今宵松山へ向けて出発

松山にどうしても行かなければならない所用が出来たが、なんといってもこの時期、年に数回の一番高くて混んでいる時期。
何日も考えて出した結果で、今日出発。
松山へのいろいろな経路
論外編
ANAを利用(もちろんJALも)
超割類はあるはずもなく、株主優待でもおよそ2万円なので、株主優待の価値を入れると片道25000円。
特典航空券(マイル利用)ではハイシーズン(三段階の一番上)でふだん片道7500マイルのところ、9000マイル必要。
55000マイルでヨーロッパを往復できることを考えると、ばかばかしい。
妥当編
高速バスを利用
首都圏から松山へは、東京・新宿から出発するJR系のドリーム松山、私鉄系で横浜・新宿方面から西東京バスと伊予鉄バスが運行する二系統がある。渋谷発着になった今治行きも利用できる。
松山行きは最高あるいはそれより少し安い片道11500円~13000円。今治でも松山=今治運賃分が安いくらい。
有力候補
ジェットスター利用(LCC)
朝一番の6:15成田発なら、5990円+諸費用1000円くらい。
次の便以降だと、2000円以上高くなる。
帰りは9月までどの便でも、10000円超え。
使えそうなものを組み合わせる
往きはジェットスターでほぼ決まり。成田空港駅到着7:00が初電なので、成田空港で宿泊。
2000円(2名で4000円)の差額でホテルにも泊まれず、ターミナルで宿泊(植木等スタイル)
最近の成田空港は、夜明かしするという前提でいろいろ対応されていて、案外便利。日本人も外国人もたくさんいて、おもしろい雰囲気。
松山から横浜・東京まで高速バスで帰る選択肢はないので、その他を探すと、松山→神戸・大阪の高速バスが6300円くらい、神戸から青春18きっぷ(1回2470円)で買えれば、直行バスより安い。
高松まで電車で行き、高松から神戸までジャンボフェリーの夜行便(2290円)に乗船して、神戸からは青春18きっぷ。
ところが、8月20日まではJRの特急を利用する回数券類が使用できない。高松まで普通電車だと6時間近くかかるので(特急なら2時間30分)これも面白くない。
松山から今治まで、特急電車で37分、普通電車で90~120分(列車によって違う)運賃が920円、自由席特急料金が520円。
今治からバスで50分の東予港から顧客満足度の高いオレンジフェリーが大阪南港まで出ている。これに乗りたかったが、二等寝台は満席であることと、乗り換えが不便であることで諦めた。
今治から神戸まで(バスは大阪行き)は昼行・夜行高速バスがあり、1名片道4860円。
昼行便は4列シートだが、夜行便は3列シートでもちろんトイレ付き。今治を22時に出て、神戸には5時に到着する。空席があったので、このバスを利用することにした。
まとめ
行き
横浜→成田空港
成田→松山(ジェットスター)
松山駅前の日帰り入浴施設で仮眠。
松山→今治(普通電車)
今治→神戸(いしづちライナー夜行高速バス)
神戸から米原、大垣、豊橋、豊川稲荷に寄り道をして、浜松、静岡このあたりでも寄り道をして、熱海、横浜と乗り換えて、青春18きっぷで帰ってくる予定。
バスは今はやりの座席カーテンがあるので、落ち着いて休めそう。
3列シート 3列シート
 

コメントを残す