日曜日のテレビ

食事の時にテレビをつけて、ときどき見るくらいで、録画したもの以外はほとんどテレビを見ない。
そういえば、うちにいれば定期的に見ているテレビのコースがある。
日曜日の夕方。
17:30 笑点
18:00 ちびまる子ちゃん
18:30 サザエさん
この三つが好きといわれれば、いや別にそれほど好きではない。
その証拠に、録画はしたことがない。
笑点は大喜利がイマイチなので、その前の演芸が好きなくらい。
今日のコントは最高につまらなかった。
ちびまる子ちゃんとサザエさんも、特に好きなわけでもなく。
自分の中の勝手な定義で、まんがはまあ好きだけれど、アニメはあまり興味がない。
まんが=いわゆる昔のまんがで、作者名がいえるもの。
アニメ=ストーリーがきちんとあって、共感を得たり(ぼくはしないけど)感動するもの(ぼくはしないけど)
古いところで、一休さんはまんがだし、ドラえもんもまんが。
作品のひとつも見たことがない宮崎駿の作品は完全にアニメ。
何となく見ていたが好きではなかった、日曜の19:30からやっていた世界のアニメシリーズは今思うとアニメの気がする。
ルパン三世もテレビ版は大好きだが、映画を見るといつもがっかりしていた。
あらためて考えてみると、自分が求めているものがよくわかった。

コメントをどうぞ