京急本線雑色駅

おもしろい雑色の地名の由来 京急川崎から多摩川を渡ると東京都に入り、六郷土手、雑色、京急蒲田と続く。 少し難読駅名の、ぞうしき駅。 地名の由来は鎌倉時代にさかのぼり、蔵を管理する官職だった者たちは雑用をするようになり、雑 …

JR横浜線大口駅に乗車駅証明書発行機!

JR横浜線大口駅は東神奈川のとなりで快速通過駅、出口は2カ所ある。 西口が表玄関のようだが、バスも一日数往復、スーパーなどがある東口も同じくらい乗降客がある気がする。 ところが、みどりの窓口もある西口に反して東口は駅員は …

冷やし中華

冷やし中華がおいしい季節になった。 外ではたべないし、インスタントもタレが甘すぎる。 どうして冷やし中華のタレはあんなに甘いのだろう。 仕方がないの、タレは半分にして酢を入れると何とか食べられる。 味が足りないのでマヨネ …

弘南バス「スカイ号」

8月の青森ねぶたまつりツアーはほぼ催行が決定したので、添乗するために青森まで行かないといけない。 具体的には、新幹線、高速バス、飛行機の3択で、飛行機は秋田または函館からのアクセスになるのでほぼ除外。 新幹線の仕入れ値が …

大口一番街をパトロール

国道1号線(第二京浜)を境に、大口駅方面に至る大口通商店街と、京急の子安駅に向かう大口一番街が分かれている。 入口は居食工房るりるり亭。店主はハイテンションな人で、乾杯の時は「おつかれちゃ~ん」とおかまチックに言うらしい …

オリジナルメニューだった養老乃瀧穴守稲荷店

雀荘まで、みんな駅前だ。 穴守稲荷をイメージした駅入り口には鳥居がある。 明治時代には近くで潮干狩りができたり、遊郭などがあって門前町として繁盛したらしい。 昔の観光地はみんな神社仏閣だ。 当駅徒歩3分に穴守稲荷神社があ …

矢向に行くなら鶴見線で行こう

矢向に行くなら鶴見線経由で行こう 矢向は南武線の駅で横浜市内にある唯一の駅。 新子安からは鶴見、川崎、川崎から南武線で尻手、矢向と合計4駅。 せっかくなので、鶴見線で行ってみよう(なにがせっかくなんだか) 新子安から鶴見 …

いたってフツーの養老乃瀧になっていた天王町店

4週続けての養老ウイーク。なぜかはご存知の方はご存知でしょう。 何度か同じことを申しますと、養老には大きく分けて直営店とフランチャイズ店があります。 さらにフランチャイズの中に、会社形態でいくつか経営しているところと、家 …

三軒茶屋のラムとパクチーのレストラン

東横線、大井町線、田園都市線を乗り継いでめったに降りない三軒茶屋へ。 三軒茶屋の商店街の民家を改築したレストランで、看板も小さいので通り過ぎた。 店内は普通のレストラン。 ロースのカルパッチョ ミートグリルのプレート 茎 …

生メバチマグロのあら煮

「生」が重要で、あらの方が身よりも新鮮さが大切。 適当に刻んで熱湯をかける(この一手間が重要) 鍋に、酒、砂糖、しょうゆを入れて水がひたひたになるくらい入れる。 しょうがの薄切りを数枚入れてもいい。 いつもなら圧力鍋にす …

シャトーブリアンとは何だ

牛の(当然)後ろ足の付け根のももに近い、背骨の腹側がヒレで、ヒレでさえ一頭の牛から4キロしか取れない。 牛は一頭1100キロ(オス)くらいで、取れる肉が和牛で650~750キロくらいだから、ヒレ肉が4キロしか取れないので …

サントリーザモルツをひと夏分手に入れた

サントリーがドライの牙城を崩すために投入した新商品。 外食産業ではアサヒスーパードライを置いているところが多い。 それは仕入れ値が若干安いからで、日本のビールの売り上げの65%以上、アサヒビール全体の売り上げの95%とと …