利き酒師のいるお店

利き酒師のいるお店、という居酒屋に行った。
利き酒師以前にサービスがいまいちのお店で、新入りのバイトなのか無愛想きわまりない。
悪いけどこの仕事に向いてないよ、と言いたいくらい。
バイトらしきねーちゃんに日本酒のことを聞いてみたが、いまひとつなお答え。
もちろん意地悪な質問ではなく、皆さんが質問するような内容。
これとこれはどう違いますかのレベル。
利き酒師は、店長と社員の2名ですと。
要するに、その他の従業員は日本酒の知識はほとんどないに等しい。
仕入れや提供など、利き酒師がいた方が有利なことはもちろんあるが、接客面に関しては2名ではあまり意味がないと感じた。
酒蔵直営なら、従業員全員がある程度お酒の知識があった方がよいのではないか。
わからないことを聞かれて、酒屋の店員がいちいち、てんちょー!っと呼んでいては商売にならないはず。
とある県の特産、酒蔵直営で日本酒を提供し、利き酒師のいる店、となればお客さんは期待して来るはずだが、その期待には全く応えられなかった。
期待に応えられないからこそ、その会社は調査を依頼してくるのだが。
そう、今夜も調査で日本酒を飲んだのでした。

コメントをどうぞ