釜山博物館とフェリーターミナル

ホテルの朝食を食べに行くと、ほぼ韓国人ばかり。少なくともこの人たちは日本を嫌いではないだろう。まさか東横インが日本のホテルチェーンと知らないはずもないだろうし。

日本語はほぼ聞こえない
ごはんにはこんな感じ

見渡すと、パンを食べている人の方が多い。普段からパンを食べているのか、せっかくだからパンを食べているのか。
右上のおつゆは、たらのような魚でだしをとったもので、魚の味がする。
全般的に薄味。キムチはさすがにおいしい。キムチはまったく甘くないので、やっぱり甘いの日本だけ。日本のキムチは輸入物でもおいしくない。

地下鉄2号線で大淵駅、釜山博物館へ

かなり立派な建物

日本語パンフレットもある。そして、入館料はなんと無料。


広くてきれい
日本統治時代の展示物もある
日本語だ

いま問題の徴用だ。

交通局に徴用とある

釜山フェリーについての展示もある。

展望車の写真もあった
弁当の掛け紙には御寿司
今でも残っている航路

模型で戦後当時の情景がよくわかる。

日本と服装が違う
米兵がいる
チョゴリ

なかなか充実した展示で無料とは驚き。すべての展示ではなく、一部の展示に日本語訳が書いてある感じ。

釜山港国際旅客ターミナルへ

ターミナルへは地下鉄釜山駅から徒歩15分くらい。徒歩だと鉄道の下をくぐっていくが、昼間でもうす暗いので一人歩きはあまり気分がよくない。

釜山港国際旅客ターミナル
2015年に移転したばかりなのできれい

おでんで缶ビールを飲んだ。1本150円(15000ウオン)

おでん

だしの味は日本とほぼ同じ。黙って食べたら韓国とは思わないかも。
同じような練り物が5種類くらいあった。

日本の地名が並ぶ

この釜山港とは、福岡、下関、大阪、対馬。福岡はフェリーとジェット船、下関と大阪はフェリーのみ、対馬は高速船。日本人の乗客が少ないのか、下関以外のフェリータイプは日本発着の運賃を大幅割引していることがある。

2回の搭乗階に船会社のカウンターが並ぶ

大阪行きのパンスターフェリー
もちろん日本語も流れる
ビートルはJR九州

決して穏やかな海を航行するのではないので、このような表示もある。フェリーは揺れるときはかなり揺れるらしい。

手前が下関行き、奥が大阪行き
景色はきれいだが、寒い

食堂も充実

とんかつが韓国で人気
大食堂メニュー

電光掲示でメニューが流れているが、なべうとん、キムチチャーハソ…よくある誤りだ。ラーメンは正しかったのに。

メニューが流れている

韓国独自のチェーンのお店もある。

知らんなあ
チキンバーガー
チキンばっかり

ひととおり見学も済んだので、釜山駅に向かう。商店街を抜けておもしろい。

釜山駅方面
海鮮料理店、バルみたい

なんだかわからず、絵だけで買った、上にごはん、下にレトルト。

198円くらい

鶏肉をほぐしたようなものと、少し辛くて少し酸っぱい。トマトが入ったチキンカレーかと思って食べた(スパイスの味はしない)

おいしかったので、後でGoogle先生に翻訳してもらうと、マグロとキムチと書いてあった。白菜が目立たなかったのでキムチとは思わなかった。
これ、また食べたい。もう会えないだろうけど。