楽天ひかりにうんざり

楽天ひかりに申し込もうとすると、ADSLの終了に伴って、ADSLからの移行は工事費が免除になるという。
工事費はマンションタイプの場合、標準工事費が15000円。
これが無料になるか否かは大きい。

楽天は14桁のIDだといい、ソフトバンクのカスタマーIDではないという。もちろんYahooIDでもないしお手上げ。
自分でYahooBBに電話するも、そんな番号はないという。
仕方なくまた楽天ひかりにかけるが、つながるまで30分近くきたない音質の保留メロディを聴く。

楽天ひかり側は、旧イーアクセス移行IDというのをYahooBBではなくソフトバンクに聞けと。
またソフトバンクに聞くと、14桁のそんなIDは存在しないの一点張り。

今度で最後にしようと楽天ひかりでまた30分待ってつながったのは、いちばん頼りなさそうな女性。なるほどなるほど、ほーほーのような口癖。
はじめにいわれた、アルファベットSがついたIDは、カスタマーIDにSをつけてNTT側に送ってみて判断をあおぐことになった。
アルファベットありで14桁なのかなしで14桁なのかは不明だが、明日以降答えが出るのだろう。

最初の電話が12時半くらいで、終わったのは16時半。
パソコンをひたすらみて探したり、気分が悪くなった。
これでカスタマーIDでよかったのなら、昨日の担当者に文句を言わなければならない。だいたい、もとめるIDなり番号をきちんとした名前で要求しないのがおかしい。契約IDなどというあいまいな言葉を遣っているし、楽天ひかりの担当者もはっきりわかっていない。
担当者に責任はないが、やはり楽天ひかりのサポートのレベルは低いといわざるを得ない。