京急本線雑色駅

おもしろい雑色の地名の由来
京急川崎から多摩川を渡ると東京都に入り、六郷土手、雑色、京急蒲田と続く。
雑色駅
少し難読駅名の、ぞうしき駅。
地名の由来は鎌倉時代にさかのぼり、蔵を管理する官職だった者たちは雑用をするようになり、雑色といわれるようになり、町の地名になったが明治時代に六郷村に吸収されて駅名だけ残ったそうだ。雑色駅の開業は明治34年なので、駅ができてすぐに町名がなくなったくらいか。
京急の字が小さいとおり、京急の駅を表しているだけで、駅名は雑色。
駅は京急蒲田駅の立体交差工事の影響を受けて高架駅になり、駅周辺はまだ工事をしている。
ホームから降りると、空港線の糀谷駅によく似ている。
駅の目の前にある目的地
養老乃瀧雑色店
帰る頃にはさらに自転車は増えていた。食事をするだけとか、押して帰るのかもしれないが(どちらもほぼない)、自転車も飲酒運転になる。
19時までハッピーアワーで生ビール(中)が420円から277円に割引になっている。ところが、ジョッキは小さくなって300ml前後しか入っていない。大ビンが450円で633mlなので実は大ビンを頼んだ方が得。
生ビールと名前はついていても、いまは瓶ビールも生なので中身はまったく同じ。小さなグラスで飲むのが嫌な人もいるのかもしれないが、おそらく養老の客層ではそんなことは全く考えていない。
良い養老悪い養老
良い養老はオリジナルメニューが充実、悪い養老はグランドメニュー頼り。プラスティックでパウチされた全店共通メニューで冷凍物だったり、加工してあるものも多くいまひとついただけないものも多い。
一方オリジナルメニューは店の料理人の力量や仕入れの強さが露骨に現れる。
あった!オリジナルメニュー
養老乃瀧雑色店
ダイコンとじゃがいものカリカリサラダを注文。
おっちゃんが、「カリサラね!」なるほど、ポテサラと同じだ。
ジャーン!でかい!
ダイコンとジャガイモのカリカリサラダ
ドレッシングがデフォルトの梅しょうゆドレッシングのような味なのが少し残念(飽きる味)
自家製シメサバはしっかりしめてあってまあまあの味。
自家製シメサバ
420円だから2本の予想的中。
アスパラ天ぷら
養老の最大の欠点は、お客が喫煙者ばかりなこと。これだけで自腹では行かない。
うちで二次会をするので、大ビン2本でやめておこう。

コメントをどうぞ

Translate »