介護職の外国人受け入れ

facebook経由で、フィリピンの女性からメッセージが来た。
英語で来たが、日本語に訳するとこんな感じ。
私は介護に関する大学を卒業した。日本では介護職の人手不足と聞いているので、雇用主を紹介して欲しい。
日本では数年前から看護師、介護士の外国人受け入れを始めたが、まだまだ狭き門で見かけることもない。
病院などが受け入れ可能をまとめている機関に申請すると、その病院に応募することができる。
3年間の実習が必要で、4年間の在留資格しかないので試験は1回しか受けられず、落ちたら即帰国しなければならない。
はじめの応募で日本語能力試験の5段階で下から2番目が必要で、実務に就くには3番目まで引き上げなければならない。
専門職は日本と本国の違いを学べばいいだろうが、なんといっても日本語を身につけなければいけない。
彼女は英語ができると伝えてきたが、残念ながら日本人に英語はほぼ通じない。
介護職の人手不足はこれからより深刻になるのでこの先緩和されることが予想できるが、日本語ができなくてもいいようには絶対にならない。

コメントをどうぞ