青森の食材、みず

みずの煮物
みずの煮物
みずとはウワバミソウという山菜で、ほぼ全国的に繁殖している。ウワバミ(大蛇)がいそうなじめじめしているところに生えているから名付けられた。秋には、茎と茎の間にむかごができて、むかごで繁殖する。食べてもおいしいものらしい。
弘前市内スーパーで売られていたが、あまり高いものではなかった
みず(ウワバミソウ)
葉をすべて取って、茎の部分を食べる。
生のまま食べるととろろのように粘りけが出て、茹でて食べるとフキのように歯ごたえが楽しめる。
アクもクセもなく軽い味。
初夏から夏の東北の味。

コメントを残す