宮古島二日目→那覇

宮古島の滞在時間は23時間30分。特典航空券は目的地と一カ所を除いて、24時間以内だから。

島の左下(西部)来間島(くりまじま)へ

来間島、竜宮城展望台
美しい海
来間大橋

宮古島市総合博物館

島の中心部にある
入館券
クリックで拡大
クリックで拡大
世界遺産になっているやつ
ちょっと不気味
さらに不気味

おばあのそばに座って話そうと書いてある。不気味。

無表情なおばあ

博物館に泊まるイベントをしてみたいとかねがね思っているが、ここは深夜には来られない。

宮古島に生息する生物のはくせい

琉球王国の頃からの歴史が少しわかった。入館料300円はまあ妥当なところ。たぶん、ふつうの人にはつまらないと思う。

あたらす市場

んまがぬ家

道の駅のようなところで、地元の商品、農産品、県産品が売られている。
パンやお弁当、不思議な食材が売っていておもしろい。


んまがぬ家(や)は高校生のやっているカフェらしい。
んまが(孫)ぬ(の)家、孫の家という意味だ。

レンタカーを返却して空港に送ってもらう

宮古島空港
多良間!
右は液晶画面
ホテルや飲食店のCMが繰り返し流れる
ぱいぱい のむらって何だ

離島の空港なのでこの程度。もちろんラウンジもないし。

宮古(1430)→那覇(1520)B737-500

今日は那覇に宿泊。

那覇空港→おもろまち(沖縄都市モノレールゆいレール)

QRコード

ICカードは独自のOKIKA以外使用できない(JRなどのSuica、ICOKA類は一切使えない)
乗車券は独自の仕様で、QRコードを飛行機の改札口のようにかざすのだが、エラーが多く警告音が鳴り響いている。黒くなっているのはコピーガードらしく、ふつうのQRコードリーダーではこの部分が読めない(やってみた)
読めたところで暗号化されているだろうから解読できないだろうが。

この乗車券にすることで、改札機のメインテナンスが楽(おそらく導入費用も安いだろう)、きっぷの紙はリサイクルできる(ふつうの紙なので磁気券より安いだろう)要するに、コスト削減なのだろう。磁気券の処理より遅い気もするが、それほどすごいラッシュにもならないだろうから、これでいいのだろう。

沖縄のスーパー、本土よりも魚が明らかに充実していない。魚をたくさん食べているようなのはイメージだけ。お弁当売り場もあまり充実していない。お弁当を買って帰って食べるという習慣があまりないのだろう。総菜類はあっても、お弁当類は数種類しかないことが多い。

ANA特典航空券の旅(1日目宮古島)

今回の旅程

1日目:羽田→宮古島
2日目:宮古島→那覇
3日目:那覇→釜山(韓国)
5日目:釜山→那覇→名古屋
6日目:名古屋→(高速バス)→富山
7日目:富山→羽田、以上6泊7日

特典航空券
1名15000マイル、空港施設利用料・諸税6190円

羽田(1140)→宮古(1500)NH87 B767-300

宮古島とはどんなところだろう

(宮古島観光協会より)

沖縄本島と台湾の中間あたりで、沖縄本島から約300キロ、宮古島を中心に来間島、伊良部島、池間島が橋で結ばれている。
人口は約55000人。多いと思うか少ないと思うか…

江ノ島が見える
富士山が見える

飛行機から富士山を見るのは初めてではないものの、数えるくらいしかない。

来間島に渡る来間大橋(くりま)

宮古島空港からレンタカーで中心街へ

レンタカーを運転するために持っている運転免許証。地方で運転することの方が多い。土着の安いレンタカーよりも、全国チェーンの方が補償面で安心。痛い目に遭ったことがあるからな。

沖縄に来たらする大切なこと、スーパーで泡盛を買って自宅に送ること

沖縄県は税金が優遇されていて、酒税やガソリン税が安くなっているので泡盛が非常に安い(もちろんビール類も)
本土なら1500円前後で売られる1.8リットルの紙パック泡盛が1000円前後で買うことができる。
宮古にはイオン(イオン琉球)サンエーなどの大きめのスーパーがいくつかある。店舗で箱をもらい(拾い)売り場で詰めてみる。
今回はぎゅうぎゅう詰めて10本入れることができた。

沖縄の大きめのスーパーでは配送コーナーがあり、多少割引にはなっているがそれでも送料は高い。本土では差がないゆうぱっくと宅配業者だが、ゆうぱっく以外は中継料金が加算されて高額になる。

ゆうぱっく…25キロを超えなければ、大きさだけ。距離制のみ。
宅配業者…重さと大きさの数値の大きい方。離島料金加算。

その結果、横浜までの運賃に大きな差が出る。

ゆうパック…100サイズ(30キロまで一律)1850円(持ち込み割引のみ)
宅配業者(ヤマト運輸)…140サイズ(20キロまで)3542円

この日のために年賀切手(くじ付き、はずれたもの)を持参して支払う。

ちょうど1年前に石垣島から自宅に送った伝票があるので、同一宛先割引も併用して1690円。一本あたり169円加算されても、泡盛一本あたりほぼ1000円くらいになった。
宮古における第一のミッションが終わった。

南部、伊良部島へ

中心部から車で30~40分で端まで行くことが出来る。伊良部大橋を渡って伊良部島に行く。

無料の橋では日本一長い3540m、総工費は399億円。

伊良部大橋
伊良部島

西部の下地島にある空港はジェット機の訓練用に使用されていて、24年前には日本トランスオーシャン航空が就航していた。
2019年3月に成田からジェットスターが就航することが決まっている。

下地島空港

工事用車両が出入りしていて、戻りなよとおじさんに合図をされたので入るのを諦める。

滑走路が見える
橋を渡って宮古島本土に戻る

今夜の宿はコンドミニアムタイプ(マンションともいう)

湯船がない

沖縄では湯船がない家も珍しくないというのを聞いたことがあったが、はじめて。アジアみたい(日本もアジアだが)
シャワーを浴びるとその後に洗面台に行くのがやっかいなタイプ。

西日本JRバス記念得割

西日本JRバスの会社発足30周年を記念して、高速バスの一部路線を割引価格で発売されている。(12月20日発売分まで)

西日本JRバス

東海道・中央道昼特急以外はそれほどの割引ではないものの、利用する路線があればお得。

早速今度の旅行で、北陸ドリーム名古屋号を名古屋から高岡駅まで利用することにした。もちろん座席数は限定で、指定できる座席も決まっていた。席数が6席くらいで4列目と5列目あたりが指定されていた。
ネットで予約してクレジットカード決済まで終われば、ネット割で少額だがさらに割引がある。

この他にも主に幹線路線(競争のある路線)では、平日が主だが頻繁にお得な運賃が発売されている。

高速バスネット

https://www.kousokubus.net/BusRsv/ja/

二ッ池公園とトレッサ横浜

うちから赤白のtvkのテレビ塔が見えるが、これは鶴見区の三ツ池公園にある。神奈川県が管理していて、かなりりっぱな広い公園。その近くに、二ッ池公園なるものを発見。池がある公園は好きなので、行ってみよう

ニューツルミゴルフ練習場側から行くと、池が現れた。

二ッ池公園

湿原のような状態で、きたない。おまけに入れない(入れてもしょうがないが)
なーんだと思い、さっさと撤収。

あとで調べると、獅子ヶ谷池と駒岡池があって、反対側の駒岡池は立派に整備されていて釣りまでできる充実した公園だった。江戸時代に溜め池として作られ、ヘラブナやテナガエビなど貴重な生物がいるそうだ。

二ッ池公園、駒岡池(4travelより)

富乃宝山ばかりの酒屋発見。

ネット情報によると磯自慢が買えるらしい

二ッ池公園からは徒歩数分でトレッサ横浜。トヨタ関連の工場などの跡地で、トヨタ自動車の子会社が運営している。北棟と南棟に分かれていてそれぞれ、2007年、2008年にオープンした。最寄り駅は東横線大倉山駅で、約2キロ徒歩15分。バスだと新横浜、綱島、日吉、鶴見駅などから。

トレッサ横浜
北棟

フランスリヨンの街並みを再現とあったが、土曜日で人が多く子どもはギャーギャー泣いていてリヨンの雰囲気はとうてい味わえない。

北棟はトヨタ関連で、ネッツだのトヨペットだのディーラーが並ぶ。
ショッピングはスーパー(サンワがあった)以外興味はないし、外食はしない。そうなると、まったく居場所がない。nojimaで家電を見たくらい。

大倉山まで歩いて、大倉山もつ肉店が休みであることを確認、マルエツ、ライフなど行脚して帰る。
ライフ大口店はドン・キホーテに向かい撃つため店内改装だそうで、11月5日から22日まで休業する。

また馬場花木園

確認したいことがあったこと、旧藤本家住宅主屋及び東屋を見落としたので再び出かけた。

ツワブキは木か

庭木の樹木のようなものにツワブキと書いてあり、フキの一種だと思っていたあのツワブキは木だったのかと思った。
再度見てみる。

ツワブキ

木のとなりを指していた。ああ、これだ。記憶を修正。

コサギがいた(チュウサギかも)

工事中の旧藤本家住宅母屋を探す。

名称     旧藤本家住宅主屋及び東屋
所在地鶴見区馬場二丁目922番地
種類         古民家
設計・施工不詳
構造・規模主屋:木造平屋建 寄棟造 茅葺き 149平米(45坪)
東屋:木造平屋建 寄棟造 茅葺き 23平米(7坪)
建築年   主屋:江戸時代末期~明治初期
歴史を生かしたまちづくり要綱に基づく歴史的建造物の認定年月日平成4年1月31日
景観条例に基づく特定景観形成歴史的建造物の指定年月日平成28年11月15日
横浜市より
東屋の右奥に工事中の主屋が見える

小さいと思ったら東屋だった。来年の春あたりに公開予定だそうだ。

帰り道は高台のところどころからうちが見える。往復して13000歩くらいだが、登って降りるかなりの坂道が3~4カ所あるので結構な運動量。

馬場三丁目の上寺尾小学校あたり

東横フラワー緑道

東横線東白楽から横浜駅まで、旧東横線の線路上に緑地が整備されている。
2004年に東横線が地下化されて、跡地が2006年に公園として開園した。
その名も東横フラワー緑道(一般公募)全長1.4km

横浜市より

東白楽駅前をスタート。

線路は当然東横線
東京メトロ10000系
反町駅の手前で地下に潜る
運転士の視線
角打ちできる酒屋発見

かなりの上級者級。だって外をずっと監視しているのですもの。

反町駅前の国道1号線をまたぐ
右は反町駅

反町駅。知らない人はそりまちえきと読む。反町(たんまち)には諸説あり、段町がなまった、一反、このあたりは数年ごとに休耕地になったため、休耕地をあらわす「そり」から反町の説がある。

ところどころに東横線の換気塔があり、電車が通過すると音がするので、緑道を歩いていても鉄道を感じることが出来る。

地元の人が手入れしている花々
単線ではないのだが

この道のハイライト、高島山トンネルが見えてくる。

高島山トンネル
高島山トンネル

そういえば東横線が横浜を発車するとすぐにトンネルに入った記憶がある。
改修工事をして、当時より少し狭くなっているらしい。

トンネルを抜けるとゴール

高島山トンネルは夜間は閉鎖される。騒ぐ輩がいるからだろう。

6:00~21:30
開発中の横浜駅を望む

この上を鉄橋でまたいで、横浜駅に入線する。

いわば都会の廃線跡、ところどころで鉄道を感じることが出来る。途中にベンチもあるので、缶ビールを飲んでもいいかも。

馬場花木園

目的は別

このあたり

入園無料
地図で見ると広そうだが、実際はそれほどでもない

ぐるっと回っても10分ちょっとで歩けそう。ベンチに座ろうとすると、真っ黒い大きなヤブ蚊。池のまわりには人もいたので小さく回って終わる。

四季折々の花が植えられている
リンドウがきれい
なんだろう

どの季節にも楽しめるようにさまざまな花が植えられている。

ススキもある
ジュウガツザクラ

10月に咲く桜とあったが、ちょっと寂しい咲き具合。少し離れた花を撮るのはスマートホンには苦手。

藤本家住宅旧母屋なるものがあるはずなのだが、案内図にも載っていない。
外にあるのか探してみると、

大規模工事

工事をしていて入ることはできない。古民家が好きなので残念。何の告知もなくちょっと不親切。

馬場地区

鶴見区馬場地区を歩くが坂だらけ。登っては下る。城址があったとは知らなかった。国道からほんの30分歩いただけで小鳥の声しか聞こえないところに来ることができる。

なんとなく地方の雰囲気をかもし出すスーパー。

Fuji馬場店

平塚市博物館

平塚駅から徒歩20分くらいのところ、平塚市役所など行政機関がいくつか集中している地区にある。
入り口を探してぐるぐる回ってやっと入り口に着く。

平塚市博物館

Webサイトを確認して行ったはずなのに…

おわび

たしかにトップページ(だけ)に赤字で記載がしてある。その他、アクセスなどのページには記載がない。せめてもう少し他のページにも記載してほしい。検索してたどり着いた場合、必ずトップページから見るわけではない。

それならSLを近くで見せてもらおうと、係員に聞くと、館内に入れないから用紙が書けないからだめだと。さすが決まりを守るだけの公務員。

たしかに休館中ですとも。

この入り口の鍵を開けるだけで、休館中といえども職員は出勤しているのだし、これが民間なら融通を利かせてくれるところだろう。
食い下がっても決まりだといわれればしかない。二度と来ないだけのこと。

SLを外から眺める。

D52
入らないと見にくい
かっこいい
腕木信号もある
御殿場線で走っていたらしい

D52はSLといえばデゴイチで有名なD51をベースにパワーアップした機関車。全国で200台くらい作られた。

予定までどうしよう、と通りに出ると、ららぽーとを発見!

ららぽーと湘南平塚

2016年に日産車体の工場跡地に作られた複合施設。こちら側を歩いて行くと横断歩道は一切なく、駐車場を通って歩道橋で入店するしかなかった。

ららぽーと湘南平塚

駐車場は平日無料、休日有料と書いてある。
いつもながら、この手の場所に来ると全国どこにいるかわからないような錯覚になる。全国似たり寄ったり。結局はお金を遣うところしかない。

本日の目的は牛タン専門店に行くこと。

メニューにまずはと書いてあったので、牛タン味噌煮580円。

おいしいけれど深みがない

おいしいけれど、脂が少ないせいかさっぱりしている。

牛タンといえば、これ。

中1480円

炭火で中がほんのりレアでおいしい。塩分控えめ。味噌漬けは辛いのと塩辛いのでせっかくだから白飯注文。

ゆでタン880円はお得なメニューだった。おいしいスープと共にわさびで食べると味噌煮とだいぶ違っておいしい。

ゆでタン

ごはんがやわらかいのはいいとして、この店の最大の欠点は喫煙できること。
できるとなれば、だいたい誰かが吸っている。吸っていい店なのだから吸う、その論理は仕方がない。だから、喫煙の店には自腹では行かないと決めた。吸う人は他の人のことは関係なく、店が吸っていいと決めているのだから吸っていいでしょ、という論理だから、そんな店は嫌だから行かないで終わる。
飲食店なんて離島の店じゃないんだから、他にいくらでもある。

飛ノ台史跡公園博物館

せっかく船橋に行くので、博物館を探すと船橋駅から徒歩20分くらいのところに、飛ノ台史跡公園博物館を発見。近くには巨大なイオン船橋店もある。

東武野田線(東武アーバンパークラインともいう)で船橋からひとつめの新船橋が最寄り駅。といっても歩いても大したことがない。

高架なので立派
入館料は大人100円

縄文美女がお出迎え。一緒に写真を撮ろうか、縄文コスプレコーナーもあったがいい大人なのでやめた。

体型はかなり現代風
展示室は狭い
きれい
ドキドキ
当時の住まいを再現

土の上に直に住んでいたのは何かいろいろ問題が起きそう。

一階はほとんど展示がなく、二階が飛ノ台、三階が船橋市の展示になっている。

素材を見るといいものを食べている

さすが船橋海の幸が豊富。今の人たちと普段食べているものとあまり変わらない種類の豊富さがある。うちよりは広い気がする。貝塚からも何を食べているか分析している。東京では大森貝塚が有名だ。

船橋市内の遺跡

船橋が住みやすかった証だろう。これだけの遺跡が発見されている。

船橋市内の給食

アサリスパゲェッティ、なんか音がまずそう。船橋弁だろうか。

外には公園のように遺跡が展示されていたが、気がつかず撤収。
またの機会にいってみよう。外の遺跡だけなら入館料を払わずに見ることが出来る。
船橋駅から徒歩20分くらい、入館料100円、みごとに誰も観覧者がいなかったということで、まあ満足。二度行く内容でもないのでもう行くことはないと思うけど。縄文時代に少しでも興味があるなら一度は行く価値があるかも
※個人の感想です。人によっては価値がないかもしれません。

歩いて発見するもの

綱島のお店までいつものように歩くことに。
うちから約6キロ、住宅街、商店街を通りちょっと好きな道。

大倉山駅のまわりを少し歩いて、東横線沿いの商店街を歩く。

居酒屋

店名がわからない。古い民家を利用した居酒屋らしい。
Googleマップと検索で、時代おくれという居酒屋であることがわかる。
今日のおすすめに、ひいらぎ南蛮漬けがあった。ひいらぎはいわゆる雑魚で、おいしいのだけれどぬるぬるが多く、ほぼ流通しない。
広島で釣ったことがあって、おっさんが「ずるずるが多いけーねー」と言っていた。ぬるぬるを広島弁ではずるずるというのを学んだ。なんかきたない。
三浦の魚などもあって、このあたりとしてはリーズナブルみたい。ただ、大倉山と綱島の中間あたりなので、完全に地元密着のお店。

今日も空にそびえる鉄塔が美しい。

綱島あたり

このあたりから急に太くなる鶴見川を渡る。大きな橋で、人も自転車もかなり多い。対岸には温泉場の名残なのかラブホテルが建ち並ぶ。
ここを走る東横線が美しい。写真は下手だ。

鶴見川を渡るY500系

綱島では牡蠣、串揚げを食べる。

小さくて残念
気取った串揚げ

帰りは迷わず東横線に乗って妙蓮寺へ。
なんとなく好きな街。

旅行計画ができた

マイルの期限が来るので半ば仕方なく出かける旅行。
今回も提携航空券を使用した。

ポイントは宮古島に行くこと。那覇に行って釜山に行くこと。
ソウルへの移動も考えたが、空席状況も考慮して結局那覇往復になった。
帰りは名古屋に降り立ち、夜行バスで高岡・富山へ移動して富山からANAで帰ってくる予定。JR東海バスが30周年記念価格で名古屋→高岡(金沢)が3000円。
通常5000円前後(日程によって異なる)なのでかなり安くなっている。

これで全国路面電車残り4路線が2路線、岡山電気軌道と豊橋電鉄になる予定。

空港手荷物宅配サービス

主にゴールド以上(JAL VISAを除く)のクレジットカードのサービスに、空港手荷物宅配サービスがある。
これは文字通り、自宅から空港、空港から自宅へ手荷物(バッグ類)を運んでくれる。海外から帰ってきたときに、カードの海外での利用明細を見せると、空港から自宅への手荷物の宅配を1個に限り500円で運びますよというサービス。
ただし、空港が限られていて、成田、羽田、関西、中部のみがほとんど。
空港まで帰ってきたら、うちまで帰るよと思うのが普通だが、私たちのように特典航空券を利用して国内線を乗り継ぐ場合、非常に好都合なことがある。

前回の旅行の帰り。
ソウル→中部→松山→東京
そう、羽田から自宅などどうでもよく、この場合ソウルでお土産を詰め込んだかばんを、名古屋から東京にひとつだけ500円で送ることが出来る。家族会員で家族も対象カードを持っていれば、家族もひとつだけ500円で送ることが出来る。
このおかげで、名古屋で帰国したときに荷物を出してしまい、小さな荷物で松山に行くことが出来た。

今回も中部に降り立つので、小さな荷物で富山に向かい、東京に帰れる。
https://www.jcb.co.jp/campaign/takuhai.html
(ずっと期間延長している…)