イトーヨーカドータイムセール

歩いて1時間のイトーヨーカドー鶴見店のタイムセール。
16時、17時、18時の3回、食品売り場ではじまる。
売り場が分かっている人は、10分くらい前から並び出す。あと5分くらいなので、並んでみよう。
3分くらい前になると、奥からカバーをかけた台を店員さんが押してくる。店内放送が合図ですのでお待ちくださいと。
台は3台で、並んでいた人が目の前の台でスタンバイ。
ピンポンポーン♪ただいまより食品売り場で16時のタイムセールを開始いたしますと店内放送が流れ店員さんがさっとカバーを開けると、鮭の切り身と鶏もも肉など(その他はみんなが取ったのでわからない)
鮭の切り身はすごい薄いものの50円、国産鶏もも肉は150円、2枚ずつ取れた。
ものの数秒ですべて売り切って終了。
他の2台は炭酸飲料となんだったか、なにしろあっという間だから。それほど取り合いにもならないけれど、何となくあまり参加したくない…
というより、月に1回も行かないので関係ないか。

ヨーグルト倍増計画

ヨーグルトを毎日食べていたが、食べても食べなくても体調の変化はない。乳製品にあまり強くないおなかには悪い影響があるかもしれない、という自己判断でたまにしか食べなくなったヨーグルト。

こんな製品があるが、効果は薬ほどはないにしても、なにかいいかもしれない。
ということで、ローソンお試し引換券で40P(=40円)で手に入れた。

トリプルヨーグルト

これをたくさん買って毎日食べる、なんてお大尽なことはしない。

ヨーグルトメーカーで増殖させる。牛乳代とわずかな電気代(1回たぶん数円程度)で無限増殖計画。
実際には菌が弱ってきて固まらなくなるが、10回や20回は軽く作れる。

これで少し健康になるかも。

QRコード決済

キャンペーンが終わるととたんに利用しなくなるコード決済。誰もそうのようで、最近行われたアンケート調査でも、キャンペーンが終了したら使わないというのが一番多かった。ぼくはもともとクレジットカードで支払っていたので、クレジットカードに戻ったり、カードが使えないところは利用することがあるかもしれない。
キャンペーンがないときでも、細々と送ってくるのでかなりややこしい。

ローソンアプリを開くと、QUOカードPAYに200円プレゼント。コード決済で使える200円でローソンで使うようにある。くれるというなら使ってやろうと、うちに数十本単位であるチリワインCASAの白ワインを購入。370円くらいで手に入れば、あのあまりおいしくないオーケーのワインとほぼ同じだ。

ゆうちょが遅れてゆうちょPAYなるものを出してきた。登録で500円、それだけ。
みんな登録だけして削除するだろう。デビットカードがまったくはやらないのに、こんなものが浸透するはずもない。アプリの作りはお役所特有のセキュリティが厳しすぎて使うことができないくらいのひどいアプリ。お得なクーポンとやらが8月に配布されるらしいが、その頃はPAYPAYやLinePAYは遙か彼方に行ってしまっているだろう。

LINEPAYもクーポンとやらをちょろちょろと配布してくる。ローソンのからあげくん半額やまちカフェ(店頭でいれるコーヒー_半額。からあげくんを買うことはないが、半額となるとスナック菓子の価格帯に落ちる。機会があったら購入してみようか。

モニターをやったおかげ

ちょうど、セブンイレブンの5店舗で買い物をしたらクーポンをプレゼントというものがあり、商品モニターで、セブンイレブンで買わなければいけないものがあった。
結果的に複数店舗を回って購入したことで自動的にもらえた。

よくわからない存在

というわけで、ローソンの店内でローソンアプリを開いて抽選、QUOカードPAY200円を使ってワインを購入、セブンイレブンでからあげ棒をもらう、これらのミッションを月末までに遂行しないといけない。

お酒、食べるもの、小銭には困らない星の下に生まれたと思う。

沖縄のラジオ

radikoプレミアムサービスにお金を払って、全国のラジオが聴けるようになった。主に聴いているのは、沖縄と北海道。特に沖縄は毎日一度は聴くくらい。ネタも投稿して何度か採用された。沖縄の方言にもなれて、だいぶうちなんちゅ~に近くなった。
うちなんちゅ~(沖縄県人)のネタを聴いていると、ないち(沖縄以外)とずいぶん違うことがあって面白い。
家庭訪問の話があって、投稿者の妹が学校の教員をしていて、家庭訪問に行ったらしい。お父さんが漁師で、「先生にマグロのおいしいところを食べてもらおうと思って!」とマグロの解体ショーが始まる。
ここが赤身、これが中トロ、これが大トロ!
妹は生ものが苦手だったが、仕方なく食べて「お、おいしいです」と。
ぐったりした顔で帰ってきた妹の顔が忘れられませんと。
他にもうちなんちゅ~ならではのおもしろい話がたくさんあった。

トレッサ横浜から大倉山

散歩に目的を持たせて、大倉山が目的地。トレッサ横浜を経由して大倉山に行くことにする。

強烈な坂道のある地域なので、少し遠回りでも坂道を避ける。急坂を登ったと思ったら下るというのもむなしい。

トレッサ横浜(複合商業施設)に行く途中に、みその公園「横溝屋敷」という横浜市保存の古民家を発見。すでに閉園してしまっていたので、次回のトレッサに行く動機付けができた。

鉄塔を見上げると、なんとウイルコムの基地局。まだ稼働しているのだろうか。PHSの終了が発表されている。

けっこう高圧なはず、横浜火力北線
WILLCOMひさしぶりに見た

トレッサの目的は、サーティーワン、バスキンロビンス。
今日までシングルが100円だから。

5分の1くらい食べた

スーパーsanwa、毎週水曜日は午後5時からのタイムセール、ベーコンかたまり100円、玉子98円、など長い行列ができていた。加工肉毎日3枚食べると、大腸ガンのリスクが18%増加するという研究結果が出たので自分からは食べない。ただでさえ大腸ガンになりそうなのに。

ローソンに寄り道をしてチョコレートを引き換えながら、大倉山へ。

おかしな建物のマッサージ!

レストラン?

レストランか結婚式場か、そこにマッサージが入ったのだろうと勝手に推測。KSGという綱島あたりで見たことのあるマーク。まず、KSGについて調べると、木村商事グループという港北区土着の企業で、レストランオークラ、チャイニーズレストランなど数軒展開、不動産管理などもしているらしい。その会社の物件で、これはなんとワンルーム中心のマンションだった。

プラザK大倉山(木村のKだろうか)

https://www.homes.co.jp/archive/b-30164896/u-24064109/?fbclid=IwAR1dcKfUNy5F2pKe1JGP-qi–1ZvRs6Pazt3i8amJ2tU6NsyjsDQ-fYkpzA

この日はレモンから作った酢をたくさん持って帰る。

たっぷり歩いた

ヒーターを粗大ゴミとして捨てる

98年頃、亡くなった祖母の家から持ってきた電気式のパネルヒーター。一時期はやってデロンギのオイルヒーターのオイルが循環しないような感じ。黒いパネルのヒーターが温かくなって部屋を暖めるというしくみ。空気が汚れない、火が出ないということで購入したのだろう。即効性がない、電気を食うということでうちでもほとんど使われなかった。誰かにあげようかと思ったが、20年以上経った暖房製品は事故が起きる可能性もあるので、粗大ゴミに出すことにした。
横浜市の粗大ゴミを出す流れ。

電話またはインターネットで名前、住所など登録して出す品目を選ぶ。今回は暖房器具があった。200円。だいたい二週間以上先になる。コンビニなどで200円のゴミ処理券を購入。マンション・団地共同の粗大ゴミ置き場の鍵を借りて同日までに捨てに行く。

前回のパソコンラックは誰かが持って行ってしまった。持って行って使ってくれればそれはそれでいいが、処分料は無駄になった。鍵を借りて開けなければ中に入らないので、ついでなのかわざわざなのか、借りて入って持って行ったのだろう。
今回のヒーターは持って行かなかった模様。

大きなゴミを捨てると、少し部屋がスッキリした気持ちになる。

31アイスクリーム

サーティーワンアイスクリームWebより

その名の通り、バスキンとロビンスが創始者で、日本ではサーティーワンアイスクリームが一般的。外国ではバスキンロビンスと呼んでいて、31では通じないそうだ。
40カ国7000店以上あって、1200種類から28種類または32種類販売している。四角形の冷凍ケースは偶数なので、実際には31種類販売している店舗はないらしい。

そんな31、アプリを入れると誕生月無料になるというので入れた。さらに、この数日間シングル100円ということで、行く機会があった。もちろん同行者にほとんどをあげる。

神奈川新町駅隣接の新町検車区で来月引退の800形を発見。

この先で本線と交わる
2018年8月

最後の片開き扉、京急らしい風貌。
今年になってから乗っていない、このまま引退してしまうかな。

ふたたび川越

今日は反対回りで向かう。

横浜線→八王子→八高線→高麗川(直通)→川越線→川越

およそ2時間の小旅行。ぜんぶロングシート。

川越で観光というと、駅前にはほとんどなく、バスや徒歩で向かう。
徒歩で20~30分。観光客向け商店街もあるので楽しみながら歩ける。

こいのぼりたくさん
県道12号線

電柱は地中化されているものの、県道12号線に面しているので交通量が多い。
バスも通る。

川越のランドマーク、時の鐘

時の鐘は一日4度鳴らされるが、10分前に鳴った後だった。

20軒程度の古いお菓子屋が並ぶ菓子屋横丁。みやげ物屋のような雰囲気のお店も。

金沢発祥らしい

金沢発祥のレモネードのフランチャイズ店だそうで、関東圏に数店舗ある模様。
レモンサワーなら興味があるが、レモネードなどまったく興味がないのでスルー。

所用を済ませるために歩いていると珍しい専門店を発見。

きんぴら専門店

亡くなった先代のご主人がゴボウの産地の入間出身だったからだそうで、きんぴらの素材、きんぴら、料理店などにも卸しているらしい。これも好みの味があるので買わず。

レストランにて。

マグロレアカツ、おしょうゆかけたい
黒毛和牛のローストビーフ、おしょうゆかけたい
カツカレー、おしょうゆかけたい

黒カレーなるもの、甘すぎていまいち、残念。とんかつはおいしい。

東武東上線を走る、東京メトロ10000系

元町・中華街行き、これでも帰れる。

川越→川越線→大宮
上野東京ラインに乗り換えようと思ったら、湘南新宿のホームに。わざわざ混雑する方を選んでしまった。

大宮→湘南新宿ライン→横浜

小旅行で気分転換できた。

外務員募集

ハマトラベルではおもにシニアの方の外務員を募集することにしました。

外務員とは…

旅行業者等の役員または使用人(旅行業者の監督下で業務を行う者すべて)のうち、その営業所以外の場所で旅行業務の取引を行う者

旅行会社のものです、という証明が外務員証です。

メリットとして、観光施設など下見と称して提示すると無料や割引で入れる場所があります。他人のパスポートの申請ができます(委任状があれば誰でもできますが)

知り合いやお友だちに旅行商品や旅行の販売をした祭に手数料をお支払いいたします。外務員の方の旅行代金はかなりお安く出来ます。

自分の分は無料にしたい、みんなの世話をするのでお小遣い稼ぎをしたい、旅行会社の営業をしたいなどの方に最適です。

応募資格は特にありませんが、外務員証と名刺を発行し、弊社の名前を名乗っていただきますので、一度お目にかかってお話ししたいと思います。遠方の方は電話でもかまいません。外務員になる費用はかかりません。

添乗員は別に、旅程管理者講習を受けていただく必要があります(2日間1万円程度必要)外務員でお客様に同行する場合は、添乗員ではなくひとりのお客様としてお客様と同行していただくことになります。
添乗もご希望の方はご相談ください。

お問い合わせページからお気軽にどうぞ。

これからの事業を考える

うちの事業は大きく分けて3つ

旅行会社
行政書士事務所
海事代理士事務所

海事代理士は船舶の登記、船員の労務管理、航路の開設、海事免許の更新など海に関する行政書士、司法書士の業務を行う。はじめて聞いた、みんなに言われる。

旅行会社では、外務員を募集して事業拡大。
行政書士事務所は個人事業者の会計記帳業務の代行を募集。
この二つで令和元年を乗り切る。

令和改元記念、神奈川県立歴史博物館

なにが記念かというと、本日限り入館無料。県内いくつかの似た施設も無料。

令和ではなくてもはじめての県立歴史博物館。都筑区にある横浜市の歴史博物館も行っていない。

馬車道駅からはすぐ、関内駅・桜木町駅からは10分弱くらい。

神奈川県立歴史博物館

建物は明治時代の銀行の建物で、国指定重要文化財。

常設展の入館料が300円(大人)、特別展が今回は700円。
これの両方が、今日だけ改元記念で無料。

Photo spot

常設展は3階の縄文時代に始まって、下がるごとに新しくなる。

お決まりの土器コーナーからスタート。

土器はどこで見ても同じ気がする
読めない

読めなかったので、ちょうど近くにいたボランティアガイドのおじさんに聞いた。説明は覚えたが、読みは忘れたのでいま調べる。
はそう

はそう
丸い胴部に小さな穴があけられた、口の広い小型のつぼ。土器に多くみられる。穴に竹の管などを差し込み、つぼの中の液体を吸ったり、注いだりすることに使われたとみられる。

江戸以降がおもしろい

山間部の主食はうどんや雑穀だった。この時代以降が好きだ。

写真を撮っているバカもいたが、浮世絵展は撮影禁止なので写真がない。
著作権の関係なのだろう。

公式パンフレット

http://ch.kanagawa-museum.jp/uploads/2019-ukiyoe160.pdf

常設展の人出はパラパラ、特別展はそこそこの入りだった。入館無料の力は大きいはず。

外に出ると向かいに東横イン桜木町が見えた。
東横インの冷暖房は家庭用のものがひとつずつ部屋についていて、好きなように使用できる。個別に調整できるので極端にいえば、冬に冷房を入れることも出来る。

室外機すごい

部屋の数だけ室外機があるはず。おかしなところで感心して帰る。

豚かたまり肉の塩麹低温調理

肩ロース肉の塊が安かったので自家製塩麹につけておいた。二日つけて、低温調理をすることにした。

温度や時間は人それぞれで、全自動の調理器を持っている人はいいが、うちにはないので時間は短め。
お上の推奨は中心部分の温度が65度で30分だったか。
じゃあ、だいたい65℃に保って3~40分でいいだろう。

できあがってから、フライパンで焼き目をつける。焼き目をつけてからの方が多いが、シェフによって科学的には後の方がいいらしい。メイラード反応のことだが、それよりも香ばしさを効果的にするからだそうだ。

切って食べてみると、ハムみたいな味。ちょっと物足りないけど、豚を焼いただけのパサパサ感は全くない。塩麹にする効果もあるが、思ったよりも強くは出てこない。でも、ハムのような味がするのは塩麹の影響かもしれない。

塩麹漬け低温調理