台湾の食堂の伝票

台湾で食堂に入ると伝票が置いてあり、自分で書き込んでお店の人に渡すシステムが多い。
ゆっくり決められるので、便利。
台湾のツアーをつくるために写真を見直していて、気がついたことがあった。
花蓮の食堂(クリックで拡大)
DSCF0890
数字を入れればいいのだろうと、1などと入れているが、よく見ると上に文字がある。
不辣、辣とは何だろう。見たことがある字のような気がするが思い出せない。
調べてみたら、ラー油を漢字で書くと辣油だ。辣は辛い、という意味らしい。
要するに、メニューによって辛くするかしないかという意味なのだろう。
不辣にしておいて良かった。
ちなみに、右上の魚がついているメニュー、魚を焼いたものではなく、イカ焼きだった。