1兆という大きさ

耳にする単位でいちばん大きいのは兆ではないだろうか。
国家予算がおよそ96兆円、横浜市の予算がおよそ1.5兆円など。
1兆円をすべて一円玉に替えたらどのくらいの重さだろう。
一円玉で1兆円あげるから、数えなさい、どのくらいかかるだろう。
以上二点を計算してみた。
一円玉を1gとする。
1兆円=1兆g=10億kg=100万トン
東京スカイツリーの重さがおよそ36000トンだから27本分くらい。
10トントラック10万台。想像を絶する重さ。
積み上げてみよう、1枚1.5mmだから、1.5兆mm=15億m=150万km
月まで38万キロだから余裕で行ってこられる。
1秒で1枚数えたとする。
1兆秒=166億6666万6666分=2億7777万7777時間=1157万4074日=31709年
今から3万年前といえば、ネアンデルタール人がいた頃だ。
一円玉1兆円とは
重さ100万トン、積み上げると150万km、数えると3万円
※ちなみに一円玉の流通量はおよそ400億枚弱。

コメントを残す