9月1日といえば

関東大震災が起きた日ということで防災の日であるが、9月1日といえばなんといっても新学期開始。
長かった夏休みが終わり、学校が始まる。学校はいつの時代もあまり好きではなかったので、気が重かった。
気が重い大きな理由に、だいたい宿題がすべては終わっていないということ。新学期がはじまってすぐは午前授業だったりするのと、提出はまだだったりするのでその間に必死に宿題を終わらせる。
だいたい一週間経つとすべて提出が終わり、一段落する。
秋には運動会という大嫌いな行事があることも気が重く、冬休みだけを楽しみに毎日過ごすことになる。