不毛な会話

カワイイ女性を除いて、美容師とはあまり話しをしたくない。
黙って切ってくれて、無理に話をしないでいい。
「今日お休みですか」
昼間に髪の毛を切りに行ったからって、休みとは限らない。
自分で仕事をしているので、自由になるんです。
「ああ、自営ですか」
彼らの頭には、~屋の店を持っているという認識くらいしかないだろう。
「ストレス解消どうしてます?パチンコとか行くんですかあ?」
確かにパチンコは昔さんざん行ったよ。
やることなかったし(自分の中では)
同世代に限らなくても、休みの日にパチンコをする人は世の中の3割に満たないと思う。
友だちに限ると、パチンコをする人はほとんどいない。
誰にでもある程度の会話は合わせられるから、会話は成立する。
カワイイ(そうでなくても)女の子の場合は、出身地を聞くのがおもしろい。
横浜の美容院で今まで聞いたのは、青森(下北と青森市内)、秋田(横手と大曲)、千葉の市原もいた。
女の子でもやはり特に得るものがない会話は、しなくてもいい。
メガネをはずしているから雑誌も読めないし(ファッション誌中心で読む本がないんだけど)
髪の毛のセットを熱心に教えてくれる美容師もいるが、そこまでやる気はないし。
毛先なんか遊ばせませんよ。

コメントをどうぞ