サイトより

線路はたくさんあるが、旅客に使用できるのは二本で、上下線で使用できるのは一本なのがわかる。

駅の目の前がヴェルニー公園で、自衛艦も見える。

潜水艦も見える(ここには写っていない)

横須賀市の中心は京急線の横須賀中央駅。JR横須賀駅からは徒歩25分くらい。バスは横須賀駅発着が多いので、中央と横須賀駅のバスの便は多い。

所用を済ませる。

ハッピーアワー

ホッピーがあるのは珍しい。ビールはジョッキが小さめ。プレミアムモルツのジョッキよりはましだが。ビール一択、ホッピーにも目が行くだけ。その他はスルー。

チャーシュー

このまえ同じものを食べたばかり。店によってずいぶん違う。

厚さも量も全然違う

ハーフサイズが間違えて提供されたのか、単に店がケチなのか。

ちなみにメニューはこれ、999円。

これはない

横須賀は横浜から30キロ近く離れている。米軍キャンプもあって独特な雰囲気。鎌倉、逗子と好きなところが続く。

藤沢をうろうろ

新子安駅スタート

北行大宮方面行き

この電車が向かっている方向に鉄道ファンが集まることがある。写真を撮るため。最近まで、三脚は使用しないこと、脚立は使用しないことと注意書きがあった。
その名残を発見。

命令形

インチキ乗車券で来ているカメラ小僧も多いとはいえ、一応はお客なわけで、この表現はないでしょう。道路標識じゃないんだからさ。

やおこではなく、ヤオコー

向こうの山にロープウエーのようなものが見えたが、単なる高圧線みたい。

法華クラブ

学生時代に広島店でバイトをしていた法華クラブの藤沢店。ここに勤務するはずだった18歳の青年が広島に転勤でやって来た。藤沢に戻って某所に転勤して偉くなったみたい。

藤沢のオーケーストアは高台に建っていて、下から入るとおかしな入り口に迎えられる。

オーケー藤沢店入り口

表玄関はきちんとしていて、ここは裏口のような扱い。

藤沢駅で配っていたトイレットペーパーをもらう。

巻きが少なそう

ずっと印刷されているようなので、これでもかと啓発できる。

法人会に加盟した

起業して15年以上経って、この期に及んで法人会に加盟した。商工会議所と迷ったのだが、商工会議所は面談に係の人がやってくる、またはこちらから出かける、予定を、決めないといけないというのが面倒で見送った。法人会に意味が見いだせなかったら商工会議所を考えよう。
会費は共に月1000円で、入会金はない。法人会はその名の通り法人が加盟していて、小さな社長だけの会社から結構大きな会社も加盟している。商工会議所は単位が小さくて、基本的には横浜の会社や個人事業者という感じ。知り合う人が違いそう。

とりあえず4月に研修会と懇親会が近所であるので参加して様子を見てこよう。

9%チューハイ

アルコール度数9%の缶チューハイがよく売れている。てっとり早く酔える、少ない本数で酔える=安く酔えるということが人気の要因。

うちで飲んでいるレモンサワーのアルコール度数はどのくらいだろうと思って、計って計算してみる。

いつもは適当にジャボジャボと注いでいる甲類焼酎。計測すると、だいたい100mlだった。炭酸水は500mlのものをだいたい半分。レモンの果汁の量は誤差として計算する。

全体量が焼酎100mlと炭酸水半分の250mlだから350ml。ちょうど缶チューハイと同じ分量になった。甲類焼酎は25度(%)なので25gのアルコールに換算して、

25/350×100=7.14%

一般的なレモンチューハイの7%ほぼ同じだった。9%にするのに必要な焼酎は、約140mlだった。

小さなグラスになみなみと焼酎が注がれるお店があるが、あれで350mlの7%の缶チューハイを2本飲んだのと同じくらいのアルコールであることもわかった。

近所の神社に猫がいた

横浜一ノ宮神社

近づくとニャ~と言って10メートル歩いてまた座った。

近所の猫屋敷が引っ越して、うろうろしていた猫もいなくなった。連れて行ったのかどうなったのか気になるのだけれど。マンションの前にいて、ニャ~とついてくる猫もいた。連れて帰りたいけれど…

2019年の幕開け

今年は何をがんばろうか、プラス思考でいこう。
さすがに資格試験は懲りたので、旅行の仕事、行政書士・海事代理士の仕事にがんばろう。
いまは足がつることとの戦いだ。すねがつるのは、ふくらはぎより痛い。伸ばしようもなくつらい。

2019年はじめての富士山。クリックで拡大。

大掃除中

あまり開けない押し入れの中身をかなり捨てた。
ヤフオクにひとつ出品。1000円でもいいや。捨てるのはもったいないから。
ものは、未使用防犯カメラ。

今年の居酒屋覆面調査の回数をカウントした。腹が立ったチェーンがあったので、それを自粛したので昨年から大幅に減ったはず。

1月7回、2月13回、3月7回、4月8回、5月6回、6月6回、7月8回、8月7回、9月1回、10月9回、11月3回、12月5回の合計80回。月平均6.6回。

9月が1回と驚異的に少ないのは、試験勉強をしていてそんな気持ちになれなかったから。この他、友だちと飲んだり、誘ってもらって飲みに行ったのでプラス数回。

来年はいきつけのお店を数軒作るのが目標。

まだ外に出ず

まだ胃腸が本格的に稼働しないのと、さしこむ痛みには勝てずにおとなしくしている状態。
旅行記を載せることもできたし、あと一息体調が良くなってくれたらいい。
スーパーの食料品はお正月用品におされて、いつものものが高くなる。鶏肉を焼けばいいや、の鶏肉が高騰するので食べるものがなくなってしまうじゃないか。

腹痛再び

薬ももらったし、もう大丈夫と早く寝ると、今度はおへその下あたりがけっこう痛い。
病院は再診で安いし、違う痛み止めももらっておこうと再び病院へ。
一度うちに戻ったものの、呼ばれたのは1時間40分してから。
大したこともないらしく、盲腸(急性虫垂炎)の疑いもなく整腸剤と痛み止めの処方箋をもらって帰る。

痛み止めは二種類。
ストロカイン…腸管を麻痺させることで痛みをやわらげる
ブスコパン(ジェネリックで後発品)…消化管のけいれんを抑える

効き方が違うので一度に両方飲んでもいいらしい。たまには薬剤師も役に立つ。いつもは診察の反復だけなのに(おなかを壊しましたかとか薬を見ていうだけ)

明け方目が覚めるとすごい胃が痛い。胃は治ったと思ったのは甘かった。
ブスコパンを二錠飲むとなんとか治まったのでよかった。
今年は体調不良ではじまり体調不良で終わった感じ。

海事代理士登録の準備

戸籍抄本がいるので本籍地のある江東区役所富岡出張所へ。
来年の2月から全国のコンビニコピー機で取り寄せられるようになるもよう。
なお、謄本と抄本の違いは、謄本は全部、抄本は謄本の一部という意味。
家族関係全部載っているものが謄本、本人だけのものが抄本。

実家に寄ってプレーステーションのデジカルリーグのペナント戦を三戦こなして帰る。ベイスターズが1番石井、2番波留、3番鈴木、4番ローズの時代。抑えが佐々木。

この夜、つらい思いをすることは今は知らない。

ジャンバラヤ

中学生くらいの時に、家族で行ったデニーズで食べた記憶があるジャンバラヤ。
炒めごはんでカレーチャーハンのような記憶だったのだけれど。

ケイジャン入りジャンバラヤ

なんかリゾット(おじやともいう)みたいだ。
スパイシーでおいしい。リゾットよりも炊いた米で作ったような微妙な感じ。

調べてみると、スペインからの移民がアメリカで作ったメニューらしく、生の米から煮て作るので味のベースが違うだけのリゾットと同じ。
スパイスがやっぱり好きだ。これは和食にはない感覚。

カイノミも食べた。こちらはスパイスが足りなくて、肉肉しい味。赤身だからなおさら。

カイノミ

カイノミはバラでも赤身に近い部分らしい。昔はバラとロースとカルビくらいしか区別されなかったが、より細かくすることで商品価値を上げた感じ。

年賀状の準備

年賀ハガキを少しでも得に買う。
郵便局のオンライン通販を利用すること。JCBカードは使えず、VISAとMASTERだけだが、クレジットカードで購入することが出来る。5000円だか6000円以上購入すれば送料が無料になる。
切手も同様だが切手と年賀ハガキは同梱できないので、それぞれで送料無料になるように購入しないといけない。

今年もくじ付き年賀切手を100枚買った。これで最低3枚は切手シートが当たる。
寄付金が3円で100枚なので、300円寄付することになるが、切手シートが3枚ともしかしたら商品があたるかもしれない(すごい低確率なのだが)

はずれた切手はゆうパックを出すときに、切手別納で金券のように支払うことが出来る。沖縄に旅行に行ったときに、一升の紙パックの泡盛を14本買って郵便局から出すと2000円前後使うことになるので、数回で使い切る。

今年もシュールな絵柄で年賀状を出す。年賀状だけでつながっている人もいるし、まだしばらく年賀状は出すことにしよう。

切手以外も販売するようになって、魅力のないオンラインショップになっている。

https://www.shop.post.japanpost.jp/shop/default.aspx